2015/3/9

鳥羽 アイナメ 釣行記 PART3  投げ釣り

鳥羽 アイナメ 釣行記  PART 2月17日 大潮

 2週連続でアイナメの好釣、かつ先週は、3時間ほどで4匹の型物アイナメを釣りあげ、一晩釣ったらどうなるのだろうというような経験をしたゆうたろう・・・基本的に単純といいますか、ワンパタ〜ンと言いますか、何〜んも考えないゆうたろうの性格から導き出された答えは、一つ・・・・ならば、一晩釣ってみるか〜!
 ということで、次の釣行も、当然ながら鳥羽を目指してアイナメ狙い・・・アイナメがポンポンで、更には、そろそろでっかい一匹も混ざったりなどと妄想に磨きがかかって・・・しかし、そんなに世の中甘くないというのがこういう時の定番で・・・痛い思いを経験しないと納得できない肉体派のゆうたろう。結果を顧みず三度(みたび)鳥羽を目指します。

 いつものごとく、南港でエサを仕入れて現地鳥羽の地方のポイントに着いたのが、夜の7時過ぎ。早速準備をして順次思うポイントに大きなエサを付けて、仕掛けを投入していきますが、この日は大潮ということもあって、30号の重りが大きく波打ってみるみる流され、思うところに止まりません。
 ようやく止まると結構な確率で根掛かり・・・そして、仕掛けが飛ばされます。たとえ回収しても、針先が鈍っていたりで、結局、毎回のように針や仕掛けの交換を余儀なくされ、スタートから大忙し・・・それでも、大きなアイナメが、ポンポンとたくさん釣れれば、そんな苦労もへのカッパ!ゆうたろうとしては、いつになく小まめに対応し、真剣に釣り続けます。
 ところが、釣り始めて1時間、2時間・・・いくら真剣に釣り続けても、穂先ライトは、静かに大きく上下するだけで、いつまでたってもポンポンポン?どころかポンもない状態で、あっという間に3時間が経過
 そんなことないやろ、先週は、釣り始めて3時間でポンポンポンと4匹のアイナメの型物が釣れたのに、な、なんでやねん!・・・ついにいつものボヤキが出てきますが、いくらぼやいてみても結果が変わるわけもなく・・・真っ暗な波止に一人たたずんでいると真冬の寒さが身に沁みて、4-0の完封負けが脳裏をよぎります。
 ようやく竿先が変化したのは、潮が緩み始めた11時過ぎ。クンクンと竿先が小さく入ってあわせると手ごたえが・・・よし!やっと来た!と喜び勇んで巻いてくると登場したのは良型のアナゴ・・・がっくり!なんでやねん!!とまたまたぼやくのが精いっぱい。
 それでも、釣り始めて4時間、生物反応があったという事で待っているとやっとそれらしいアタリで、竿先が叩かれます。今度こそと巻いてくるとはたして、登場したのは・・・期待のアイナメ!慎重に抜きあげ計測すると34cm

クリックすると元のサイズで表示します

 やっと登場した1ポンに、ほっとするとともに、さあ、これからと潮止まりの時合に期待しましたが、意に反して、その後再び竿先が震える事もなく、潮止まりが終了。ゆっくり流れ始めたところで、ぽっきりと心が折れて、転身を決意。3時間で、4匹やから一晩つったらは、結果一匹。浅はかなゆうたろうの考えることは、ま、こんなもんという事で、撤収を始めると一本の竿にアタリもなく手ごたえが・・・ん?なに?とみているとなんと・・・アイナメ。居食いのアイナメなんてびっくりですが、一応型物の32cmで、まさにラッキー!

クリックすると元のサイズで表示します

 ここで動揺したゆうたろう、悩んだ挙句、やっぱりここで粘ることに・・・結果は夜明け前の潮止まりに、ガンガンガンのあたりでアイナメ34cmを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

 先週のアイナメ釣果に、一晩釣ったら何匹釣れるんや!?などと自らの妄想に引きずられ釣行したゆうたろうですが、前回とは打って変わっての激渋に、当初のアイナメポンポンの自信はどこへやら、一時はもうアカン!と転進を決め込んだものの、片づけ始めた竿にたまたま付いていた居食いのアイナメに助けられ、終わってみれば小振りながらも型物アイナメ3匹の釣果に・・・。
 3時間で4匹・・・一晩で3匹?・・・なぜか計算が合いませんが、そこはいい加減なゆうたろうの妄想のなせるわざ、これはこれでゆうたろう的には合っていると言いますか・・・何の文句もない釣果で、万々歳。十分納得の納竿終了となりました。あはは、は、は、・・・なんのこっちゃ!?

 帰宅後は、もちろん、アイナメ尽くし!

 
 実は、今回釣行には、没にしようかと思った続編がありまして・・・

 う〜ん!?一晩で3匹・・・なんでやねん!と思いあがったゆうたろうが、この釣行の後に出した結論は、潮が悪かったからや!!?小さな潮で釣れば今度こそポンポンポンとアイナメの山が・・・
 ここまで来ると妄想を通り過ぎて、もう暴走としか言いようがない状態で、手が付けられません。ということで、止める手だてもなくアクセル全開で、翌週、またまたしつこく鳥羽へ。
 そして、潮の動きが緩やかで、はるかに釣りやすい小潮を選択して、自信満々で一晩奮闘した結果は・・・投げれど投げれど、帰ってくるのは、相変わらずの根掛かりと型のいいアナゴのみで・・・一晩、10時間の奮闘むなしく釣果は、ゼロ!
 OOHAZURE確定で、ぼろ雑巾のようになったゆうたろう、疲れる体にムチ打って撤収納竿のために竿を片付けていると・・・手ごたえが?・・・そしてアタリのないまま現れたのは、まさにこれぞお情けのアイナメ36cm
 
クリックすると元のサイズで表示します

 幸運が残っていたと言いますか、あげたらついていたアイナメに、最後の最後にかすかな救いをいただいたゆうたろうですが、ほぼOOHAZURE状態に変わりもなく、疲れる体を引きずって帰宅の途に。
 たまたま、まぐれで釣れた釣果に舞い上がり、性懲りもなく、自分の妄想を爆発させて、しつこく鳥羽へ足を運んだ結果は、行けば行くほど釣れなくなって・・・疲れました。

 え〜い!何がポンポンポンや!!しばらく鳥羽にはいったらへんわい!!

 なんのこっちゃ!!





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2
タグ: アイナメ ポン 鳥羽



2015/3/10  10:04

投稿者:ゆうたろう

かん太さん こんにちは
巡り合わせがいいと言いますか、何とか幸運にもOOHAZUREを回避させていただいております。
 もちろん、た・ま・た・まですが(笑)
 今週末、かん太さんも出撃予定とのこと。アイナメ?それともそろそろカレイもいいかもしれませんね!?良い巡り合わせをお祈りしております。釣行記楽しみにしております。

2015/3/9  17:19

投稿者:かん太

お疲れさまです、それにしても毎回ランク物をゲットされているのはさすがです。私などは出会い頭のラッキーしか無理かも。今週末は俺もどっかでがんばってきます!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ