2015/2/15

2015年1月釣行記  投げ釣り

2015年1月釣行記

 仕事が大きなヤマを越したということで、年末にぽつんといただいた貴重なお休み。久しぶりの休日だから、ゆっくり身体を休めたらという山の神の超〜優しい忠告に、ゆっくりのんびり釣ってくるわと答えて釣行を強行再開しゆうたろうですが・・・

@ 串本・熊野 カワハギ 釣行記(1月3日)
 ほぼ2カ月弱、机にしがみつき早朝から夜遅くまで仕事漬けの毎日でしたので、とりあえずのんびりとおいしい肝パンのカワハギでも堪能しようかと釣行再開にあたって最初に選んだのが串本。
 この時期なら特別大きなものさえ期待しなければ、良型のカワハギは確実で、ポイントに入ることさえできれば、絶対にはずすこともなくお土産確実、かつのんびり一日遊べると自信満々でスタートを切りましたが・・・
 予想に反して朝の時合は、反応なし。急に冷え込んだせいかなと思いつつ、日が高くなれば一気に活性が高まってドンと来るはずと投げ続けますが・・・いつまでたってもそのドンがやってきません。そんなはずはないとむきになってその後も遠近投げ続けますが、1時間、2時間、3時間と反応がないまま、どんどん時間だけが経過し、気が付くといつの間にかエサが底をつき、釣果を見ないまま納竿時間が・・・
 2か月ぶりの釣行で、絶対に外したくないと選択したテッパンの串本で、まさかまさかのOOHAZURE!!かすりもせず、な〜んもなしの完璧な撃沈に、腹を立てる気力もなく傷心の帰宅・・・この日の山の神は、結果を察知したのか、はたまた鋭く予知したのか、帰宅後何事もなかったかのごとく沈黙・・・

 ならば今度こそは絶対に間違いないとハンシマンノンさんとの恒例の正月釣行に選んだのが、熊野。こちらは水深もあって、寒さに強く、最も寒い2月でも十分カワハギが狙えるところということで、今度こそテッパン!間違いないはずとこれまた自信満々で臨んだ結果は・・・これまた激渋
 流石に、かすりもしないという訳でもなくカワハギのアタリがあるのはあるのですが、30cmクラスのデカフグが湧いていて連発する中l、思い出したころにぽつんと22〜3cmのカワハギが登場するというような状況で、終わってみれば、26cmぎりぎりのカワハギを一匹釣るのが精いっぱいで、ほぼ撃沈状態。

クリックすると元のサイズで表示します

 久々の釣行再開に、投げ釣りの神様は優しくない!と自らの力のなさを棚に上げて、ぼやくゆうたろうですが何か!?う〜ん・・・投げ釣りはやっぱり難しい!


A 鳥羽・鳴門 アイナメ 釣行記
 1月に入ってもあまり思うように、お休みが取れませんが、釣果も今一つということで、それはそれでいいかなと思っていると突然予想外の午前半休が転がり込んできました。
 前回のこともあったので山の神の言う通り体を休めることも大事かなとも一瞬考えましたが、いやいや、ここはやっぱり行かなければ絶対に釣れないなどと、投げ釣り大好き人間の勝手な屁理屈を自分に言い聞かせて、深夜0時過ぎまでの半夜釣行を強行。狙いは、この時期の定番のアイナメ、そして、アイナメといえばもちろん釣行場所は鳥羽!昨年の記憶を頼りに、1ポンぐらいは何とかなるだろうと釣行した結果は・・・

 仕事を終えるとエサを仕入れて一路鳥羽へ。予定どおり午後7時半過ぎに現地に到着すると早速準備をして第一投。することもないので誘いをかけていると今まさに誘ったばかりの竿に、な、なんと突然の大アタリ!!ブルッブルッと動いたと思った次の瞬間、ガンガングッグーと一気に竿先が入って竿尻が・・・あわてて竿を手に持ち、必至でがむしゃらに巻き取った結果は、思いもよらない久々の40UPのアイナメ

クリックすると元のサイズで表示します

 一投目から大物アイナメの釣果に、気を良くしたゆうたろう、今夜はいったいこの後何ポン釣れるのかな!?などと舞い上がったゆうたろう、納竿時間までの5時間ほど真剣に竿を振りつづけましたが・・・終わってみれば予想通りのスミ一終了。世の中そんなに甘くはありません。
 もちろん、何の反応もなかったというわけではありませんが、何度かアイナメらしい激しいアタリがあり、期待を込めて対応しましたが、何故か全て、スカ!針に乗らなかったり、根掛かりだったりで、結果は出会い頭のアイナメ一匹。
 もちろん、たった一匹とはいえ久々の40UPのアイナメに、文句はありませんが・・・ほんまヘタッピといいますか、期待が大きかっただけに、逆にストレスが溜まる釣行に・・・

 翌週、久々に週一お休みが確定。先週の1ポンのリベンジと釣行計画を立て始めますが、残念ながら天気予報では微妙に雨の予報が近づいています。
 ということで鳥羽を断念し、唯一曇りの予報が出ていた鳴門方面に釣行場所を決定。もちろんこの時期の鳴門といえば、やはり狙いはアイナメ。そして、今日こそは、ポンポンポンとアイナメ釣ってなどとまたまた妄想を駆り立てて鳴門岡崎で竿を出したのが深夜0時過ぎ。
 潮は、満ち潮で仕掛けがあっという間に左に流されていきます。ま、夜中は、期待薄でも、明け方の潮どまりで、ポンポンとアタリがでてなどと妄想たくましく竿先をぼんやりと見ているとゴンゴンと流されていた竿先が、微妙に変化しました。おそらくアタリと思い巻き取ってっくると仕掛けの先について上がってきたのはアイナメ。微妙な大きさですが、メジャーをあてるとギリポン!30cmちょうどのアイナメラッキーです!

クリックすると元のサイズで表示します

 ぎりぎりとはいえこの激流の中での一匹、これは、明け方の潮どまりに益々期待ができると気持ちが高まりますが、この頃から予報に反して空から冷たいものが舞いだします。ん?雪?予報は曇りですので、一時的なものと気にもせず釣り続けますが、一時的なものどころか次第に本降りに・・・しかも、本降りになるにしたがって雪から雨に変わって辺りを濡らし始めます。
 真冬の雨の夜釣りはとても耐えられないということで、ここで続行を断念・・・なんでやねん天気予報のうそつき!とつぶやきながら結局1ポンのまま、朝の時合を待たずして帰宅の途に着くことに。
 2匹目の型物が釣れない症状は深刻で、釣り方を忘れてしまいそうです(笑)  


B ムコナール キチヌ 釣行記
 毎度毎度、妄想をふくらませては、つぶされる釣行の連続の中で、心をいやしてくれたのが、ムコナール。シーズン初めということで数こそ出ませんが、手近で確実、かつ短時間で激しい手応えを味わえるのは、やはりすぐれもの・・・
 この1月によく使わせていただきました。感謝!!

12月30日 38cm、41cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1月 8日 38cm
クリックすると元のサイズで表示します

1月21日 36cm、37cm、38cm、36cm、41cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1月29日 40cm
クリックすると元のサイズで表示します





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ