2019/3/28

日本海 能登輪島 マコガレイ 釣行記NO2 3月7日  投げ釣り

日本海 能登輪島 マコガレイ 釣行記NO2 3月7日

 能登輪島で、妄想か!?と疑うほどのマコガレイの爆釣(マコガレイの型物7枚でその内40UP5枚)に遭遇したゆうたろう。本来なら、めったにない釣果に、十分納得、大満足で気持ちを切り替え、忙しくなりつつある仕事にまい進するはずだったのですが、その釣行でのある出来事が次の無茶な釣行を決断させることに・・・

 この日は、朝から経験のない40UPのマコガレイの3連発に遭遇し、今日はいったいどないなっているんや!と天にも昇るような気持ちで、お昼の時間を迎えます。そろそろ昼飯でもとまったり余裕で湯を沸かし始めていると・・・正面に投入していた竿にまたまた大きなアタリが・・・
 グイと竿先が軽く抑え込まれた次の瞬間、グングングーンとゆっくりお辞儀するように大きく竿先が入って20cmほど竿尻が浮き上がりました。なんとも力強い今日一の大きなカレイのアタリです。「間違いなく、また、40オーバーだな!?」などとまるで大阪でキチヌでも釣っているかのような言葉をつぶやきつつ、おもむろに糸ふけをとって大きく合わせるとズドンと重々しい手応えが帰ってきました。
 よしっ!もらった!と思った次の瞬間、ピッ!?と言う感覚が手元に伝わるとともに、大きく曲がった竿先がスッと一気に帰って・・・
 まさに、一昨年、能登島で今まで釣ったこともない大型のイシガレイをかけた時のあの感触・・・手前まで浮かして寄せてきたものの藻の群生のところで綱引きになり、水面に浮いた大きいイシガレイのこれまたでっかい口からピッという感触で15号カレイ針がすっぽ抜けて帰ってきたときの・・・あのピッ!?と言う感触がまざまざとよみがえってきて・・・ゆうたろうは、呆然と立ち尽くすことに・・・
 それでも、その時は、経験のない40UPのマコガレイの連発ということもあり、ま、こういうこともあると気を取り直し、釣り続けたのですが・・・
 時間が経つにつれ、やっぱり、取り逃がした魚は大きいといいますか・・・
 竿尻を浮かす大きなアタリ、ズドンと帰ってきた重々しい大物の感触、大きなカレイ特有の15号カレイ針のすっぽ抜け・・・しかも、40UPのカレイが連発する中での出来事・・・となると、どう考えても、あの感触は45cmUPの大きなマコガレイ?いやあ〜ひょっとすると50cmUPなどと、振り返れば振り返るほど妄想がどんどん大きく肥え太り、もうパンパン!?(笑)
 そうなると、当然の結果といいますか、答えは一つ!もう一度行くしかないということで、搾りだすように捻出した一日だけの休みを確保すると・・・若く体力のあった30年ほど前、能登和倉に日帰り出張をこなしたなどという古〜い記憶を引っ張り出し、よしいける!と夜走って、夜帰る能登弾丸釣行を決断し、強行!?

 目的のポイントに着いたのが午前2時過ぎ。体力温存で、仮眠をとって、夜明けと同時に竿出しを完了。真剣に、竿先を見つめますが、今回もやはり前回と同様静かな滑り出しで、朝間詰めの時合は、不発。6時前から竿を出し始めて、3時間近くたっても、お魚さんの反応はゼロ。ま、先週の釣行も似たような滑り出しでしたので、あわてることもなく、手返しを定期的に繰り返しているとこれまた前回同様9時前になって、初めてのアタリが・・・

 グングンと段引きで竿先を抑えこんだ後、しばらく様子を見ていると再度、竿先がグイグイグイと2度3度と力強く抑え込まれ竿尻が浮きかけます。ここまで待てば、まず間違いないだろうとおもむろに竿を手に取り、ゆっくりと聞き合わせつつ、テンションがかかったところでグイっと軽く合わせて巻き始めるとずっしりとした手応えながらも順調に寄ってきます。
 よし!今日も40UPのマコでスタートや!?と余裕で巻き続けていると・・・手前まで来て急に予想外の力でグイグイと潜り始めます。一瞬、ドキッとしたものの強引に力任せで浮かしにかかるとやがて姿を現したのは・・・一目でそれとわかる大きなカレイ・・・
 こ、これはでかい!と口走りながらも慎重にタモ入れ一発で引き揚げ実測すると・・・実寸で46cmUP(46.6cm)のでっかいマコガレイ!

クリックすると元のサイズで表示します

 淡路松帆で、釣って以来の生涯2匹目となる45cmUPのでっかいマコガレイの登場に、当然ながら興奮マックス!自己記録更新と合わせて号数も1号UPで、やっぱり、あのアタリは、大きなカレイに間違いなかったんだといつになく鼻高々!?(笑)
 しかも、釣りは始まったばかりということで、まだまだ釣れるとそこから2匹目のビッグなカレイを目指していつにもまして真剣に竿を振り続けましたが、さすがに、といいますか、やっぱりといいますか、そう簡単に2匹目のデカガレイは姿を見せるはずもなく、そのまま夕方、納竿時間を迎えて釣行終了。
 結局、この日2匹目の超大判カレイの姿を見ることはありませんでしたが、それでも、ゆうたろうのカレイ釣りの常識からいえば、この日も超〜絶好調!!
 納竿までに、6枚の型物マコガレイを追加・・・
 
 マコガレイ40cm
クリックすると元のサイズで表示します

 マコガレイ34cm 
クリックすると元のサイズで表示します

 マコガレイ41cm
クリックすると元のサイズで表示します

 マコガレイ32cm
クリックすると元のサイズで表示します

 マコガレイ36cm
クリックすると元のサイズで表示します

 マコガレイ37cm
クリックすると元のサイズで表示します

 結局、この日も46cmUPの大判マコを頭に、マコガレイの型物7枚、その内40オーバーが3匹という2週連続の過去に例を見ない最高の釣果に・・・
 そして、深夜に帰宅すると、当然翌日は仕事にもかかわらず、ここは頑張らなければと一念発起!疲れた体にムチ打ち睡眠時間を削って魚拓に挑戦!!相も変わらず下手くそですが、超肉厚だったこともあって何とか48cmに届く魚拓に・・・

クリックすると元のサイズで表示します


 ということで、2回にわたる超強行スケジュールで釣れたマコガレイの型物(30cmUP)は、合計14枚!その内40cmUPは、実寸で46cmを筆頭に8枚という空恐ろしい釣果で、しかも、持ち帰っても処理できないということもあり、今回釣行では40UP数枚を含めて口掛かりの良いマコガレイを大きくなってね〜と放流するという、普通でいえば絶対にあり得ない初めての経験もさせていただきました。(笑)
 40UP1枚でもなかなかむつかしいゆうたろうにとって、おそらくこんな爆釣経験は、今後2度と巡り合うことはないと思いますが、そう思えば思うほど幸運に導いてくれた半世紀中年さんに心からの感謝!!

 ・・・とここまでは絶好調のゆうたろうでしたが、能登の海で幸運を使い果たした結果、3日後には、体調不良のどん底に突き落とされて・・・ア・ハ・ハ・ハ・・ハ・・・ハア〜・・・



 








にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
5



2019/5/28  11:04

投稿者:ゆうたろう

たっくうさん こんにちは
今回は、実力とは関係なくたまたまで、いい思いをさせていただきました。こだわり、というより・・・タイミング、めぐりあわせ・・・ですかね〜
本当は、たっくうさんのように、簡単に白アマダイや、ガッチョを釣ってみたいのですが、なかなかといいますか、まだ一度も巡り合得ておりません。(笑)
 実は、先日、広島の呉で、たまたま偶然、居残りの30チョイのマコカレイに巡り合いお持ち帰りしたのですが・・・さばいて食した結果は・・・う〜ん、唸るほどおいしくて、ビックリ!? マコガレイの旬は夏だそうですが、確かに3月のカレイとは別物でした。(笑)
 これほど違うのかと少しショックでした。

2019/5/27  23:56

投稿者:たっくう

ゆうたろうさんこんにちはー
ご無沙汰しております。

何と言いますか、ここまで釣れるともはや普通の生活には戻れない、と言いますか、すごい釣果ですね!

カレイは様々な料理で美味しく楽しまれたのでしょうね。
僕も一度はこの三分の一でいいので釣ってみたいですが、やっぱりこだわりが足りないというか、すぐに諦めてしまうのでダメですよね(^_^;)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ