2011/6/28

有田川 キビレ 釣行記   投げ釣り

有田川 キビレ 釣行記 6月27日 若潮
 
 今週は、ようやく3週間ぶりで、週一日の休日が頂けることになりました。先週木曜日の年齢を顧みない悲惨な有田川釣行を実行してからちょうど4日。ということは前回降雨から丸八日が経過したことになります。当然ながら、いくら有田川といえども泥水ということは絶対にあり得ません。しかも、そろそろ梅雨明けも間近かと思わせるような暑い天気の日が続いています。おそらく多少の濁りが残っていても、キスは活発に食餌行動をとっているはずですので、今度こそは、高望みさえしなければ良型のキスの顔を見ることは◎!かなと・・・更にラッキーであればそろそろ有田川産天然ウナギも・・・釣れてもいないのに、想像しただけでよだれが(パブロフの犬≒ゆうたろう?)出てきました・・・。
 久々の休日、そして時間を気にせず釣行できることに、懲りない投げ師のサガというか、ゆうたろうのワンパターンというか、またまた想像力がたくましく盛り上がり、妄想を掻き立てます。そうまるで真夏の入道雲のように大きくもくもくと・・・これがまた楽しいんですよね〜

 予定どおり、釣行当日は、少し早目に仕事を切り上げると、南港経由で予約していたエサを受け取り、一路有田川を目指します。いつもいつもの有田川右岸のポイントに着いたのが8時前。まず、車を仮止めして、まさかとは思いましたが、念のため水質確認。多少の濁りを残していますが、予想通りずいぶん回復しており、水は本来の青みを取り戻しています。ただ、相変わらず強風波浪注意報発令中で、前回同様強い南風が吹き続けていることだけが気になりますが、6月7日以来ほぼ一か月、多少の風よりもやっと有田川で竿出しができることの喜びの方が大きく、じっくり楽しむことにして、車をパーキングエリアに駐車します。
 あたりは、夕日が沈みきってかなり暗くなってきています。急いで車から荷物を降ろすとすぐに準備開始。手早く竿をセットすると、生きの良いチロリをたっぷりと付けて第一投。更に続けて2本目、3本目と順次すべての竿を投入し、遠近、左右に投げ分けアタリを待ちます。潮は若潮であまり大きくはないものの9時半過ぎが底で、そこから上げに転じます。底から上げの潮変わりを釣ることになりますので、決して悪い潮ではありません。期待が持てます。さあ来い!・・・来てね!・・・来てください!と情けないほど気持ちを込めて竿先を見つめていると、その期待にこたえるかのように、早速アタリが出ます。強い風に激しく揺れる竿先に小さいながらも、はっきりとそれと分かる明確なアタリです。
 何かなと一発目のアタリに敬意を表して慎重に寄せてくると、ここの常連さん、寸タラの小チヌ(キビレ)です。

クリックすると元のサイズで表示します

 続いて、少し渋めのアタリで今度はチヌの寸タラ。

クリックすると元のサイズで表示します

 このチヌを処理していると、近投の竿にそれと分かるシャープなアタリが出て、期待のキス22cmが登場。

クリックすると元のサイズで表示します

 一投目から早くもアタリが連発。極めて順調な滑り出しに、気分はるんるん!最高!しかも良型のキスが顔を見せたことで、一月ほど前の釣行の再現、いやそれ以上の爆釣を予感させます。
 やっぱり有田川やな!次は型物のキスが大きな目の覚めるようなアタリを・・・などと気分は完全に舞い上がっていますが・・・そこからぱたっと・・・アタリが止まります。
 過去の型物キスの実績ポイントを押さえるように、生きのいいチロリをたっぷり付けて丁寧に投げ分け、投入してアタリを待ちますが、全く反応がありません。おかしいと思いつつ、それでも過去の実績もあり、必ず来ると信じて、黙々と投げ返しますが、竿先は激しく風に揺られるばかりで、たまに風の止み間に出るアタリは、もぞもぞ、ピンッ!、グーなどお決まりのフグとエイのアタリのみ・・・常連の小チヌすらも全くあたりません。こんな状態が1時間2時間と続くと・・・自信が大きく揺らぎ気分は次第に低空飛行・・・やっぱり有田川?・・・どこが!と独りボケと突っ込みがでてきます。
 最初の意気込みはどこへやら、怒りも通り越して、今日は外したかなと納得しかけた11時半過ぎ。
 左から2番目、上手に中投していた竿に突然大きなアタリが・・・ゴンゴンゴンと竿先を激しく押さえ込んで戻りました。オオッ!アタリです!待望の大きなアタリに、何がきたのかと期待が高まります。一瞬息を止めてじっと見ていると再びゴンゴンと穂先ライトが闇夜に激しく揺れました。そして、そのあと今度は、力強くグイッグイッグイッと竿先を持っていきます。
 慌てて竿を押さえて、聞き合わせながら巻き取りを始めると確かな手応えと重量感、そして、時折、頭を激しく振るゴンゴンゴンの手応えが手元に伝わってきました。ということは、おそらくキビレの型物。5号ハリスとはいえキス仕掛けのキツネ針ですので慎重に、ゆっくりと寄せてくると・・・間違いありません。40cm程のキビレです。姿を見せてからも頭を振って激しく抵抗し、深みに戻ろうとしますが、ナイロンを信じて竿でため、じっくりと弱らせてから階段下で魚体を確保。ほっと一安心してよく見ると唇の皮一枚にキツネ針が・・・冷や汗のキビレ43cm

クリックすると元のサイズで表示します

 続けて、同じく上手に中投していた一番左端の竿先に大きくはありませんが元気なアタリが・・・小チヌやキスにしては微妙と思いつつ巻き始めると重量の割に結構激しく抵抗します。何かなと見つめていると街頭の薄明かりの中に見えてきたのは、長物・・・穴子?、ウミヘビ?・・・エッ!ひょっとしてウナギ!?急に慎重になって抜きあげると長さは60cm程ですがよく太った今年初物のおいしそうなウナギです。

クリックすると元のサイズで表示します

 キビレに続いて、今年初の有田川産天然ウナギを釣り上げ、先ほどまでの落ち込んだ気分はどこへやら、再び気分は、上向き、るんるん!です。なんと単純明快、わかりやすいというか、あきれるというか・・・何とでもいってください!有田川産天然ウナギは、ある意味キスの型物よりうれしかったりしますから・・・
 そして、その後、ウナギに頂いた元気をもとに、キスの大物を釣れば、パーフェクトなどと思いあがった気分で、でっかいキスとの遭遇を期待しましたが、世の中そこまで甘くはありません。粘りの甲斐もなく、最後の最後までサプライズはなし。結局、何事もないまま午前1時納竿終了。

 残念ながら、今回は、目標のキスとの遭遇を果たすことはできませんでしたが、代わりに、型物の40UPのキビレや、初物の有田川産天然ウナギを釣ることができ◎、やっぱり有田川に感謝!!

 翌日はキスとキビレのお造りに、紀州有田川産天然ウナギ!!!
 出刃をかなり研いで挑戦した結果、過去最高のできばえでウナギを割くことができました。
 脂がのって最高・・・う、うまい!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


4
タグ: 有田川 キス キビレ



2011/7/8  8:03

投稿者:ゆうたろう

ハンシマンノンさん こんちは!
いつもありがとうございます。
うなぎ、むっちゃおいしいですよ〜目にもいいですし・・・それよりまず釣りに・・・チャンスがあったらこの夏ご一緒しませんか?

2011/7/6  10:07

投稿者:ハンシマンノン

こんにちは 本当にウナギ めちゃくちゃうまそうですね 私はウナギを過去沢山釣りましたが、料理したことがなく、いつも海に捨ててきました 頭に千枚トウシを刺し、サバイタラと言いますが、めちゃ大変だと思いやったことがありません 今度釣ったらご馳走してください (ノンダミエヨ 冗談です)

2011/7/5  12:52

投稿者:ゆうたろう

 半世紀ツカヤンさん 
 毎度です いつもありがとうございます。
 ウナギは、捌くのが大変で、身がズタズタになることが多いのですが、食べたら一緒というか、見栄えに関係なくおいしいですね。投げ釣りの付録!?余禄!?
 ところで、小一時間で20オーバーのキス7匹、良く釣れているんですね。それに小鮎、むっちゃおいしそうで実にうらやましい限りです。
 それにしても、王子ヶ浜、針が違う?何を狙っていたんですか?桁違いの半世紀ツカヤンさんの釣行記楽しみに待っております。


2011/7/4  18:05

投稿者:半世紀ツカヤンだす

まいどーです
相変わらず良く釣りはりますねー
ほんでその旨そうなウナギは
お家の中で炙るんですかぁ?
料理法を伝授してくだされまし

昨日、王子ゲ浜へ行ってきまして
そもそもワテは針が違うんで1匹も
釣ってませんけれど
朝のたった小1時間、
針を落として、13号カレイで
キスを狙った方が20オーバーの
キスばかり7匹
間違いオマヘン。
そのキスを貰ったのがワテですから
今日はテンプラですねん。
小アユも買ってきましたよ。
エエでしょー

後はウナギのカバ焼きやなっ。
ゆうたろうさん、釣ってワテにちょうだい

2011/6/30  12:10

投稿者:ゆうたろう

 SSの親父さん毎度です。
 何とか、毎度毎度のキビレに救われましたが、キスは不発でした。次回こそ何とかリベンジと思っておりますが・・・それにしてもウナギはうまかったですよ〜
 親父さんも、今週末出撃ですか!?ぜひぜひ、大きいのをいわしてきてください。釣行記楽しみにしております。
 娘さんには、ウナギで力を付けていただくというのも考えようで・・・?

2011/6/30  9:30

投稿者:ゆうたろう

 マスター師匠 こんにちは
 やっと有田川釣行実現できましたが、キビレに救われたものの残念ながらキスは次回に持ち越しです。
 ウナギはラッキーでした。昨年は割き方が超〜へたこで、身がズタズタでしたが、その後の師匠のアドバイスもあり、今年は最高の出来になりました。少し自信にもなりました。ご指導ありがとうございます。師匠も姫路方面、そろそろ楽しみですね。
 ところで、不調の淡路ですが、梅雨明けしたらだめもとで一度アタックしてみようと思っております。また連絡させていただきますのでよろしくお願いいたします。

2011/6/30  9:22

投稿者:SSの親父

お〜ッ!
口約通りにリベンジされてますや〜ん!?
良型キビレ、おめでとう御座います!

今日ぐらいかな?と思っておりましたが月曜日とは・・・
私も保護者の許可がおりたらフライデーナイトを楽しむつもりです。
娘にちょこっと我慢しといてもらわねば!!(笑)

2011/6/29  21:39

投稿者:マスター

リベンジ制覇おめでとうございます!
しかもウナギまで! ウ・ウ 羨ましい〜
淡路のキスはまだ低迷している模様です。
有田の方が調子良いみたいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ