2016/11/9

岡山 コイチ 釣行記  投げ釣り

 岡山 コイチ 釣行記 9月26日〜 若潮他

 
 偶然といいますか、幸運といいますか、実力とは全く関係なしに、結果オーライでマゴチが終了したゆうたろう・・・次に選択したのが、ニベ・コイチ・・・一番大きいところがいくつか残っていますので、常識的に言えば定番の岡山で、コイチの大物を狙うという選択になります。
 ところが、この岡山が曲者・・・
 もちろん、岡山へは、過去に何度か、マダイ・コイチを狙って釣行しておりますが、残念ながら過去に一度も良い思いをしたことがありません。釣る人は、山ほど釣るのに何故かゆうたろうに釣れるのは、狙っていないクロダイばかりで、しかも単発・・・狙いの魚をまともに釣ったことなど一度もありません。ということで、一応コイチ狙いで岡山を選択しては見たものの・・・正直、全然釣れる気がしません。
 とはいえ、釣りに行かなければ100%お魚さんが釣れないのは、子供でも分かる自明の理。犬も歩けばではありませんが、行けば偶然でも、目的のお魚さんと遭遇する可能性があるわけで、そのほんのわずかの可能性に掛けて、グッと我慢で岡山に通うしかありません。

 ということで、一応、岡山で腹は固まったものの、いざ本気でコイチの大物を狙うとなるとゆうたろうの過去の経験そのものが薄っぺらなもので、実際には全く役に立ちません。そこで、苦しい時の何とかではありませんが・・・ふぐたろうさんやリスキーさんはじめ様々な諸先輩から色々と直近の釣果等の情報を収集・・・結果、狙いを定めた場所は、いずれもゆうたろうが初めて上がるポイントばかり・・・果たして、無謀とも思えるこの挑戦の結果は・・・

◆岡山コイチ釣行@

 夕間詰めの時間にポイント到着。潮の干満を考えて、まずは間違いのない安全な場所に釣り座を構えて、準備を開始。セットの完了した竿から順次投入し、潮の流れを確認。ゆっくり右に流れる潮に乗せて仕掛けを落ち着かせると期待を込めて竿先を見つめますが、完全に暗くなるまでは、デカフグの猛襲。エサがあっという間になくなるといいますか、大物に期待して準備したハリス10号の14号フカセ針が、いとも簡単に切られて跡形もなく消えていきます。
 こりゃたまらん一晩エサが持つのか?と心配していると完全に暗くなった頃からエサが残りだし一安心。そしてしばらく投げ返しているとポツリとアタリが出て、登場したのは本命のコイチ・・・しかし、本命とはいえ何とも型が小さい・・・30cmほどで話になりません。
 その後も、何匹か寸たらのコイチ(ニベ)が、相手をしてくれるものの大きなお父さんお母さんサイズは姿を現しません。やっぱしそう簡単には釣れないよな〜と早くもボヤキが出かけた下げ止まり前・・・右方向に投入していた竿に、ちょっとはっきりとした竿先を抑え込むアタリが出ます。
 デカフグでありませんようにと願いつつ巻いてくると・・・水面に顔を表したのは、一目で型物とわかる大きさのコイチ(ニベ)・・・初の本命登場で緊張感が走ります。(笑)慎重に抜き上げ魚体を確保してほっと一安心。ようやく本命のコイチが釣れてくれたと喜びもひとしおです。
 ただ、このコイチ、スタイルがいいといいますか、超〜スリムな体系ですので、う〜ん、40cmぐらいの大きさかなと思いメジャーをあてて見ると・・・な、なんとびっくり!!45cmのコイチ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 全く釣れる気がしない中で釣り始めて3時間・・・いきなり目的のコイチの型物登場で、しかもあっさり1号UP達成・・・へ〜これで45cmあるんだと感心するやらうれしいやらで、それまでの気持ちが一変、俄然やる気満々で、ひょっとしたら今日で満願達成できるのではと一気にテンションUP⤴ そこからは一段と元気よく投げ始めます。
 ところが、世の中うまくできているといいますか、早々、簡単には釣らせてもらえるはずもありません。それでも、一匹釣れれば必ず二匹目が必ずおるはずと信じて粘り強く投げ続けましたが・・・
 結果は、やはりといいますか、8時間の努力もむなしく2匹目のコイチは顔を見せないまま夜が明け、終了時間を迎えます。お情けで夜明け前にクロダイの43cmが登場してくれたのが、唯一の救いに・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 少しだけ言い訳を言わせてもらえれば、この日は、当日の朝まで降っていた大雨の影響でかなり濁りが入っていましたので、一歩間違えばOOHAZUREもあり得たわけで、ゆうたろうの実力と過去の岡山釣行の経験から言えば、1号UPできただけでも極めてラッキー・・・ということかと・・・
 



◆岡山コイチ釣行➁

 2回目は、諸先輩から最近よく釣れているという情報をいただいたポイントを選択し、無謀にも初挑戦。この日は、色々あって同居人がお目付として同行・・・もちろん山の神の力もありましたが、正直一人では若干不安なこともありまして・・・(笑)
 もちろんこの日選択した場所も、もちろん初めてのポイント・・・実際、現場に入って、正直ちょっとびっくり・・・大きな岩がゴロゴロと積み上げられたような場所で、釣りができる場所が限られている上に、掛けても取り込みがむつかしそうで、釣り座を決めるまで、30分ほどいろいろと悩みました。
 やっと釣り座を決めたものの色々制約があり、かなり限られた中での窮屈な釣りになりそうですので、竿3本が限界と考えて釣り始めます。
 釣り始めて当初は、まだ日没直後ということで明るさも残っており、定番のフグ地獄・・・時折釣れる30cm前後のフグが、フカセ針17号の10号ハリスをあっという間にぼろぼろにして切っていきます。
 それでも、我慢を重ねて釣り続けていると完全に暗くなってからしばらくして、徐々にフグの猛襲が落ち着き始めると下げ潮に乗せていた右側の竿にアタリが・・・竿先を大きく曲げて、竿尻が浮きかけます。
 よし来た!と合わせて巻き始めると結構な手応えを見せつつも徐々に寄ってきます。ということは、エイではありませんので、期待感いっぱいで巻いてきますが、流し過ぎていたのか、手前まで来て、右側の低い岩にあとちょっとというところで引っかかって巻き取れなくなります。いろいろはずそうと試みますが、お魚の抵抗する手ごたえは伝わってくるものの釣り座からは外れそうにはありません。
 一瞬一か八か強引に引き抜いたらとは思って見たもの、結構な手応えのお魚さんの顔をまだ確認していないこともあって、踏みとどまります。やむなく釣り座からお魚さんが掛かっている岩のところまで移動することを決断。竿をもって糸ふけをとりながら岩の間を縫って上り下りし20mほど慎重に移動・・・お魚さんが掛かっていた岩に近づきます。竿を目いっぱい突き出し、巻いてきたのとは反対方向にお魚さんを誘導するようにラインを動かすとうまいこと岩に絡んでいた錘が外れます。そのあとは、慎重に岩を回避してお魚を誘導し巻いてくるとやがて水面に姿を現したのは・・・なんと本命のコイチ・・・しかも、見た目にもかなり大きいことがわかります。
 ゆっくりと引き寄せ、慎重にコイチを抜き上げると口に手を入れお魚を落とさないようにしっかりと右手でキープ、そこから、結構難儀しましたが、また20mほど岩の間を這うように移動・・・何とか無事釣り座に戻ると・・・ほ〜っと一息。
 ドキドキしながら計測するとやはり大きい!初の50cm越え!!
実寸で、53cmの大きなコイチにじわ〜っと喜びが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

 よくも強引に抜かなかったもんだと思う一方、やはり、かけても取り込めなければな〜んもなし・・・日頃のタモの準備も含めて取り込みが大切と痛切に実感し、日頃のずぼらを深〜く反省・・・したつもりなのですが、この日は、最後にもっと反省することに(笑)

 この一匹をきっかけに、狙いのお魚のアタリがポツリポツリと出だします。
 続いて、同じく右目に投入していた竿にアタリが出て取り込んだのが、スズキの62cm

クリックすると元のサイズで表示します
(このスズキだけ〆てお持ち帰りで、自宅で撮影)

 続けてやはり右サイドの竿に、乗ってきたのがコイチの45cm 

クリックすると元のサイズで表示します  

 この後潮が変わってアタリが遠のきますが、辛抱強く投げ続けていると左に流れていた竿にアタリが出て上がってきたのがコイチの40cm

クリックすると元のサイズで表示します 

 この久々のコイチに、続けてアタリが出るのではと期待しますが、残念ながら反応もなく我慢の時間が・・・

 次に動きが出たのが、夜明け前の潮変わり。右に潮が流れ出した途端に竿にアタリが連発・・・

 まずは、登場したのは、スズキ60cmこのスズキ、写真の通りちょっと変?最初は強引に抜き上げた勢いでエラブタがはがれたのかと思いましたが、よくよく確認すると傷ついている様子もなく、もともとエラブタがないままに大きくなったようで・・・自然界ではなかなかありえないことなので、ちょっとびっくり!写真撮影後、丁重に放流すると元気に帰って行かれました。

クリックすると元のサイズで表示します 

 続けて、うっすらと明るくなりかけたころに姿を現したのは、コイチの大物・・・これはいったかなとにんまりしつつ引き寄せ、一気に抜き上げようとしたところで、プッツン、ドボン・・・針はずれ・・・ついにやってしまいました。
 日頃から玉網を使う癖付けをしていないズボラなゆうたろうの当然の帰結・・・まさに自業自得とはいえ、目の前で大きな魚がゆっくりと泳いで消える光景は・・・あまりにも痛すぎ、がっくりです。
 それでも今更取り返しがつきませんので、口惜しさを噛み殺しながらエサを付けかえて投げ返すとその投げ入れた竿にすぐまた竿尻を浮かす大アタリが・・・え!ほんんまかいな・・・ラッキー!と合わせると手応え抜群の反応が・・・そして登場したのがスズキ61cm

クリックすると元のサイズで表示します

 もちろん、先ほど取り逃がしたコイチの大物とはいきませんが、これはこれで、ゆうたろうにとってはとてもありがたいスズキの大物。少しだけ気分をよくしてこのスズキを最後に納竿することに・・・
 
 結果、この釣行で、コイチで自己記録の53cmを頭に3匹の型物とスズキの60UPを3匹の大漁で、大物号数も合計3号UP。6度目の岡山釣行で初めて良い思いをさせていただきました。
 同居人も45cmUPのコイチを一匹と自己記録の60UPのスズキを一匹釣ってご満悦。そして、帰宅すると3日ほどかけてスズキとコイチを食べつくしました。造り・たたき・あぶり・しゃぶしゃぶ・ムニエル・てんぷら・西京漬けetc・・・もちろん、山の神も大満足。


 この釣行に気をよくしたゆうたろう・・・最後、残ったコイチ・スズキの各一匹を埋めるべくこの後、今季三度目の岡山釣行に挑戦。そして選んだのが、これまたお初の地方のポイント。とうぜん「◆岡山コイチ釣行B」ということになる予定だったのですが・・・結果は、完膚なきまでの大惨敗・・・OOHAZUREで、な〜んも書くことがありません。
 情けないかな、一晩釣って、アタリがあったのは、たった一度だけ・・・しかも、かなりの手ごたえを感じつつ足元まで寄せてきたものの浮かせにかかったところで、パンと竿が跳ね上がって針はずれ・・・銀色の大きなお魚が、体を反転させて深みに消えて終了。手応えから60cmを大きく超えるスズキの大物と思われますが・・・縁がなかったということで・・・がっくり。コイチはかすりさえしませんでした。
 ということで、残念ですが、残った一匹は来季に持ち越しということで今季の岡山コイチ釣行は、強制終了ということになりました。

 今季岡山コイチ釣行、色々ありましたが、それでも、ここまで駒を進めることができたのも、ふぐたろうさんやリスキーさんそして、イカプロさんなどの諸先輩からの最新の情報提供とアドバイスがあったればこそ、改めて心からの感謝!
 







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
3
タグ: 岡山 コイチ スズキ



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ