2011/9/10

新淀川 キビレ 釣行記  投げ釣り

新淀川 キビレ 釣行記 9月8日 若潮

 今週は、特別忙しい週でもありませんでしたが、満遍なく、はずせない日程が散りばめられ、結局お休みがとれない週になりました。仕方がありませんので、昼からぽっかり日程の空いた木曜日、午後半休を取って8月末絶不調だった新淀川の状況確認に・・・。
 昼過ぎに予定通り仕事を終えて、そのまま南港経由でチロリを確保。先日来の雨の影響で、濁りが入って釣り人も少なく、余り釣れていないのでは?と思いつつ現地に着くと、意外にも竿の放列で、ウナギ狙いの人で入る余地がないような状況です。空いていると言えば一番奥の奧、ヨットの係留場所の付近のみ。
 とりあえず情報収集ということで顔見知りの常連さんを見つけて状況を聞くと先日の台風以降上手を中心に公園の遊歩道一帯でウナギが釣れているとのこと、キビレも連日よく上がっており、型も40UPが結構釣れている。昨日もミミズのエサに40数cmを頭に5〜6匹かかっていると教えていただきました。
 渋いのではとの予想で来たにもかかわらず、意外な話に少し拍子抜けです。予想どおり水は、泥の流入のためコーヒー牛乳のように濁っていますが、釣況は好調そのもの・・・分からないものです。どちらにしてもいつもの新淀川が戻ってきていると言うことは、悦ばしい限りで、後は実釣で確認するのみです。ということで早速準備を始めます。
 公園の遊歩道は、かなり人が多いので回避して、少し上流の階段下のテトラに釣り座を決めて準備を始めます。当日は若潮で、大きい潮ではありませんが、午前11時から午後6時までの上げということで、潮的には狙い目です。天気も最高、気温はまだ夏を残していますが、ぬけるような青空に、乾いた川風が気持ちよく吹きぬけていきます。夕日の沈む前、午後6時納竿と決めて準備のできた竿から1本2本と順次投入していきます。
 3本目の準備に掛かっているとこの時期のいつもの新淀川と同様に、早速アタリが出ました。グッグッググーと竿先が大きく入り、ゆっくり戻りました。そして、すぐまた力強くグッグッグーーと竿先が押さえ込まれて竿尻が浮きました。元気一杯の力強いアタリです。準備を止めてアタリのあった竿を手に取り、巻き取りを始めるとグッグッグーンと力強い手応えが竿を持つ手に伝わってきます。早速良型のお出ましです。久々のキビレの元気を堪能しつつ引き寄せたのは、43cm。常連さんの言うとおりいきなり良型、40UPの登場です。

クリックすると元のサイズで表示します

 幸先の良いスタートを切って、今日はひょっとしたらと45UPのキビレに期待が高まります。次に竿先を激しくたたいたのは、これまた元気いっぱいのキビレ42cm

クリックすると元のサイズで表示します

 そして次に来たのもぎりぎりですが、40cmのキビレ

クリックすると元のサイズで表示します

 スタートから40UPの3連発に、これはひょっとしてしてほんとに45UPが期待できるのではとテンションは最高潮。
 しかし、思い通りにならないのが投げ釣り。次に来たのは、キビレ32cm。逆に小さくなりがっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

 そして、その次に登場したのは、更に小さくなって、寸たらのキビレ。その次も期待していない小さなアタリで、寸たらです。40UPの連続から一転して、寸たらの連続でがっくり。45UPどころの話ではありません。少し気落ちし、西に傾いた日差しの中でぼーっと川風に吹かれていると暫くしてようやく、それらしい激しいアタリが出ますが、残念ながら上がってきたのは元気な割に小さなキビレ39cm。期待に反してやはり型は伸びません。

クリックすると元のサイズで表示します


 そう簡単に45UPが狙い通り釣れるはずもなく、好調を確認し、これだけ釣らせてもらえれば十分満足、そして納得です。日が徐々に傾き始めていますので、残り1時間と決めて、荷物の整理を始めていると左遠投の竿先が例のごとくグンッグンッグーーと大きくひきずりこまれました。間違いなく40cmクラスの力強いアタリです。久しぶりの力強いアタリに期待しつつ竿を手に取りやり取りを始めると、予想どおり大型のキビレの重く力強い手ごたえが伝わってきました。グイグイ、ゴンゴンと最後まで激しく抵抗し、中々姿を現しませんでしたが、ようやくテトラの際まで来て登場したのは、今までになく体高の高い大きなキビレ!見た目にも今日一!
 ひょっとしてと期待しつつ計測するとやはり実寸で45cm丁度のキビレ。ぎりぎりですが、何とか狙いの45cm達成です。とてもラッキー!クロダイのCランク3匹目、1号UPです。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後は、ひょっとして50UPが来ないかななどと冗談ともつかない気持ちで残りエサを豪華に付けて次を期待しましたが、

 続けて、来たのがキビレ40cm

クリックすると元のサイズで表示します

 
クリックすると元のサイズで表示します

 そして、最後の一投に連続したアタリでキビレ32cm

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、キビレ37cm

クリックすると元のサイズで表示します

 このキビレを最後に、予定通り日没前の午後6時、納竿終了。新淀川を後にしました。

 結果は、渋いのではの予想を大きく覆し、45cmを頭に、40UP5匹を含め合計9匹の型物のキビレの大爆釣。最後の最後まで、アタリが続き、しかも、良型ぞろいで、新淀のキビレは、今、絶好調です。


 

 先日の台風の大雨は、紀伊半島南部に甚大な被害をもたらしました。今年はほんとに驚愕するような自然災害の連続で、言葉もありません。和歌山県の河川情報の映像を見る限り、ゆうたろうのホームグランド有田川でも水位は、平常に戻ったものの今もって水は泥水状態が続いています。これは一時的に濁りが入ったということではなく、今も上流からの泥水の流入(供給)が続いているということで、紀伊半島に降った今回の雨量が如何に多かったかを裏付けるものと思われます。
 ライフラインの復旧が急がれている一方、土砂ダム決壊の危険性も残されており、更に尾鷲では、養殖マダイの大量死が伝えられるなど地場産業への甚大な被害も明らかになっています。
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに被災者の皆さんの一日も早い復旧復興を願ってやみません。




北斗サーフ公式サイト
2
タグ: 淀川 キビレ チロリ



2011/9/12  16:13

投稿者:ゆうたろう

 マスター師匠 こんちは〜
 一時期涼しくなって、この日の淀川でも川風が心地よくていい感じでしたが・・・最近またまた真夏に逆戻り・・・この暑さは応えますね〜!
 それにしても新淀川、一時期絶不調で、とても心配でしたが、何とか回復してくれてほっとしております。相変わらずウナギも釣れており、常連さんと話している間にも一匹あがっていました。(もちろん真昼間ですが・・・)こちらのヨドコーワは、とても元気が付くので、一度服用されたらどうでしょうか!?
 ゆうたろうは、新人ですので、何釣ってもOK状態ですから、今は楽ですが、そのうち、頭打ちが来ると思います。それまでは、あれこれ妄想たくましく楽しんでいくつもりです。困った時の神頼み、またその時にはいろいろお教えください。 
 

2011/9/11  21:57

投稿者:マスター

頑張ってますね〜
こちらは完全に釣る気が失せてしまったのか土曜日に昼で仕事が終わったのにもかかわらず、アレコレ準備しているうちに 暑さも加わり面倒になって結局ゴロ寝してました。
やはりヨドコーワのカンフル剤が必要ですね〜

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ