2013/9/19

有田川 チ・ヌ・・ 釣行記 9月12日  投げ釣り

有田川 チ・ヌ・・ 釣行記 9月12日 大潮

 先週は、急に仕事の密度が濃くなってお休みがいただけませんでしたが、何とか今週は当面の目標をクリアしたこともあって、2週間ぶりのお休みが巡ってきました。
 貴重なお休みですので、当然体のメンテナンスをということも考えましたが、お魚さんの目標もありますので、いけるときにはいくということで、ここは疲れた体にムチ打って、やはり釣行です。それに釣行そのものがメンテナンスという考え方もありますし・・・
 とはいえ、釣れないと疲れの「倍返し」ということもあるのですが・・・残念ながらゆうたろうは、釣行前にはそういうことを一切考えません。はい!

 今回の妄想・・・いえいえ釣行は、やはり多少のお疲れを考慮して近場で調整。9月の実績があまりないのですが、有田でキスの大物を釣って仮眠、一文字でマゴチの大物とご対面というストーリーですが、はたして結果は・・・

当日は、南港で仕事があった関係でスムーズにエサを確保。仕事終了後、ゆっくりと安全運転で車を走らせ目的地の有田川に着いたのが午後7時半。完全に夕日が沈ん暗くなった西の空に三日月が浮かんでいます。とりあえず、ダブルヘッダーの第1戦、竿を準備し遠近右左に投入し大きなキスのアタリを待ちます。
 9月にこの有田川で大キスの実績を持っていないゆうたろうですが、わずか2週間前には、29、28、26cmのキスを手にしています。この間にかなりの雨が降って河口を大きく変化させたはずですが、おそらくまたキスは河口に入り込んできているはず・・・つまり、釣れるはずということで期待し、じっと穂先ライトを見つめ続けますが・・・相変わらずもぞもぞぴょこぴょこと外道のアタリが連発。
 いつものように、そこかしこに泳ぎまくっているクサフグが盛んに食いついてくるのはわかっているのですが、今年の有田川はそれに輪をかけてゴンズイが登場。ゴン、ゴン、フグ、フグ、ゴン、フグ、ゴン、ゴンといった感じで数的にはゴンズイが勝っていて手に負えません。フグなら簡単にポイポイできるのですが、ゴンズイは、風に煽られてチョンとあたっただけで激痛が走る毒針を持っていますので、釣れる度に慎重に処理をして丁重にお帰り願うのですが、それが、毎回竿を上げるたびとなるとああ〜っもう〜と声を荒げてみたくなるほど腹が立ってきます。
 ま、それでも粘り強く投げ返しているとたまにそれらしいアタリで、20cm前後のキスが登場。ポツリポツリと上がるこのキスは、いいお土産にもなりますし、そして何よりまだキスが「おる」ということで大きなキスに期待が高まります。しかし、この日は、投げても投げても現れるのは、「こまい」キスのみ。結局、仮眠をとるための納竿時間まで、大きなキスは不発のままで終了時間を迎えます。
 ま、こういう時もあると移動のため竿を片付け始めると途中で、右から2番目の中投の竿に、小さなアタリが出ます。どうもアタリからすると小チヌのようですし、竿を持っていくほどのアタリでもありませんので、めんどくさいということもあって取りあえずそのまま放置。後片付けを継続し1本2本と竿をたたんでようやくアタリのあった竿の片付けにかかります。相変らずといいますかしつこくコンコンクイクイと竿先がお辞儀をしていることからするとまだ小チヌが元気よく針をくわえているようです。
 軽く煽って巻き取りを始めると小チヌよりは重量感もあり、いっちょまえにも少し「らしい」抵抗をしますので、少しだけ期待をして川面を覗き込んでいると・・・なんと登場したのは、小チヌより少しましなクロダイ31cm

クリックすると元のサイズで表示します 

 目的のキスではありませんが、一応30cmUPのクロダイ。針が下あごにさくっときれいに刺さっていましたし、HAZURE逃れの貴重な一匹ということでもありますので、写真撮影をすますとそのまま急いで針をはずして放流。元気に暗がりに消えていくのを丁重にお見送り。

 続けて第2戦ということで、仮眠をして目を覚ましたのが、5時少し前。寝ぼけ眼でボーッとしていると渡船屋の店が定刻通り開いて、渡船の親父さんと朝のご挨拶。早速船着場へ向かい出船です。いつもの先端に渡してもらい早速準備を開始するとセッティングできた竿から塩イワシを付けて順次投入。このころにはすっかり辺りも明るくなって、朝の時合に期待が高まります。さあ来いマゴチと気合を入れて竿先を見つめていると早速アタリが出ます。
 ゴンゴンゴンと激しく揺れて竿先が一気に入ります。一旦竿尻が浮きかけて、ジャーとドラグが鳴って戻りました。あわてて駆け寄りドラグを締めてあわせるとド〜ンと中々重量感のある手応えが帰ってきました。そこから更にグイグイとした手応えを楽しみながら10号ハリスに物を言わせて引き寄せてくると現れたのはエソ。
 ま、そう簡単にマゴチが釣れるはずもないと無造作に抜きあげて計測すると45cmのトカゲエソ
 
クリックすると元のサイズで表示します

 とりあえず今年お初のエソは、久々のテンプラの材料ということで貴重な食材です。ということで丁重にクーラーにキープ。
 この後、アタリが止まりますが、9時ごろ次の山がやってきます。一気に竿先が入り竿尻を浮かして派手にドラグを鳴らすアタリが、続けて3連発。
 一発目が一番強烈で、グイグイ引く相手を力勝負でやり取りをして、ようやく手前まで来たところで強引に浮かせようとして失敗。手前のテトラに潜られます。グイグイグイと時々竿先を引っ張る反応はありますので、ひょっとしたら出てくるのではと暫くテンションをかけて待っていましたが、結局2度と出てくることもなく痛恨のハリス切れ・・・おそらくエイではと思いますが、お魚の影すら見ていませんし、エイ独特の張り付くような感触がなかったので・・・分かりません。不明ということの方がロマンがあって・・・あははは・・・はは・・はあ〜
 続けてきたアタリも、結構激しいアタリで多少なりとも期待しましたが、残念ながら、マゴチには恵まれず、結果は、トカゲエソの39、36cm

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 さあ時合と更に続けて、手返しをしていると今日一のサプライズが・・・エサの点検のため回収してきた仕掛けにガツンとショックがあって急に走り出します。え!?突然の出来事にびっくり!!エソが飛びついたのかなとも思いましたが、その割にはよく走ります。変やなと思いつつ巻いてくると現れたのは・・・な、なんとハマチ?小ぶりですがおいしそうですので丁寧に締めてクーラーへ

クリックすると元のサイズで表示します

 このハマチ?を釣り上げたころから、日差しが高くなって、風も止まります。それでもエサを点検、小まめに手返しを進めていきますが、結果出てくるのは汗ばかりで、アタリらしいアタリは皆無。ということでヘタレのゆうたろうの本領発揮で、お昼を待たずにギブアップ。11時過ぎに迎えに来てもらい帰宅の途に。

 今回もマゴチには、完全にふられましたが、帰宅後、まずはハマチ?のお造り。そして、エソで今季初のさつま揚げ・・・関西でいうところのテンプラに挑戦。3枚におろして皮を引き、包丁でたたいてたたいて、たたいてたたいて・・・酒、みりん、卵白、片栗と塩を加えてフードプロセッサーで丁寧にこねて、油で揚げると・・・なかなかの出来で・・・
 山の神曰く、だいぶましかなと・・・う〜ん(笑

クリックすると元のサイズで表示します

 この日の話には続きがあって、よせばいいのに、キス狙いのチロリが余っていたこともあって、懲りもせずに夕方新淀川へ・・・ま、こういう時の結果は、だいたい相場が決まっていて・・・激しいアタリがバコバコあったにもかかわらず竿出し2時間で釣れたのは、キチヌ40cmたったの一匹のみ。
 キスをはずし、マゴチに振られ、最後の最後、キチヌにもなめられて・・・何をしても釣れない一日にど〜んと疲れだけが大漁でしたが・・・

クリックすると元のサイズで表示します




北斗サーフ公式サイト
3
タグ: キス マゴチ 有田川



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ