2011/6/8

有田川 キス 釣行記  投げ釣り

有田川 キス 釣行記 6月7日 中潮

 先週は、久々の有田川釣行でしたが、結局、雨の影響で水はダダ濁り。もちろんキスは釣れるわけもなく、当然、完全不発。苦しいときの何とかで、いつもいつものキビレに、お情けをかけていただき、何とかBOUZU=HAZUREだけは、回避させていただきました。
 さて、一週間近くが経過し、この間、梅雨の時期としては、まあまあの天気の日が続き、河口部での水質は、かなり改善したものと思われます。ということで、今週は当然、リベンジ!今期、遅れ気味のキスとはいえ、時期的にはもうそろそろというか、当然、きてもおかしくない時期に入っていますので、キスとの遭遇に期待して、今期二度目の有田川に・・・
 前回の失敗に懲りて、今回は、いつも通りの南港でエサを仕入れて、大阪を出発。予定通り現地有田川着が、午後7時すぎ。潮は、夕方から11時まで上げの中潮で、申し分ありません。後は予想通り水質が回復しているかどうかですが、・・・車を安全な場所に止めて、川面をのぞき込むと、先週に比べて遙かに水質が改善しています。
 多少の濁りはあり、もやの掛かったような状態ですが、水は、全体に青みを帯び、底を見通せるほどに回復しています。よしッ!何とか釣りになると思いつつ透明度の回復した川底を見ていると小魚がたくさん泳いでいます。ん?何かなとよく見ると・・・フグ!!見える範囲で何十匹ものフグが元気に泳いでいます。続いて目測50cm程の魚が、目の前をゆっくりと通り過ぎていきました。ボラ?チヌ?と思いつつじっと見ていると、少し行き過ぎたところで、その魚が、細長い魚体を反転させました。エッ!?・・・コッ、コイ!!我が目を疑いましたが、底をゆったりとついばんでいる魚は紛れもない淡水魚のコイです。フグにコイ!!エサ取りの大群と水質がほんとに回復しているのか疑わしいコイの登場に、いやな物を見てしまったと気持ちが萎えてきました。
 それでも、せっかくここまで来た以上、やるしかありません。そしてやってみないと分からないのが勝負の世界!暗くなり始めていますので、急いで荷物を下ろして、すぐに準備を開始。そして、準備の整った竿からチロリをたっぷり付けて、期待の第一投。
 続けて2本目の準備をしていると、今、投入したばかりの竿に、早くもスコーンとアタリがでます。さほど大きなアタリでもありませんし、小さくシャープなアタリですのでフグでもなさそうです。ということで、そのまま放置。順調にすべての竿を投入し終えてから、アタリのあった竿を回収し始めると間違いなく何かが乗っています。軽い手応えに、どうせ小チヌと無造作に引き寄せてくるとうす暗い中近づいてくる魚体はちょっと細長いような・・・そして、登場したのは、以外にもキス22cm。一投目からキスの良型登場にびっくり!しかも今季初物ですので丁重にクーラーへ。そのやりとりの間にも左端の竿にアタリ。しかし、これは残念ながら小チヌ。この小チヌを処理している間に、またまた隣の竿にアタリがでて登場したのが、これまた良型のキス21.5cm。その後もアタリが続き、しばらく手のひらサイズの小チヌが釣れ盛ります。釣って、外して、エサを付けるともう別のどの竿かにアタリが出ています。
 とにかく、忙しいので、あまり考える間もなく黙々と打ち返していると突然右から二番目の竿が、今までにない大きなアタリを出しました。エサを付け替えている手を止めて見ていると大きく一気に、竿先をひったくるように持って行きます。さらに、二度三度と繰り返し竿先がたたかれます。
 きた!きた!きた!と少し興奮気味に、竿を手に取り軽くあわせて巻き取りを始めると、重量感はありませんが、小気味よい手応えが手元に伝わってきます。間違いありません!大型のキスの手応えです。慎重に、一定のリズムでリーリングしてくると街頭の薄明かりの中、仕掛けの先に、一目で型物と分かる大きなキスが泳いでいます。手前まで引き寄せて、慎重に抜きあげるとまるまると太ったキス27.8cm。今季初の型物。そして、久しぶりに見る貫禄あるキスに、ガッツポーズ。キスのお造り確定に顔がほころびます。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後もアタリが続きますが、小チヌの猛襲の合間を縫って次に登場したのは、キスのダブル!

クリックすると元のサイズで表示します

 シャープなキスのようなアタリの割に重たいということで型物のキビレ?と思い引き寄せてくるとなんと26cm弱と24cmのこれまたよく太った良型のキスのダブル!ここ有田川で良型キスのダブルを釣るのは初めてで、とにかくびっくり!そして、良く太った2匹のキスに、ニンマリ。

クリックすると元のサイズで表示します

 直後、登場したのは、定番のキビレ32cm

クリックすると元のサイズで表示します

 そしてキスのアタリが遠のいたかなと思い始めた10時頃、小さなアタリで登場したのが40UPのクロダイ。アタリが小さく、すんなりと寄ってくるので、高をくくっていると手前に来て急に暴れだします。頭を振って、激しく抵抗し、グイグイと深みに戻ろうとします。ハリスは5号ですので心配はありませんが、キツネ針10号ですので伸されることもあります。念のため、そこから慎重にやり取りを始め、ドラグを効かせながらゆっくりと引き寄せてきます。そして最後、少し弱ったところで、階段にずり上げて魚を確保。計測するときれいな魚体のマチヌ41.5cm

クリックすると元のサイズで表示します
 
 その後は、アタリが遠のき23cm程のキスを追加したのみで午後11時過ぎ納竿終了。

 終わってみれば、実釣4時間弱で、キス27.8cmを頭に21.5cmまで良型ばかり6匹の好釣果。しかも、32cmのキビレと41.5cmのチヌのおまけ付き!
 今年も期待を裏切らない有田川に感謝!!

 クリックすると元のサイズで表示します

 キスのみの釣果写真です。有田川のキスは、シーズンインそしていきなり絶好調!しばらく有田通いが続きそうです。

 家に帰るともちろん、今季初のもっちりしこしこ、甘味のあるキスのお造りを存分に堪能!山の神、同居人も初物のキスのお造りに納得、大満足!!もちろんミャーも大喜びでした。
3



2011/6/15  8:47

投稿者:ゆうたろう

 SSの親父さん毎度です!
 親父さんも良くご存じの有田川、車とご近所迷惑さえ気をつければ、へたれでいい加減なゆうたろうには楽ちんで、それなりに楽しめる最高のポイントです。キスは、回ってきたときに巡り合うといい結果が出るようで、今回は、たまたま、ばっちり出くわしたようです。是非、是非、親父さんも参戦してください。いい結果期待しております。
 ところで、既に親父さんご存知のとおり、今回、「縁」あって、ふぐたろうさんのところでお世話になることになりました。新しい一歩を踏み出すことになりましたが、これを機会に、今まで以上に、投げ釣りでいただいた色々な方々との「縁」を大切に、投げ釣りを楽しんでいきたいと思っております。
 SSの親父さん!大先輩ということで、ひねた新一年生ですが、今後ともよろしくお願いいたします!

2011/6/14  12:21

投稿者:SSの親父

ゆうたろうさん、まいど〜!
相変わらずお見事ですね(拍手)
大キスに美味しい良型チヌの捕獲とは、流石ですやん!

私もそこは干底からの込潮が良いと思ってます。
特に梅雨の時期ですから川の勢いに押されると苦戦しますね。

梅雨明けが待ち遠しいです!
有田リバー、私も参戦しますので宜しくお願いします!

それに嬉しいニュースも入って来ました。
ふぐたろうさんのところへ入会とか!?
いずれどこぞでお会い出来る事を楽しみにしております。

2011/6/10  12:06

投稿者:ゆうたろう

 マスター師匠 こんちは!
 有田川ですが、たまたまというか、巡り合わせがよかったというか、出来すぎです。おそらく回遊してきたいい群れに、たまたま当たったということで、長い有田川通いでもこんなことは初めてです。チヌが釣れた頃にはパタッとあたりが止まって納竿までいつものように静かでした。 
 師匠もこの日、住金裏でお仕事でしたか・・・昼上がりでしたら、紀ノ川でも良型のキスが釣れますから結構楽しめたのでは!?残念でしたね。
 またこの夏、日が合えば、実地指導という事で是非一度、ご一緒ください。お願いいたします。

2011/6/10  12:04

投稿者:ゆうたろう

 ハンシマンノンさん ご無沙汰です!
 釣り行ってますか?たまに、こういうことがあるから投げ釣りはやめられない・・・ですよね〜。韓流もいいですが、自然を相手にフルキャストもいいですよ〜。また、ご一緒ください。

2011/6/9  22:16

投稿者:マスター

オオッ!素晴らしい!
低調な淡路より こちらの方が楽しそうですやん!
この日、私は紀ノ川河口住金裏で こんな早く仕事終わるんやったら竿持ってくれば良かった・・・・と後悔してました。
なんと昼に終わって しかもエエ天気ですやん!

2011/6/9  17:31

投稿者:ハンシマンノン

先ほどコメを入れて ふと見ると新たな記事
 キスの入れ食い それもランクサイズ二匹に食べごろサイズ沢山 更にはBランク黒鯛とAランクキビレ 信じられないような釣果ですね 日があえばまたよろしくです

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ