ツァラトゥストラはこう言っている?

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Yahoo!ニュース

はてブニュース

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Zarathustra
> 世界はいつの世も軍事が民衆に利用されてきた。

そんなことはありえない。軍事を民衆がコントロールするという発想自体がかつては存在しなかったからである。なぜなら軍隊は支配者が所有していた地域や時代が圧倒的に多いからである。

(100年前のMax Weberがいた頃ですら、その位の事実はわかっていたのだ。「近代」の特質のひとつとして「国家」アンシュタルトが暴力を独占するようになったことにあるという見方などを彼はしている。)

つまり、一国の中央政府が民衆によって統制されるべきであり、その下に軍隊が置かれるべきであるという考えは、「国民国家」のイデオロギーが成立した後になって確立してきたものに過ぎない。

それをあたかも普遍的であるかのように言うような「低レベル」な発言をする者こそ、少なくとも歴史を学んでから発言すべきであり、そんな人と「同じレベルの土俵」で議論するほど私はヒマではない。

http://moon.ap.teacup.com/zarathustra/
投稿者:一国民
「軍事的な発想が公論としてまかり通る」とは、あまりにも無知な発言だ。
世界はいつの世も軍事が民衆に利用されてきた。それは軍事が、それだけ善くも悪しくも洗練された世界だからだ。人の欲望に直結するからだ。利用するのは大衆であり、軍隊ではない。要するに、主と従に対する認識が稚拙過ぎる。
国際社会において安全保障が重要課題であり、有史以来普遍のテーマである一般的事実に目を背けた無責任な左翼思想に他ならない。否定するならば日本史、世界史、国内・外政治、外交、国際経済を学んだ上で立証してくれ。
もはや、左翼では人は夢すら追えない時代なのだよ。
また、琉球新聞やらが背広=文民のような事を書いておるが、君の文もそれに違わずのようだ。その間違いが理解出来ぬようでは同じレベルの土俵では議論はできないな。 基本的な教養と知識が不足しているようでは、大学からやり直した方が良い。

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

お勧めリンク集!

きっこの日記
カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
灰色のベンチから
保坂展人のどこどこ日記
天木直人のブログ
ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報
文藝評論家=山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』
津久井進の弁護士ノート
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
村野瀬玲奈の秘書課広報室
反戦な家づくり
きまぐれな日々
kojitakenの日記
カナダde日本語
らんきーブログ
関係性
広島瀬戸内新聞ブログ版
薫のハムニダ日記
たんぽぽのなみだ〜運営日誌
華氏451度
とむ丸の夢
嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
低気温のエクスタシーbyはなゆー
美しい壺日記
米国からの便り
vanacoralの日記
花・髪切と思考の浮游空間
日本がアブナイ!
わんばらんす
ザ・のじじズム
夢想飛行−非連続線上の飛躍
Like a rolling bean (new) 出来事録
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
とりあえずガスパーチョ
そもそも どーなの?
「猫の教室」平和のために小さな声を集めよう
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
ICCで「人間の安全保障」
ブログ blog で 情報交換
【市民運動系】
憲法改悪反対共同センター
ストップ浜岡原発@ブログ
【取扱注意?】
現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ
二階堂ドットコム
ネットゲリラ
【ニュース】
HNN
News for the People in Japan
JANJAN
アクセスジャーナル
ゲンダイネット
論談
【世界情勢】
田中宇の国際ニュース解説
ル・モンド・ディプロマティーク(日本語・電子版)
Al Jazeera
【その他】
アジア歴史資料センター

管理人へのメッセージ

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ