2010/2/5

紀ノ川 BOUZU 釣行記  投げ釣り

 紀ノ川 BOUZU 釣行記 2月2日 中潮 

 今年の年末年始は、ぎりぎりまで仕事が続き、しかも休日そのものが少なかったこともあって、余り日頃していない親孝行をしながらのんびりゆっくりと過ごしました。1月12日、ようやくお休みが取れましたので、初釣行を計画。普段は全く使わない丸セイゴ18号1本針の仕掛けを作り、着々と準備を進めましたが、近年にない厳しい寒波の前に、結局、初釣行を断念。平成22年は、1月を過ぎても初釣行なしという例年にない滑り出しとなりました。情けない話ですが、年齢のせいか、今年の寒さはとても身に応えます。
 ならばと、手頃、確実ななキビレ狙いで初釣行をと機会を伺っていると2月3日、仕事が予想に反して早めに終了。チャンス到来とばかりに午後3時過ぎに大阪を出発し、予定通り和歌山市内で小ボケを仕入れて16時30分過ぎには紀ノ川着。年末に数釣りをしたので今日こそは型狙いと気合が入ります。この日は2時半の底から上げに転じて8時半の満潮までの中潮。短時間で夕方から夜にかけての上げ潮を狙い、キビレと遊ぶ計画です。小ボケの2匹刺しで、17時過ぎ第1投。順次、5本の竿を左右に投げ分け投入してアタリを待ちます。前日まで降った雨の影響もなく水は澄んでおり、対岸では、土入川にかける新しい橋がほぼ架け終えて、完成に向けての最後の工事が順調に進められております。橋が完成すると新たなポイントが生まれるのかななどと想像していると右端の竿先がガンガンと激しく当たりました。早速お出ましとあわせるタイミングを狙って次のアタリを待ちますが、竿先が入りません。暫くして、念のためあわせを入れて巻き取りますが、抵抗なく素針が戻ってきました。エサを付け替えて再投入。型は別としても、すぐにキビレがアタリを送ってくれるはずと期待して待ちますが、しかし、その後が続きません。
 以前に比べて、若干伸びた日も西に傾き、白い煙を黙々と吐き出す住金の工場に隠れると、辺りはあっという間に闇に包まれました。さあこれからと期待が高まりますが、しかし、キビレからは全く音沙汰なし。竿先は風に震えるているだけです。それでも、前回の実績もあり、まあその内と寒さを我慢しつつエサを付け替えて繰り返し投入しますが、期待に反していつまでも竿先は静かなまま。時間が経つにつれ、一段とと寒さが身に応えてきます。じっとしていると寒いので穂先を見つめつつ辺りを歩き回っていると「こんなはずでは」とか、「クソ寒い中でまさかハズレ?」などのボヤキが頭をもたげてきます。
クリックすると元のサイズで表示します
 鼻水も出だし、寒さも我慢の限界に近づいてきて、早期撤退の後ろ向きの考えが出だした8時前。首をすくめながらほっカイロを握りしめて、ボーっと立っているとようやく久々のアタリが出ました。またまた右端の竿です。竿先が、ガンガンとたたかれて一気に50cm程持っていかれて戻りました。ようやく本当にようやく久々のアタリです。ボーズを免れたと喜びつつ期待をこめて竿を持ち、糸ふけを取って軽くわせを入れます。が・・・???・・・結果は、はずれ!、力なく、そのまま、またもや素針が帰ってきました。何で?という思いと数少ないチャンスをはずした落胆で、がっくりです。
 しかし、大きなアタリを見たといううことで少し元気が出てきました。現金というか、懲りないというか、はたまた釣り師の性というか、それから2時間、上げから下げの潮の変わり目に期待して、暗く寒い紀ノ川で、鼻水を拭き拭き、黙々とボケを打ち返しました。
 が・・・結果は、アタリすらなく完全無欠のHAZURE、BOUZU。最後の最後、近投の竿に25cmほどのクロソイの子供が、アタリもなくついてきたのが唯一の釣果。丁寧に針をはずし、お引取りを願って納竿終了。鼻水をすすりながら惨めな思いで紀ノ川を後にしました。どうも紀ノ川のキビレ、大きく変貌を遂げた工事のあともう一つのようで・・・。
 平成22年の初釣りは、安全パイを選択して結果は、HAZURE。キビレくらい、いつでもと考えていただけに、気持ちの落ち込みが激しく、暫く立ち直れそうにありません。ん〜今年はどうなることやら・・・パソコンのキーを打つ手が無茶無茶重くなる新年のスタートです。
 次は、鳥羽でリベンジ?・・・返り討ち?・・・やっぱり返り討ちかな?
1



2010/2/8  10:58

投稿者:ゆうたろう

 がまがえるさん 御無沙汰です!
 釣れない、しかもキビレ釣行記にもかかわらずコメントを頂きありがとうございます。がまがえるさんの大川のカレイ釣行やフィッシングショウのお話、密かに楽しませていただいております。ありがとうございます。
 確かに、紀ノ川河口、昔はまこガレイの型物良く釣れていましたよね。私自身は、寸たらしか釣ったことありませんが、釣り友が、40オーバーのマコを2枚釣ったのを現認しております。ほんとに残念ですよね。

2010/2/8  10:49

投稿者:ゆうたろう

 マスター師匠 ご無沙汰です!
 先日は、ふぐたろうさんのところで、暖かい声をかけて頂きありがとうございます。何とか日程を確保しようとと思っておりますので、その節は、是非ともご指導よろしくお願い致します。
 ところで師匠が言われるとおり、たかがキビレ、されどキビレですね。撃沈覚悟で、暖かい日を選んで、2月中にもう一度紀ノ川にアタックしてみようと思っております。

2010/2/8  9:47

投稿者:ゆうたろう

 ふぐたろうさん こんにちは! 
 釣れない釣行記に早速のコメントありがとうございます。まあ投げ釣りには良くあることと諦めておりますが、この時期、紀ノ川で釣れないとなるととても辛いものがあります。武庫川はまだましなようですので、例会がんばってください。ふぐたろうさんのご健闘ををお祈り申し上げます。
 

2010/2/8  0:53

投稿者:がまがえる

ゆうたろうさん、こんばんは。
寒い中、お疲れ様でした。
紀ノ川尻はあいかわらず、工事続きなんですね。以前はカレイもよく釣れたのですが、青岸の大工事以降、姿を見せなくなっちゃいましたもんね。残念です。

2010/2/7  20:52

投稿者:マスター

あっちゃ〜! 残念でしたね〜
たかがキビレ、されどキビレですね。
私も最近の現場が鳴尾なんで仕事終わってから武庫川で遊んでみようかなぁ・・・
ただバイクなんで竿を何処に隠しておくかが問題なんですわ

2010/2/7  20:11

投稿者:ふぐたろう

ゆうたろうさん、こんにちは。
そうですか、紀ノ川は不調でしたか・・・・
14日の大会の日には行ってみようと思っていたのですが・・・・
キビレは冬でも遊んでくれる、貴重な対象魚ですね。2月は武庫川に通ってみようと思っています。紀ノ川も好調になると良いですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ