2019/9/3

日本海 柳の下?デカギス狙い 釣行記 9月3日  投げ釣り

日本海 柳の下?デカギス狙い 釣行記 9月3日 中潮

 前回釣行で、久々に、念願のデカギスを手中に収めたゆうたろう!?
 見た夢が忘れられないといいますか、夢よもう一度とばかりに、翌週も日本海釣行を目指しましたが・・・残念ながら台風の影響で願いかなわず・・・でした。
 やむなく、更に一週間、首を長くして待っていると・・・にわか雨との遭遇の可能性はあるものの何とか釣りが成立しそうな天気予報・・・ならばと、雨具を用意して釣行することを決断。世間的には、いわゆる、柳の下の何とかは、釣れないと相場が決まっているのですが、先週の大ギスの影響は絶大で、ゆうたろうにとっては、撃沈・OOHAZUREなどという言葉は完全に忘却の彼方・・・(笑)
 ということで、大ギスの妄想満載で、大阪を出発し、予定どおり夕方、薄暮の時間にポイント到着。早速、タックルを準備し、順次、遠近右左と投げ分けて投入すると、いよいよ、2匹目のどじょう!?デカギス狙いのスタートです。前回実績からすれば、26cmUPの型物キスは、当然ながら、うまくいけば、30UPの大ギスとの再会もかなりの可能性が・・・う〜ん、期待が高まります。(笑)
 すると、釣り始めてすぐ、日がとっぷりと暮れたころに、早速、アタリが連発・・・残念ながら狙いのキスではありませでしたが、27cmの良型カサゴと29cmのアコウ(キジハタ)が登場してくれて、早々とおいしい食材を確保、幸先よいスタートを切ります。
 さあ、お土産は確保したし、後は、大ギスを釣るだけや!?とこの時点では、ほぼ大ギスを手中に収めたような気分で投げ始めましたが・・・やはり、世の中そう甘くはありません。定期的に仕掛けを回収してエサを付け替え、アタリを見逃すまいと真剣に穂先ライトを見つめ続けるものの、何故かこの後は前回とは大違いで、投げても投げても、ほとんど反応もなく、たまに小さなあたりで登場するのは、5cmほどのクサフグとチャリコ・・・前回も、小さなあたりで、型もんキスが登場したこともあって、アタリがあると小さくても当然ながら期待もしましたが、この日は、ことごとくクサフグとミニチャリコ・・・結局、何事もないまま日付も変わり、気が付けば東の空がうっすらと青みを帯びて夜明けを迎えます。まさに万事休す、ジ・エンド・・・
 先週釣れたからと言って今週釣れるとは限らないのが自然相手の投げ釣り。仕方がありません。良い時もあれば、一晩釣って型もんどころか、ピンギスすら釣ることができないどうしようもない時もあるとボヤキとも慰めともつかぬ独り言を言いつつ、そろそろ撤収準備を始めなければと・・・ぼ〜っとたたずんでいると・・・
 突然右端の竿に、アタリが・・・
 右にひったくるような大きいアタリで、一気に竿が斜めにずれて竿尻が浮きかけて止まりました。
 ア、アタリッ!!とあわてて竿に近づき、軽くあわせて巻き始めましたが・・・が・・・結果は、HAZURE!何の手ごたえもなくスーッと寄ってきて、ものの見事にスカッ!なんとな〜一晩釣って夜明け前の唯一ともいえる最後のチャンスをものにできず・・・ガックリ!?運がないといいますか、やっぱり間違いなく、今日はとことこんダメな日、完全に終了です。やむなく、撤収作業を決意し、大アタリをはずした仕掛けを回収、竿をたたんでいると、隣と更にその隣の竿と2本立て続けにクイッ、チョンチョンの小さなアタリが出ます。
 相変らず、元気なのは、最後までクサフグとミニチャリコだけか〜なんと情けないな!?とため息をつきつつ、小さなあたりのあった竿の撤収を始めます。
 一本目は、例のごとく5〜6cmのクサフグ・・・
 次もクサフグか、ミニチャリコやなと2本目の小アタリの竿を回収し、よっこらしょと重くもない仕掛けをめんどくさそうに抜きあげると・・・
 ん??・・・
 う、うそやろ!??
 暗闇から目の前に現れのは・・・デ・カ・ギ・ス!?・・・
 小さなあたりで撤収のために回収し、無造作に抜きあげたその竿に・・・
 クサフグのはずが、な、なんでデカギス!?・・・まさに目が点、開いた口が塞がらないとはこのことで、とにかく自分でも何が何だか分けわかりません!?
 しかも、おそるおそるメジャーを充てると・・・目標の30cmに届く大ギス・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 ほんと、投げ釣りとはわからないもの・・・

 投げ続けて10時間、最後の最後の土壇場で、唯一の本命らしき大アタリに遭遇したものの、結果は見事にスカッ!?東の空が白み始めて、潔く撤収準備に入ったゆうたろうでしたが・・・最後、クサフグの小さなあたりと期待もせずに、抜きあげた仕掛けの先についていたのは、30cmUPの大ギス・・・前回に続いて、30cmのキスとクサフグの区別もつかず、実に情けないといいますか、まさに釣ったというより釣れた大ギスの釣果に、なんか頭が混乱し、ほんとに釣れたんだよな!?などとつぶやきおろおろ・・・とりあえず、魚拓用の写真を撮って、30cmUPの大ギスを確定・記録し、撤収準備を本格的に始めると、ようやく、遅まきながらキスのCランク終了の喜びがふつふつと湧いてきました。
 キスは、Dランク(35cm以上)などもともと鼻から釣れると思っていませんので、相手にしていません・・・ていうか、全く相手にされてませんので、ゆうたろう的には、キスのランクは、Cランクが満願終了と≒になります。(笑)
 ということで、この間追いかけ続けた、尺ギス2匹がめでたく終了し、今回釣行でキスの任務完了ということになりました!
 あらためて、この幸運に導いてくれたリスキーさんに、心からの感謝!!
 

 今回の釣果は、一晩釣って30cmのキスと寸タラのキジハタ、そして、良型のカサゴの3匹だけの貧果ですが、すべてをお造りにして、3種盛にして提供。いつにもましてといいますか、特別に中身の濃い、実に美味しいお造りとなりました。(笑 







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ