2016/3/2

石川能登島 イシガレイ 釣行記 2月17日  投げ釣り

石川能登島 イシガレイ 釣行記 2月17日 大潮

 今週は、いつどこへ釣行しようかといろいろ考えていると・・・突然、20年ぶりに和倉温泉への出張の日程が入ってきました。もちろん仕事ですが・・・和倉といえば能登島・・・となると渡りに船・・・当然ながらめったにいけない折角の能登路ですので、色々とよからぬことを考え始めます。(笑)
 20年前にも、一度、和倉へ仕事で行っていますが、当時のゆうたろうは、自分で言うのもなんですが、今のゆうたろうからは想像もできないくらいまじめで(?)・・・大阪を出て和倉に着くとバタバタと仕事をこなして、そのまま泊まらずにUタ〜ン。午前3時に帰阪して、また朝から大阪で仕事をする・・・などということをやっておりました。
 今から振り返れば、若いといいますか、ほんと余裕がないといいますか、自分でも不思議なくらい偏固で、休みでももらって能登でゆっくり釣りでもして来ればいいものをと思いますが・・・
 もちろん、今のゆうたろうは、反対されても仕事だけで和倉から帰ってくる気などこれっぽちもありません。(笑)当然のごとくお休みをいただく予定で・・・密かに仕込みを始めて調整し、結果、仕事と抱き合わせのお休みをしっかりと確保・・・初めての能登島釣行が実現する運びとなりました。
 ということで、家で和倉出張のために、能登島のポイントを調べたり、仕掛けの準備を進めていると投げ釣りを覚え始めた我が家の同居人が、突然、休みが取れるのでカレイ釣りに連れて行けとのたまうではありませんか・・・何を素人が!雪の中、お前には無理やろ〜といったんは拒否したものの横で話を聞いていた山の神の一撃で・・・ち〜ん!・・・有無を言わせず決着で、同居人も同行することに・・・ま、釣れない時の気晴らしにはなるかとあきらめることに・・・

 仕事当日は、残念ながら冬型気圧配置で日本海側は、当然ながら雪・・・しかも、一部では吹雪になっていて、緊張する運転の連続でしたが、何とか北陸道・能登有料道路を無事走破し、昼過ぎに20年ぶりの和倉温泉へ到着。すぐに、ホテルに同居人を置き去りにすると、必死で仕事をこなして、夜9時過ぎ、予定通り任務を終えて、仕事から解放されるといよいよ本命の・・・あれ?いえいえおまけの能登島釣行・・・再度同居人と合流し、ゆっくり温泉につかって翌日に備えます。

 いよいよ能登での釣行日・・・
 当日の天候は、朝までは雪ですが、徐々に回復して午後から晴れという天気予報。この時期の日本海側で、雪マークがつくのはやむをえないといいますか、ごく普通の天気で、実際、準備をして暗い内にホテルを出るとやはり雪が降り続いています。予想通りの展開に、覚悟を決めて、車をスタートし、ナビを頼りに雪積もる能登島大橋を渡って事前に下調べをしておいた目的のポイントに無事到着。
 夜明けまでまだ時間がありますので、駐車スペースに車を止めて明るくなるのを待っていると・・・突然の稲光が、そして、続けてド〜ンという車を震わすほど大きな雷鳴が・・・初めて遭遇する雪の雷に、とにかくビックリ!!後で、調べるといわゆる「雪起こし」といわれる現象で、冬の日本海では普通に起こる気象現象らしいのですが・・・
 初めて遭遇するゆうたろうはとにかくビックリ・・・こんなんで、釣りになるのかと雪降るまだ暗い空を見上げて、車から一歩も出られません。仕方なく、車の中で待機しつつ天候の回復を待っていると夜が明けすっかり明るくなった7時過ぎ、ようやく雲の切れ間から青空がわずかに覗きます。
 まだ小雪が舞っていますが、これならなんとか釣りになると意を決して同居人ともども表に出ると釣りを開始すべく荷物を担いで歩き始めます。目の前には、岸から10m位のところに消波ブロックが設置されていて、まともにいけば釣りにはなりませんが、ところどころ消波ブロックの切れ目があってそこから投げれそうです。
 一番広く釣りやすそうな場所に、同居人、次の少し短い切れ目にゆうたろうということで釣り座を決めて釣り始めます。小さいのはいらないと15号のカレイ針に青イソメを房掛けにして投入し雪降る中アタリを待っていると早速小さく竿先が、反応します。
 何が来たのかと巻いてくると現れたのは、25cmほどのイシガレイ・・・15号のカレイ針をものともせず房掛けの青イソメを丸のみ・・・元気やなと苦笑いでハリをはずすとそのまま放流。その後、4〜5枚の同サイズのイシガレイを釣って、次こそは大きいのがと期待しているとそこで、ピタッとアタリが止まります。
 雪降る中、やっぱりそう簡単には釣れないなと初めての釣り場で心細く思っているとしばらくして、一人の青年が道具を抱えてやってきます。
 声をかけさせていただいたゆうたろう・・・青年が、能登島をよく知る投げ釣り愛好家ということがわかると失礼を顧みず機関銃のように質問攻め・・・今頃の能登島の釣況やポイントなどなど・・・すると一つ一つ丁寧に答えていただき、加えて、このポイントでの投点やねらい目なども教えていただきました。更に、今日はここできっと釣れますよ!悪くない選択だと思いますというお言葉をいただき、先ほどまで心細い思いをしていたゆうたろうほっと胸をなでおろして、よしがんばるぞと釣りに集中します。
 しかし、そこから1時間、2時間、と経過しても、状況は変わらず、さっぱり・・・ゆうたろうのさらに奥の消波ブロックのないところで釣り座を構えて釣り始めた先ほどの青年ももう一つのようで、不思議ですね、いいと思ったのですが、何故か今日は型が小さくもう一つパッとしませんね、といいつつ一発大物狙いでポイントを変更するということで移動されることに・・・
 この青年、お名前を聞きませんでしたが、とても良い方でいやな顔一つせずゆうたろうの質問に一つ一つ丁寧に答えてくれたばかりか、別れ際に、実はサ○ラインのフィールドテスターをしていますと今年のカタログとステッカーまでいただきました。
 雪降る能登島でのサプライズといいますか、初めての釣り場で心細い思いをするゆうたろうにとって、これ以上ないくらい親切丁寧に対応いただき、感謝以外の言葉がありません。この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 実績ある方が去っていったあと、急速に自信を喪失しますが、初釣行で、転戦するポイントも聞いた話ばかりで実績がないだけに、正直移動する気も起りません。とりあえず、カレイは腰で釣る?とかいうことわざもあったことですし、好青年の今日はいいはずだという朝の言葉にかすかな望みを託して、このポイントで粘ることにして釣り続けます。

 引き続きしばらく何事もない時間が経過しますが、お昼を回ったころから天候が徐々に回復し、天気予報どおり少しずつ青空がのぞき始めると・・・小さいながらもポツリポツリとアタリが出始めます。最初は、相変わらずの薄っぺらい、寸たらのイシガレイでしたが、その後少しましなアタリが出て、初めてギリギリですが、30cmのイシガレイが登場。

クリックすると元のサイズで表示します

 ペラペラですが、一応型物・・・複雑な気持ちながら遠路、能登まで来てやっと手に入れた一枚の型物に、正直ほっとします。
 そこから、全体に小ぶりとはいえ、思いついたように型物のイシガレイがぽつりぽつりと釣れ続き、最終的には、夕方の納竿までに型物イシガレイ10枚をキープ最大は、大きく竿先を抑え込む元気なあたりで登場した37cmのイシガレイで、ひょっとしてとかすかに期待した40cmを超えるイシガレイは、残念ながらこの日、顔を見せてくれませんでした。
 それでも、初めての能登島釣行で、しかも朝一の雷や降雪で午前中全然だったことを考えると結果は、上々の出来で、こういう仕事も悪くないなと一応納得で終了。(笑)同居人も人生初の30UPのカレイを釣ってにんまりでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


 帰宅すると当然、いつものごとくイシガレイ尽くしとなるところですが・・・
 さばき始めて呆然・・・この時期のイシガレイは、ほんとにガリガリで、37cmのサイズでもお造りとして取れる身はわずか・・・混じって釣れた27cmほどのマコガレイの身と変わらないほどで・・・当然食味ももう一つ・・・ということで、ちょっとがっくり・・・
 それでも、新鮮な白身のお造りですので、お造りとてんぷらとにぎり寿司でいただきました。
 あとは、すべて、煮つけ、から揚げ、一夜干しで・・・もちろん、身はペラペラということで骨ごと食べられるから揚げが一番でしたが、意外と一夜干しもおいしくいただけました。









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2



2016/3/5  12:54

投稿者:ゆうたろう

半世紀中年さん こんにちは
おいしくても、まずくても40cmUPやったらゆうたろうは、何の文句もありません。はい!(笑
是非、今季もご指南よろしくお願いいたします。

2016/3/5  12:39

投稿者:ゆうたろう

かん太さん こんにちは
来週末いいですね〜
気温もぬくぬくになってカレイも体力を盛り返しているのでは・・・
ゆうたろうはダメでしたが、40UPも時には釣れているようですので、大きなもりもりのカレイが釣れることを期待しております。
「わくわく煙樹ヶ浜」絶好調ですので、きっとめぐりあわせもいいのでは・・・釣行記期待しております。


2016/3/3  12:03

投稿者:半世紀中年 

雪の中お疲れさまでした。

イシカレイは痩せてましたかぁ。例年釣行するところのマコは3月中程になると体長40程で身厚も2センチを超えてきますけれど、どーも食味に欠けてるようなぁ〜。なんだかねぇ〜。煮漬けると柔らかいんですよね。
まだ能登島のカレイのほうが美味しいような気がします。

2016/3/3  11:49

投稿者:かん太

カレイの大釣り良かったですね!俺も来週末に予定していますが、ちょっとのずれで釣果が左右するので心配です。ガリガリの石カレイはしかたないですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ