2014/7/17

熊野 カワハギ +新淀キチヌ 釣行記  投げ釣り

熊野 カワハギ +新淀キチヌ 釣行記 
6月24日 中潮

 前回釣行から2週間、天候や仕事の段取りもあって、基本的に週一釣行はお休みということで、相変らず仕事中心のパタパタとした時間を過ごしました。
 とはいえ、な〜んもなしで、ハイそうですかと2週間おとなしく引き下がっているゆうたろうのはずもなく・・・例のごとく、苦しい時のヨドコーワ・・・梅雨空の合間をぬって短時間、コソ行き新淀川釣行を何度か試みた結果は・・・

 一度目は、夕間詰に3時間ほどで4匹のキチヌに遊んでいただきました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 二度目は、朝間詰に3〜4時間ほどこれまた4匹のキチヌに相手をしてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 そして、三度目は、夕間詰に3時間ほど・・・この日は、絶不調で、小さいアタリがあるにもかかわらず投げれども投げれども何故かキチヌは乗ってくれません。危うくOOHAZUREを引くところでしたが、ぎりぎり最後に、これまたぎりぎり30cm丁度のキチヌが、登場して、なんとかOOHAZUREを回避・・・キチヌとはいえやっぱり自然相手は難しい・・・
クリックすると元のサイズで表示します


 今回のこそ行きヨドコーワ処方では、釣果以外に、ちょっとうれしい出来事が・・・
 二度目の釣行の際、偶然先に入られていたキャスターの方が、帰り際に声をかけていただきました。遠目で、釣っているときは、全く分からなかったのですが、こちらに歩いてこられるところで、やっとわかってあわてました。大先輩のス◯ッパーズの栗◯さんです!
 本来ならこちらから声を掛けなければならないところですが、一歩後れを取ってしまいました。それでも、遅ればせながらご挨拶をさせていただくと・・・栗◯さんは何事もなかったように気さくに色々とお話をいただきました。
 しかも、新淀川のポイント解説や、先月釣行された北海道遠征のお話などなど、そのお話の内容は、長年積み上げた実績に裏打ちされた極めて興味深いもので・・・気が付くと1時間ほどもその場で釣り談義に花を咲かせてしまいました。ほんとお世話になりありがとうございました。改めてこの場をお借りしてお礼申し上げます。


 さて、2週間ほどのんびりと新淀川で遊んだあとは、どこへ行こうかといろいろ検討したものの・・・梅雨入り後ということで、釣行予定日の天候がもう一つパッとしません。ということで、今回ご一緒する予定のリスキーさんと相談した結果、最も天候が安定し、雨を回避できそうな釣行場所ということで、数少ない選択肢の中で残ったのは・・・毎度毎度の熊野!?
 実は、先週も熊野に釣行されているリスキーさんですが、そのときの結果は、イカも含めてもう一つぱっとしない釣果だったようで、今回は、北へと強く希望していたのですが・・・残念ながら降る雨には勝てません。
 
 当日は、ゆうたろうに、夜のお仕事が急遽入ったこともあって、リスキーさんと合流したのが午後11時半過ぎとかなり遅い目。少しでも仮眠を取りたいと急いで車を走らせ、目的の熊野に着いたのが午前2時半過ぎ・・・ということで、何とか2時間弱の貴重な仮眠を確保。ところが、仮眠を取って朝、目を覚ますと・・・
 な、な、なんと外は雨・・・がっくりです。
 まだ、本降りとはいきませんし、ぱらぱら程度とはいえ、確実に波止の上を濡らし始めています。降水確率0を信じて、雨を避けて熊野を選択したのに!・・・といくら愚痴ってみても雨が止むわけもなく・・・まして、雨だからと今更おめおめと帰ることもできず、やむなく準備を始めます。ところが、いつもバッグに入れていたはずのカッパが・・・ズボンしか出てきません。てっきり雨が降らないと想定して、いいかげんに準備した付けと言いますかどうもカッパの上着をを忘れたようで・・・恥ずかしながらリスキーさんに予備のカッパを借りて船に乗り込むことに・・・恨めしそうに空を見上げますが、空はどんよりと曇っていてすぐにやみそうな気配はありません。
 まさに踏んだり蹴ったり、再悪なスタートですが、あきらめるしかありません。ぱらぱらと降り続く雨の中、覚悟を決めて渡礁すると、リスキーさんが右で、ゆうたろうが左と例のごとく二手に分かれて準備を開始します。
 そして、セットできた竿から順番に全ての竿をここぞと思うポイントに投入し、アタリを待ちますが・・・さすがといいますか、やはりといいますか、最初に動いたのは、今回もやっぱり、リスキーさん!
 早速、アタリを取ったようで、前に出て巻き始めます。暫くして慎重に抜きあげたのは、遠目にもはっきりとそれと分かる大きなキュウセン。先週、同じポイントでもう一つだったリスキーさんですが、この日は、なかなか好調な滑り出しで、その後も順調に竿を曲げ、キュウセンに続いて、抜きあげたのは、これまた、それと分かるカワハギの型物・・・狙いどおりのお魚を次々に追加していきます。
 ならばゆうたろうもと竿先をにらみ、時に竿を煽って誘うなど小まめに対応しますが・・・何故かこの日は・・・も(?)さっぱり。好調なリスキーさんとは目と鼻の先、さほど離れていないところで竿を出しているにもかかわらずゆうたろうの竿先は、全く静かなもの・・・動きません。
 雨は降るは、アタリはないはと気分は最低!ボヤキの一つも出てきそうですが・・・ここで、ただ一つ良いことが・・・この頃から、どんよりと曇っていた雨空に、徐々に薄日が差してきて、まもなく幸運にも雨が上がります。
 ほっとするとともに、ゆうたろうも気持ちを切り替えて、リスキーさんに負けじと、元気よく打ち返しを始めますが、前回に増して何故かこの日は、絶不調・・・まさに実力全開!!
 たまに釣れてくるのは小さなカワハギのみ。何度かあった大きなキュウセンの激しいアタリは、ことごとく見事にスカを引く始末で・・・やっと激しいアタリを拾って今度こそと思っていると現れたのは22〜23cm大きな赤ベラ・・・更に、この重量感はと期待すると今度は「口あけ」ガシラやでっかいイソベラ・・・ウ〜ン、ガックリ!の連続でどうにもなりません。
 その後も、手を抜くことなく、最後まで、真面目に投げ返しを続けましたが・・・

 終わってみれば、この日の唯一の釣果が、あきらめきれずにといいますか、惰性でといいますか、最後までしつこく誘い続けた竿に、たまたまお情けで大きなアタリを送ってくれたカワハギ29cm一匹のみ・・・ほぼ完敗です。

クリックすると元のサイズで表示します

 それに引き換え、リスキーさんは、先週不調だったことが嘘のように28cmUPを頭にキュウセンの型物3枚と28cmUPのカワハギ2枚、そして良型のメイチダイが2枚・・・ほんとよく釣ります。しかも、やさしいリスキーさんですから、港に戻ると・・・ど貧果のゆうたろうにメイチダイ1枚をどうですかとさし出してくれました。
 も、もちろん、断る理由もあるはずもなく、厚かましくも間髪入れずにお礼を言ってありがたく手を出したゆうたろう・・・ほぼハズレに近い釣果にもかかわらず、何故か帰りはニッコニコ(笑
 帰宅すると早速、今季初のメイチダイをお造りに・・・ほんと不思議ですが、メイチダイはこの時期、真っ白な脂肪をお腹に抱えていて、程よく脂の乗ったお造りは、まさに絶品!美味いの一言・・・やっぱり良いですね〜!リスキーさんに感謝!
 ウ〜ン情けない・・・次こそは、自分で釣らなければ・・・
 

 





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2



2014/7/20  9:27

投稿者:ゆうたろう

こんにちは〜
すいません昨日は出張で・・・もちろん仕事でっせ(笑
ゆうたろう、この世界では、超新人で、まだまだ勉強中ということで、未熟なりに立てた今年の年間目標もあって、近場で相手してくれるお魚がいれば喜んでお相手させていただいております。
 ということで、半世紀中年さんと違ってぜんぜんすごくないのですが、少しでも近づけるようがんばりますので、またまたご指南よろしくお願いいたします。HAZUREも修行の内と思っております。(笑

2014/7/18  21:41

投稿者:半世紀中年

こんばんわー
メイチダイって美味しいんですかね?
どんな味か判らないくらい、遥か昔に周参見で1匹釣っています。

でもゆうたろうさんの馬力は凄いですね。お休みは全て釣りに行ってはるんでしょうか??
ほんま、凄いっす

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ