2012/1/28

三重熊野 カワハギ 釣行記 NO1  投げ釣り

三重熊野 カワハギ 釣行記 NO1 
1月27日 中潮

 今週は、今季一番の寒波が流れ込み、連日震えるような寒い日が続いています。こういう時は、定番の手軽なキビレでお茶を濁すか、家でぬくぬくとゆっくりするのが今までのゆうたろうの常でしたが、今季は少しパターンが違います。色々試してみたいことや釣りたいものがいくつかあって、そのために先週は、久々にへたれを返上。アイナメ狙いで10数年ぶりの鳥羽桃取へ釣行ということになりました。
 そして、その鳥羽の余勢をかって、今週もまたまたへたれを少しだけ返上。この寒波を乗り越えて熊野を目指します。目的は、もちろん肝パンのカワハギ、できればそれも、初の型物を狙っての釣行です。昨秋に初めて熊野に釣行したときは、キュウセンの型物を初めて手にすることができたましたが、カワハギは25cm程の寸タラの一枚のみの釣果。ところがその一枚、酒蒸しにして食べたのですが、な、な、なんとうまかったことか!あの味が忘れられません。
 ということで年明け一月には必ず熊野へと堅く心に誓って釣行機会を狙っておりました。しかも、そのために、年末からの一ヶ月ほどの休釣期間に、コツコツとウナギ針13号の2本針仕掛けを30セットも作成。いい加減なゆうたろうにとっては驚きのこまめさで、いつでも行けるように準備万端!後はいつ釣行できるかですが、中々日程の折り合いが付きません。今週も無理かなとあきらめかけた週末直前、ぎりぎり金曜日にお休みが確定。それでも予想以上に寒気の影響が長く続いており、全国的には天候が荒れ模様。どうせあかんやろと期待せずに渡船に電話を入れると意外にも親父さんからの返事は、今日も渡礁しているし渡せるやろとOKの返事。ラッキー!これで熊野釣行確定!そして肝パンのお造りとお鍋確定!??・・・相変わらず意味不明、全く根拠のない妄想が勝手に膨らみだしました。

 釣行当日は、どうしても外すことができない仕事が入っていたこともあって、ようやく仕事から解放されて大阪を出発したのは、夜9時過ぎ。ノーマルタイヤで、かつ雪道が嫌い?苦手?なゆうたろうは、当然深夜の凍りつく大台の山越えを回避。大きく迂回して伊勢道経由の大回りの道を選択。それでも名阪国道では雪が舞っていたこともあって、安全運転を心がけ、4時間かけて午前1時過ぎ目的の熊野磯崎港に到着。もちろんすぐに仮眠を取って6時前に携帯目覚ましで起床。荷物を降ろして、防寒着に着替えて待っていると間もなく渡船の船長がやってきて朝のご挨拶。早速荷物を積んで乗船するとすぐに出発です。天気は晴れ。船上で顔にあたる風はさすがに痛いぐらいに冷たいのですが、この時期特有の北西の季節風もなく、波も穏やか全く問題ありません。真っ暗な空に少しずつ青い色が入って夜明けが近いことを示しています。
 期待が膨らむ中、渡礁。すぐに一段と高いところに荷物をまとめて安全を確保し、準備を始めます。今日は、8時満潮の中潮。準備のできた竿にウナギ針13号の2本針の仕掛けをセットし、マムシを付けて第一投。着底までゆっくりと糸を送り、止まったところで糸ふけを取ってアタリを待ちます。順次5本の竿を準備し全て投げ終えますが、一投目のサプライズはなし。投げ終わる頃には完全に夜が明け明るくなりましたが、その後も竿先に何の変化も現れません。しばらくして、エサの点検確認のため一斉に竿を上げていきますが、エサ取りもいないのかマムシがきれいにそのまま帰ってきます。前回良く釣れた大きなイソベラやフグは、どこへ行ったのか?ひょっとして今日はHAZUREなどと少し不安になりますが、まだ始まったばかりです。これからと念じつつ、第二投。

クリックすると元のサイズで表示します 

 風もありませんし、雲もほとんどない晴れで、この時期としては最高の天気。後は魚だけやなと竿先を眺めていると左から二番目の竿にクンクンとあまり大きくはありませんが明確なアタリが出ました。やっと来たと期待を込めて巻き上げてきますが、登場したのはキュウセンベラの23cm。う〜ん少し足りません。きれいに針掛かりしていましたので放流。エサを付け替えるため振り返ると今度は右端の竿先がクンクングングンと大きく揺れてあたっています。きたっ!と急いで手持ちの竿を置き、アタリのあった竿を大きく煽ると結構な重量感が返ってきました。しかも、巻き取りをはじめると竿を持つ手にグイーンと力強い手応えが伝わってきます。いったい何が掛かったのか結構激しい手応えに、期待が高まります。しかし、魚は、見えるまではわかりません。ましてまだ釣ったことないカワハギの型物の手応えなどわかるはずもありません。ようやく力糸が現れ、いよいよと期待しているとそこから急に激しく横走り。予想外の展開にちょっとあわてましたが、力任せに強引にあおると水面に浮いてきたのは、待望のカワハギです。しかも、初めて見る大きなカワハギ。ドキドキしながら抜きあげ、計測すると27cm!念願の大物カワハギ第1号。誰もいない熊野の磯の上でやったとこぶしを握ります。

クリックすると元のサイズで表示します

 一匹釣れると途端に現金なもの。今日は数釣るぞと元気が出て手返しがよくなります。しかし、そうそう簡単に釣らせてはくれません。時々アタリはあるものの登場するのは巨大なイソベラだったり、クサフグのような模様の30オーバーのフグだったりで、期待と労力は大きいのですが、結果が付いてきません。2時間ほどの間に追加したのは24cmほどのカワハギ一枚のみ。それでも、カワハギ複数枚達成ですので、気分は悪くありません。後半戦にもう一匹型物をと期待しつつ、天候は最高なんだがな〜とのんびりぼやいていると突然右端の竿に大きなアタリが出て、あっという間に竿尻が浮き上がりました。あわてて転びそうになりながら竿を抑えると体勢を立て直して巻き取り開始。すると結構な重量感とグイグイと力強い抵抗が手元に伝わってきます。根に入られても困りますので必死で巻き取り、何とか手前まで持ってきましたが、中々姿をあらわしません。エイ!?とも思いましたが、張り付く感じは一度もありませんでしたのでおそらく違います。いったい何が掛かった?と思いながら最後まで抵抗するところを強引に巻き取り浮かすと赤や青の混じった大きな魚が右の岩陰に向かって横切りました。おいおいそっちはあかんと竿であしらいさらに浮かすと遂に登場したのは、大きなホウボウ。寄せる波に合わせて抜きあげ計測すると44cm。コバルトブルーの斑点をまとった青いひれがとても美しい大きなホウボウですが、号数には全く関係ありません。しかし、とても美味しい魚ですのである意味ラッキー。喜んで丁寧に締めてクーラーに確保。

クリックすると元のサイズで表示します

 カワハギ2匹と大きなホウボウ。食べるということについては十分というか、満足の領域に達していますがまだもう少し時間があります。欲を言えばもう一匹型物が・・・ということでこの後も、手返しだけは続けますが、このころから徐々に風が吹き出します。釣りができないというほどではありませんが、時折、急に強い風が吹きつけ、三脚を竿ごと押し倒します。2回倒されましたが、それでもあきらめずに投げ続けているとぽつぽつながらもアタリが続きます。しかし、結果は、相変わらずで、手応えだけは一人前の大きなフグ、そして後半になってからは、ウツボも参戦。そんな中アタリもわからないまま、久しぶりにカワハギ23cmを追加。ひょっとしたらと期待し、最後まで投げ続けますが、結局、後が続かないまま時間だけが経過し、遂に撤収の時間が来てしまいました。
 ということで撤収開始。一本ずつ回収して、順次順調に片づけていくと三本目の竿に何かの手応えが!?・・・重いだけではありません。何か魚が乗っています!アタリのないまま釣れた魚ですが、ひょっとして最後の最後のサプライズがなどと期待を込めて半信半疑で見ていると・・・上がってきたのは、なんとカワハギ!それも良型で、最後ギューンと横走りしながら激しく抵抗します。ぐっとこらえてかわすと一気にごぼう抜き。計測するとぎりぎりですが26cmのカワハギ。何とか写真申請できる大きさで、急いで写真を撮るとすぐに大慌てで後片付け。

クリックすると元のサイズで表示します

 片づけの終わりかけに渡船がやってきて少し待ってもらいましたが、すぐに乗船し、無事帰港。
 結果は、狙いのカワハギ27cm、26cmと寸たら2枚の計4枚で2号UP。プラス大きなホウボウのお土産付きで大満足の釣行となりました。渡船の親父さんにお礼を言ってポイントの磯の話を少しだけ教えていただき、次回以降も初心者の面倒見てください!!とあつかましいお願いもして帰阪しました。
 
 もちろん帰宅するとカワハギはお造りと酒蒸しに、ホウボウはお造りとから揚げにそれぞれ調理。もちろんカワハギは、そこそこの大きさになっている肝を丁寧に取出し、お造りの真ん中にでん!と盛り付けて出すと山の神の顔がうれしそうにほころびました。酒蒸しを食べた同居人は、なんやこのうまい魚は!?とのたまっておりました。
 いや〜カワハギは、ほんとにおいしい!の一言。ゆうたろうにとって初めての経験。正直、カワハギは感動もんでした。これもひとえに、熊野に、そしておすすめいただいたふぐたろう会長や北斗サーフに感謝!!
 一日休日しかないゆうたろうにとっては、熊野が日帰り釣行できる限界かと・・・ということで、これからも年に何度かの熊野釣行が絶対にはずせないパターンになりそうな予感です。




北斗サーフ公式サイト
8



2012/2/3  9:25

投稿者:ゆうたろう

としひこさん こんにちは
 相変わらずカレイ強いですね〜
 産卵後のこの時期に、36cmはちょっと釣れませんよね。
 カワハギですが、ゆうたろうも全くの初心者で人に言えるようなものはありませんが、仕掛けは、自作の吹き流しの二本針仕掛けにウナギ針13号を使っています。フグ対策のパイプを付けて、エサはマムシです。すべてクラブの諸先輩などの真似ですが・・・

2012/2/2  11:54

投稿者:としひこ

今度はカワハギ釣りですか。
いいですね。美味しそうで。
投げ釣り仕掛けにカワハギ用の針ですか?
エサは何を使用されたのですか?

僕は相変わらずカレイを狙いに1月29日に淡路島へ行ってきました。

夜でもカレイは釣れるとの話を聞いたのでまだ暗い6時から1本の竿にエサを付けて投げてました。
残りの2本は仕掛けだけ準備して場所取りを兼ねて置いていました。

やはり、暗いためか魚の反応はなく、エサも取られずそのまま返ってきます。
明るくなった7時過ぎに左端の竿を合わせると重みが・・・途中根が掛かりになりそうになりながら巻き上げてくると足元に茶色いヤツが付いていました。
何気なくそのままごぼう抜きで引き上げましたが、家に帰って計ったら36センチもありました。
たまま、2本針の両方を飲み込んでいたのでバラさなかった感じで過去系になってしまいますが焦ってしまいました(笑)
その後は続かず、夕方までポイントを変えては粘るものの36センチのカレイ1枚の釣果となりました。

この冬はさすがに寒いですね。
例年になく厳しく、去年のように春まで毎週のように行くのは辛く今週末は岬町の海上釣り堀で魚をたくさん釣って3月までお休みしようかと思ったりしています。

2012/1/31  12:36

投稿者:ゆうたろう

 ハンシマンノンさん こんちは
 カワハギ、昨秋一匹釣ったときは、あまり手ごたえを感じなかったのですが、やっぱりそこそこ大きくなるとギューッと良く引きます。30cm前後の大きなカワハギならどれほどの手応えか、ものすごく楽しみでいつかわ是非釣ってみたいです。
 それと前回も言いましたが、3月25日是非明けといてくださいね〜!?ゆうたろうもお休みの予約を先ほど入れました。楽しみにしております。

2012/1/31  12:18

投稿者:ゆうたろう

 マスター師匠 毎度です 
 いつもありがとうございます。
 一年生ですから、覚えはじめで、なんでも楽しいというか、怖いもの知らずというか、教わりながらいろいろアタックしています。そのうち、連戦連敗という時も遅からず来ると思いますが、その時はその時で・・・またアドバイスお願いいたします。あれ!?
 それにしても、お孫さんと手をつないで銭湯ですか、良いですね〜!今だ、そんな気配すら全く無いゆうたろうにとっては、ほんと、うらやましい限りです。

2012/1/31  9:57

投稿者:ハンシマンノン

でっかいカワハギですね カレイの27センチのひきとは、もってくるときの竿の重量感が段違いなんでしょうね この寒い中一人で釣行に行かれ、大物二匹それも初物のカワハギ
ゲット おめでとう、それにホウボウの特大、私は由良湾の岩場と二木島で20センチのチビしか釣ったこと無いです
 次はまたどんなドラマがあるのか楽しみにしています 本当にお疲れ様でした

2012/1/30  20:29

投稿者:マスター

素晴らしいですね〜
単身ながら頑張っておられる姿勢に感服しております。
ヘタレ病に感染してしまった私は 釣りには行かずに孫と銭湯行ってました・・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ