2011/11/4

有田川一文字 エソ 釣行記  投げ釣り

和歌山有田川 エソ 松帆HAZURE 釣行記 11月1日 中潮
 
 今季は、例年にない順調な滑り出しで、各地からカレイの便りが届いています。先日もふぐたろう会長やマスター師匠が良型のカレイを数釣られたとの情報が・・・となれば当然、例年のパターンでいけば、一も二もなくカレイ狙いに大きく舵を切るところですが・・・中紀の有田川釣行が一度も実行できていないことが心残りで・・・今週こそ実行するつもりでイワシと三本針仕掛けを準備・・・う〜ん悩ましいというか、究極の選択を迫られた結果出した結論が・・・両方実行するという無謀な計画。週に一日しか休みがないのにすべて釣りに費やすとなると怖い山の神の顔がちらつきます。しかも、前日夕方、連絡があり、釣行日当日12時に急な仕事が入ってきました。調整を試みましたが失敗。予定通り仕事をこなす羽目に・・・いえいえ、仕事は大事ですので喜んで仕事をこなすことに・・・
 となれば、まず10時納竿で有田川、一旦大阪に戻って仕事をこなし、夕方の潮どまりの時合で松帆で今季初のカレイ狙い。結果、うまくいけば初マゴチ、悪くても良型エソと今季初マコガレイなどとどこから何の根拠で湧いてくるのか、すごい妄想に完全に舞い上がって無謀な釣行計画を実行に移すことに。
 釣行当日、いつもどおり仕事を終えるといつものルートをたどって箕島漁港へ。翌日の強行スケジュールを考えるとしっかりと睡眠をとっておくことが大事と12時前には、仮眠?というか眠りにつきます。事前に谷口渡船に電話を入れて確認しておいた5時半前に、携帯目覚ましで、起床。渡船代を払って船に乗船し、6時過ぎには、初めての有田川一文字に降り立ち、準備開始。しかも、今日の一番船乗船者は、たった一人、釣り放題です。もうすでに、周りは明るくなってきていますので、急いで準備できた竿からイワシを付けて、待望の第一投。それにしてもここ有田川一文字のポイントの足場の複雑かつ釣りづらいこと。パズルのようなテトラが複雑に置かれていますので、いったん一文字の上の段に上がって、安全を確保して慎重に投げていきます。どちらかというと複雑なテトラと高いところが苦手なゆうたろう、正直、このポイントは、どちらかというと避けて通りたいところですが、マゴチとかヒラメとかを狙うとなるとやむを得ません。慣れない場所に、ちょっとよろけたりしてドキドキしながらも何とかすべての竿を投げ終えます。前々日に降った雨の影響もほとんどなく内向きが少しもやがかかったように濁りが入っているかなという程度で正面外向きは、全く濁りを感じさせません。10時には上がって大阪へ戻りますので、短時間集中、10時満潮の上げ潮に期待を込めて竿先に集中します。すぐにアタリがあってエソの一匹二匹はすぐに来る予定だったのですが、予想に反して静かです。潮は上げ、天気は晴れにもかかわらずアタリがありません。ようやく微妙なアタリで、上がってきたのはデカフグ・・・一斉に竿を上げるとあとはきれいにイワシがなくなっています。順次エサを付けて再度投入。かなりフグがわいているようですので、小まめにエサの点検、付け替えを繰り返します。ようやくドラグが鳴ってジャーと糸が出ていくアタリが、ドラグを締めてあわせると動きません。やっと来たアタリは、エイ!どっと腕が疲れて、がっくり。
 こんなはずでは、と次第に焦りが出てきます。じりじりと時間だけが過ぎていく中で、ようやくそれらしいアタリが出たのは、薄っすらと濁りが入っている内向きに投げていた竿。気分的には捨て竿ですが、竿先がグイグイ揺れて上がってきたのは、BOUZU逃れのトカゲエソ38cm。丁寧に締めてクーラーへ

クリックすると元のサイズで表示します

 それでも、やっぱり本命は正面から外と「危険」を冒して苦手な高いテトラから攻めますが、時折かかるのはフグのみで気が付けば10時納竿時間が迫っています。仕方なく撤収準備を始めるとまたまた打ち向きの竿に、竿先がグイグイ入るアタリが・・・横走りするところを強引にあしらい上がってきたのは、同寸38cmのトカゲエソ。これも丁寧に締めてクーラーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

 激渋の中、何とか2匹のエソを釣り上げ、お土産・食材は確保。それにしても、あのテトラは・・・釣れなかったせいもあるのですが、正直苦手です。でも、中紀では、一番マゴヒラに近いはずなのですが・・・次期に再挑戦ということで有田川一文字を後にします。

 予定通り一旦大阪に戻り、仕事をこなして、2時前に一路淡路島を目指します。夕方の潮どまり一発勝負で、今季松帆カレイ狙いの初釣行。今季は、高水温で瞬殺の昨年と違い順調にカレイが接岸、釣れ出しているようですので、ここ松帆でもそろそろ釣れ出すはずです。一昨年の11月3日に、夕方の潮どまりの一発勝負で40cm弱のマコを釣っていますので、その再現とばかりに気合が入ります。
 現地松帆到着が。午後3時。海岸に出ると見た感じでは、潮が緩み始めていますので、急いで準備開始。半年ぶりの松帆で、塩・生のマムシと青イソメを付けてフルスイング。今はゆっくりと上げていますが、次第に止まって下げに変わるはずです。その前後2時間ほどが勝負と決めて、竿先を見つめます。グイ、ググ〜と竿先が入ればこちらのもんですが、一投目を一斉に回収するときれいにエサがなくなっています。なんややっぱり相変わらずのエサ取りの猛攻、昨年と一緒です。仕方がないので、手返しで勝負と回収してエサを付けて投入を繰り返していると季節外れの夏日の影響でどっと汗が出てきます。
 それでも投げ続けているとようやくコンと初アタリで、手のひら弱のチャリコ。続けて少しましなアタリで上がってきたのは、ベラの予想を覆してサンバソウ?なんじゃこれですが、丁重にお引き取りを願って打ち返しを続けます。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 ググ〜のアタリよ来い!と念じつつ打ち返していきますが、相変わらずのエサ取りの猛襲でどうにもならず、5時過ぎ緩んでいた潮が、一気に下げ始めてジエンド。潮の流れで竿尻が浮き始めては釣りになりません。今季松帆のカレイ狙いの初釣行は、結局、撃沈・OOHAZURE。疲れだけがどっと残りました。
 朝の有田川一文字で何とかエソ2匹はゲットしたものの気分的には2連敗で、ゆうたろうの長〜い一日が終わりました。

 それでも、自宅に帰りエソ2匹は、3枚におろして皮を引き、フードプロセッサーでテンプラ(さつま揚げ)に。材料や塩加減、揚げ油にごま油を加えるなど工夫を加えると一段とうまい無添加の練り物が出来上がり。う〜んやっぱりエソはうまい!!秋のエソのテンプラは、我が家の季節の定番食材に。釣って面白く、食べておいしいエソは最高です!
 それにしても、リベンジをどこで果たすか、悩ましい選択が始まります。




北斗サーフ公式サイト
2
タグ: マゴチ カレイ エソ



2011/11/5  12:56

投稿者:ゆうたろう

半世紀ツカヤンさん こんちは まいどんです。

 ほんとにいろいろ実績と経験をお持ちで、とても感心するというか、すごいですね。それに、何と言っても情報が早いですね。うらやましい限りです。
 ゆうたろうもようやくスタートを切ったばかりで、エソワールドが楽しいところですが、早速次の展開を考えております。投げ釣りも世界が広がるとほんと面白いですね〜

2011/11/4  18:20

投稿者:半世紀ツカヤンだす

まいどん
有田の一文字昔は良く通いましたよ
先端から海水浴場向きのイワシで
マゴチが良く釣れました。
たしか60オーバーが結構釣れたような気がします。
(拓寸やからマゴチは結構伸びます)
煙樹でマゴチが良く釣れた時で、
煙樹で釣れたとか言うてましたけれど
3割位は有田一文字でしたよ

紀東で今、カワハギがメチャ良いみたいです行かなぁ〜
リベンジはここやね

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ