2009/12/3

松帆 MAKO KAREI 釣行記   投げ釣り

「松帆 MAKO KAREI 釣行記 12月2日 大潮」 

 淡路3連敗、松帆2連敗。これが、カレイシーズン最盛期の最終盤を迎えたゆうたろうの現実。実力どおりと言われてしまえばそれまでですが、やっぱり何とかしたいもの。スミイチ解消めざして、さて、どうしようかと悩みつつも、ゆうたろうの釣技・経験では良い智恵が浮かぶわけも無く悶々の日々。舞子周辺では良く釣れているらしいと聞きますが、きっと人がいっぱいと考えると行く気がしません。しかも今週のお休み予定は、大潮のど真ん中の水曜日。明石海峡周辺では、ごうごうと音を立て、潮が飛ぶように流れているはずで、釣りになりません。しかし、色々考えた結果、半ばあきらめ気分、半ばヤケクソで、同じ撃沈するならと懲りもせずにまたまた松帆へ。しかも、激流でほとんど釣りにならないにもかかわらず、エサだけは、いつもどおりに予約。で、「連敗記録の達成をめざして、エサやりでっか!」と自分で自分に突っ込みを入れたくなりますが、釣りに行く以上どうしてもそれなりのエサがほしくなります。余ったら塩マムシにと自分に言い訳し、お構いなしで予約通りのエサを尼崎で購入し、松帆を目指します。
 予定どおり1時過ぎに松帆着。今日はイノシシの姿も見えませんので安心して先ず仮眠。6時前に起床し、浜に出て見ると予想どおり、ごうごうと音を立てて激しく潮が流れています。これでは全く釣りになりません。準備だけして、もう一寝入り。次に目が覚めたのが7時半過ぎ。ゆっくりのんびりしたもんです。しかし、仕方ありません。激しく流れている時の松帆は、想像以上で、波打ち際のすぐ先に投入した30号の錘が見る間に流されていきます。距離にして10m。近投でも全く釣りになりません。仕方なく暫く模様眺めです。潮時表で見る限り、今日の潮がゆるむのは10時前後と12時前後と予想していますのでじっと我慢します。

クリックすると元のサイズで表示します
 大きく、かつ、激しく波打つ海面を暫く見ていると1時間ほどたった頃、手前の海面が静かになってきたように見えます。気のせいかなと思って見続けていますと沖は相変わらず波打っていますが、確かに岸よりの海面が静かになっています。半信半疑ですが待ちくたびれていますので、我慢も限界。駄目もとで、試しにとエサをたっぷりと付けて第一投。どうかなと見ていると意外にも仕掛けが落ち着きました。よしっ!ととりあえず3本投入。本格的な潮止まりまでには少し早いと思われますが、意外にもこんなに早く竿を振れたことに感謝。釣れることも余り期待せず、暫くぼーっと竿先を見つめていると2本目の竿が、かすかに動きました。
 ん!!と見ているとグッグーと竿先を押さえ込んだあともう一度グッと入って戻りました。はっきりとしたカレイのアタリです。間違いありません。予想外の展開にどきどきです。気持ちを落ち着かせて竿を手に取り糸ふけを取ってよいっしょ!とあわせます。するとズンと例の手応え。乗りました!そこからは、休み無く高速巻き。一度だけ締め込みがありましたが、強引にやり取り。そして、かけ上がりをすんなりクリアー。ほっとして一定のリズムでリーリングを続けているとかなり手前でようやく海中を滑るように近づいてくる良型マコガレイの姿を確認。
 慎重に抜き上げ計測すると36cm。前回のカレイと違い産卵に向けかなり肉厚、ぷりぷりです。



 1ヶ月の撃沈続きの後にやっと手に入れた1枚のマコガレイ。うれしさがこみ上げてきます。そしてマコガレイに感謝!松帆に感謝!ただし謙虚さはここまで。試しで釣れるなら本格的な潮止まりに真剣に投げ続ければ、更に一枚や二枚のマコガレイが釣れるはずと気合いが入ります。暫くすると潮も右左に複雑に変化しながらも徐々にゆるくなってきました。さあこれからとエサをたっぷりと付けて竿数も5本に。途中、久々に蛸漁師のおっちゃんが登場。できるだけ邪魔にならないようにと声をかけ、和やかにあいさつを交わしました。ほんとに良いおっちゃんです。
 天気も上々、それから2時間、絶好の好時合いに、真剣に竿を振り、休むことなく穂先を睨み続けましたが、しかし、結果は、・・・



 マコガレイと期待させる手応えで上がってきたのは、写真の小さな明石だことお星様のダブル。結局、最初の第1投の試し釣りで上がったマコガレイ一匹のスミイチ。思い上がったゆうたろうに、松帆は☆一つ!でした。
 一日粘って本格的に奮闘しても釣れない時もあれば、試しの竿にぽろっと良型のマコカレイが釣れてしまう。それだけに、予測をして、狙いを付けて狙い通りに釣った時の喜びは飛び抜けて大きい。それが、効率の悪い、自然相手の投げ釣りの不思議、魅力かもしれません。
 いずれにしても、ボウズ・撃沈覚悟の大潮の松帆で手に入れた一枚のマコガレイに感謝。小さいとは言え明石だこのお土産付きで、帰宅後、我が家の山の神、同居人と本当に久々、ほぼ1ヶ月ぶりのささやかな宴会を催しました。もちろん調理人は、ゆうたろうです。はい!



4



2009/12/4  22:48

投稿者:おかキング

ゆうたろうさん
本当におめでとうございます♪
私も同じ日に松帆をちらっと考えましたがさすがに大潮は・・・とヘタレの私でした、本当にすごいですね・・・
年末までにもう一回、チャレンジしてみようかなぁ、松帆・・・

2009/12/4  20:57

投稿者:がまがえる

こんばんは。
やりましたね〜。
大潮の松帆で仕留めるとは、素晴らしいです。さすが松帆マイスター!!
これを見て私も再チャレンジする勇気がわいてきました。
来春には、松帆鳥居前専用竿の導入も考えております(笑)
またお会いできるといいですね。

http://gamagaeru.naturum.ne.jp/

2009/12/4  19:54

投稿者:半世紀中年

やったーー。マコやん。
また松帆のカレイは旨い!!エエわ〜
それに明石ダコやー
硬そーや、いまの私には絶対ムリ、噛まれへん。切られへん。もん
ハリスさえ満足に結ばれへん



http://nageturiman.blog112.fc2.com/

2009/12/4  13:20

投稿者:SSの親父

流石ですね〜!
ゆうたろうさん、まいど〜!
良型マコゲットおめでとう御座います。
これで両目が開きましたなぁ(拍手)

実に我慢強い!
竿を出さずに待つなんて・・・ワテには無理です。
美味しい名産品まで付いてますやん!

週末、ちょこっとの予定でしたが・・・
雨ですわ・・・ヘタレなワテは諦めました。

http://blog.goo.ne.jp/ssnooyaji

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ