2016/2/14

鳥羽 アイナメ 釣行記 2月3日  投げ釣り

鳥羽 アイナメ 釣行記 2月3日 長潮

 前回、串本カワハギ釣行の後、活けカワハギのお寿司を満足そうにほおばりながら、我が家の山の神が、ぽつりと一言・・・

 カワハギもおいしいけど、やっぱり、次はこの時期らしい冬のお魚・・・アイナメかな・・・

 はあ〜?・・・と訳わからん返事で、無駄な抵抗をしつつ・・・心の中で、そんな簡単に狙いのお魚がポンポン釣れるかい!とつぶやきますが・・・結局は、無言の圧力に屈して山の神の指示に従うことに・・・
 う〜ん!?・・・何とも情けない話ですが、アイナメの活けは、まだ一度もお持ち帰りしてなかったことを思い出し、これはこれでいい機会かなと自分でも納得(笑)

 さて、問題はどこへ行くかですが、大小を問わず確実にものにできるという確率から行けば、西より東かなということでやはり定番の鳥羽を選択。
 鳥羽で一晩釣ればまさかOOHAZUREをひくこともないはずで、しかも、この日の長潮という釣りやすい条件を考えると、特別大きなものは無理でも、複数のアイナメの大物を確保し、念願の活けでのアイナメのお持ち帰りもかなり現実味を帯びてきます。ま、この時点でいつものとおりゆうたろうの頭の中では、活けのアイナメがぐるぐる・・・
 もちろん、これもあくまでゆうたろうのいつもの妄想といいますか、何の根拠もない超いい加減な判断で、実際は、あくまで釣れる釣れないは時の運、釣ってみないとわからないというのが真実ですが・・・それでも、現実を見るまでの釣行前のこのひと時が、実はアドレナリンでまくりでとても楽しいんですよね〜(笑)

 
 夕方早めに仕事を片付けると直帰の連絡を入れて、そのまま南港経由でエサを仕入れて鳥羽へ。何の障害もなく、スムーズに西名阪、伊勢自動車道と乗り継いで、現地鳥羽のポイントに着いたのが、6時半過ぎ。午後8時半が干潮で、下げの潮どまりですので、おそらくそこが最大のチャンスと予想しての現地入りです。
 早速、潮が緩む前に投入を終えるため、急いで準備を進めると、順次すべての竿をここぞと思うポイントに投入。やはりまだ、下げがきつく、投入した仕掛けは落ち着くことなく右に流されていきますが、それでも長潮ですので、止まらないということもなく少し流されると根に持たれて竿先を軽く曲げた状態で止まります。
 すぐに潮が緩み始めて、絶好の時合いが訪れるはずと闇夜に浮かぶ穂先ライトを見ていると一本の竿に、早速アタリがでて、小さく竿先を揺らします。しかし、軽く煽って期待を込めて巻いてくると・・・登場したのは、良型のアナゴ!?・・・が・っ・く・り・です。
 ま、こういうこともあると気を取り直して投げ返しているとしばらくして、潮が緩み始めます。投入した仕掛けが、ほとんど流されなくなってきて、さあ、アタリが出るぞと見ていると・・・絵に描いたといいますか、予想通りといいますか、突然、一本の竿にガンガンガンと大きなアタリが出ます。竿先を激しくたたくアタリに、今度こそ、本命のアイナメに間違いないと期待を込めて巻き始めるとゴン・・・ゴンと頭を振るようなアイナメ特有の手ごたえが・・・
 よしこれは間違いないとますます期待が高まる中、やがて水面に姿を現したのは・・・

 全く想定していなかったお魚・・・チヌ・・・いわゆるクロダイです。
 
 これまた、がっくり!?で、なんやお前かと落胆しつつ抜き上げたのは・・・36cmのクロダイ。

クリックすると元のサイズで表示します

 絶好の時合いにもかかわらず、出るアタリは、アナゴに、クロダイと外道のオンパレード。その後も2度ほどアタリを拾いましたが、どちらもアナゴで、結局、本命のアイナメにはめぐり合うことなく下げの潮どまりが終了。ゆっくりと潮が上げに転じて錘が流され始めます。
 こうなると気分はブルー。
 日没直後の下げの潮どまりという折角の好時合いにアイナメを外すということは、今までにないことで、次の午前2時半の満潮の潮どまりのチャンスが残っているとはいえ、限りなくOOHAZUREを引く可能性が高まります。
 このくそ寒い中、わざわざ夜釣りまでして狙っているのにアイナメ撃沈では、洒落にもならんなと思いつつ、予定変更して半夜で釣れなければ早上がりでもと半ばあきらめ気分で撤収のことを考えていると・・・
 潮が流れ始めて先ほどからゆっくりと波打つように揺れていた右側の竿先が一瞬止まってコンと動いたような・・・
 ん!?・・・アタリ?・・・と半信半疑で見つめているとすぐ直後に、ググッと竿先が入りました。来た!と思いつつ竿を煽って巻き始めるとゴンゴンとかすかな抵抗が伝わってきます。
 今度こそはアイナメ・・・であってくれ!?頼む〜!!・・・拝むような気持ちでしゃにむに巻いてくると・・・果たして現れたのは・・・待ちに待った本命のアイナメ34cm。

クリックすると元のサイズで表示します

 やっぱりおるやん!!
 下げ止まりの時合い終了で、あきらめかけたところでやっと釣れたアイナメに、正直ほっとするやらうれしいやらで、早速、ハリスを切って丁重にスカリに入れてキープ。
 
 さらにさらに釣れる時はこんなもんといいますか・・・
 この直後に、近投の捨て竿にアタリが出て、ギリポンですが、30cmちょうどのアイナメを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後は、更に流れがきつくなってアタリが遠のきますが、この2匹のアイナメが釣れたことで気分一新。先ほどまで、もうあかんと撤収を考えていたゆうたろうはどこへやら・・・次は、2時半の満潮の潮変わりやなと態度を一変・・・ほんといい加減といいますか、現金といいますか・・・
 そうなると寒さも何のその、真冬の夜釣りにもかかわらず、さっきまでぼやいていた同じ口からお月さんがきれいやななどという言葉がぽろっと出てきて・・・なんのこっちゃ!?アタリのない時間帯も黙々と乗り越えていきます。 
 
 そして迎えた、2時半の満潮の潮変わり・・・結果は、1匹か2匹のアイナメの型物の追加は、可能性大やなというゆうたろうの予想を乗り越えて・・・

 まず最初に、緩みかけた2時過ぎ。ガンガンのアタリで登場したのはアタリと不釣り合いの30cmのアイナメ

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、この直後、時合いとはこんなもんといわんばかりに、立て続けにアタリが出て、32cm、33cmの2匹のアイナメを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、更に、この後、一旦アタリが止まったものの、しばらくして、潮が下げに転じて動き出した直後に、この日最長寸のアイナメ36cmが登場。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 この後、しばらく粘ったものの潮の流れがきつくなって、アタリもなくなり納得の納竿、終了。
 
 山の神に突き動かされた今回釣行、最初は、いったいどうなるのかと心配したものの終わってみれば、全体に小ぶりとはいえ30cmUPのアイナメ6匹とクロダイの型物1匹の大漁。しかも、初期の目標の活けのアイナメを4匹お持ち帰りで、この時期の釣りとしては最高の結果に・・・

 もちろん、帰宅すると活けのアイナメをメインに、お造り・あぶり・ムニエル・てんぷら、そして、最近の我が家の定番・握り寿司と・・・アイナメのフルコースを堪能・・・さらにアイナメの一夜干しにも挑戦で、アイナメを食べつくしました。
 もちろん、山の神をはじめ我が家の同居人と一匹は、文句があろうはずもなく・・・大満足!!

 今も変わらずアイナメを育む鳥羽の海と・・・ふぐたろうさんに感謝!?











にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2
タグ: 鳥羽 アイナメ 活け



2016/2/20  9:33

投稿者:ゆうたろう

半世紀中年さん こんにちは
冬眠明けの能登半島ですか!?いいですね〜
でっかい50UPのアイナメや
40UPのマコガレイ
35UPのホッケetc・・・実績抜群でうらやましい限りです。
実は、この2月にゆうたろうも仕事で和倉に行ってきました。もちろんあくまで仕事です・・・が・・・ちょこっとだけ初めて能登島を見てきました。
結果は・・・あくまで仕事ですし、見てきただけですから・・・あは、は、は、・・・は〜
大きいのはなかなか釣れませんね
条件が許せば、能登島・・・連れていってください。(笑

2016/2/18  12:33

投稿者:半世紀中年 冬眠中 

こんにちわー

こんどは鳥羽ですか、伊勢湾はこの時期風くて

寒いですよねー。

でも大漁でほんまに素晴らしいですね。

 ワテは3月中後半の能登半島でアイナメ、

縞ホッケ、カレイ、マハゼ狙いからはじめましょ

うかねぇ。狙うだけで中々釣れてくれませんけ

れどww・・・・・

2016/2/15  23:27

投稿者:のっぽ

お返事ありがとうございます_(..)_いやぁアイナメは全くです。投げ釣り30年やっててポン1匹ですからねぇ(T_T)自分には鬼門のお魚です。

2016/2/15  17:42

投稿者:ゆうたろう

ハンシマンノンさん こんにちは
いつもありがとうございます。
3月後半OKですよぜひ行きましょう!!
それまで、お忙しいと思いますがぜひ頑張ってください。

2016/2/15  17:39

投稿者:ゆうたろう

のっぽさん ご無沙汰です。
そしてコメントありがとうございます。
過去には、一晩鼻水たらしながら頑張って撃沈を食らったことが何度もあります。(笑)
今回はたまたまで、運が良かったといいますかいいめぐりあわせで、正直釣りの神様に感謝しております。長いこと釣りをしているとたま〜にこういうことがありますよね〜
のっぽさんにもきっとその内アイナメとのいいめぐりあわせが必ず訪れると思いますよ〜

2016/2/15  17:07

投稿者:ゆうたろう

かん太さん こんにちは!
かん太さんも冬眠中なんですね〜
だからですか?最近の「わくわく煙樹ヶ浜」の怒涛の更新!!
次から次へと面白い連載がよくも続くなと感心しながら、とても楽しみに拝見させていただいております。
時には納得しながら、時にはぷっと笑いながら・・・


2016/2/15  17:04

投稿者:ハンシマンノン

ご無沙汰です アイナメの大漁おめでとう
島に渡らず、この釣果は出来すぎです 三月後半にお誘いよろしくです

2016/2/14  22:19

投稿者:のっぽ

凄いですね。自分はアイナメと相性悪いです。大漁おめでとうございます。

2016/2/14  20:02

投稿者:かん太

いつもながらの素晴らしい釣果ですね!アイナメは釣っても食べても楽しめるお魚ですので本当にいいですよね。私はまだ冬眠中です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ