2011/8/3

淡路富島 キスHAZURE 新淀 キビレ 釣行記  投げ釣り

淡路富島 キスHAZURE 新淀川 キビレ 釣行記 8月1日・2日 大潮・中潮

 今週は、懲りもせずに、前回、OO-HAZUREを引いた淡路島富島釣行を決断。もちろん狙いは、絶・不・調の大ギス!!マスター師匠の話では、先週、富島で、タマミが釣れたとのこと、相変わらず今年の淡路島の海は、ちょっと変!?一向にキスが釣れる気配がありません。それでも、昨年までは、この富島でかなりの高確率で型物のキスが釣れています。実際、ゆうたろうも昨年はじめてアタックして、何度か釣行を重ね26cmオーバーを6匹釣っていますし、その中には、自己記録の29.1cmキスも含まれています。このまま、淡路のシーズンが終わるはずもないとあま〜い考え丸出しで、釣行を決断。根拠は、昨年、釣れた経験をもとに、今週の潮周りは絶対釣れるという風船のように軽〜いゆうたろうの判断のみ!言い換えれば、ほぼ何の根拠もないに等しいのですが・・・何故か自信満々。前回のリベンジを期して、大ギスとの遭遇を目指します。
 今年は、まだましとはいえ、真夏の富島で竿を振り始めるとあっという間に髪の毛は、水をかぶったように汗でぐっしょり。エサを付ける手にも汗粒がぽたぽたと垂れ続けます。加えて、毎回毎回、仕掛けを回収するたびに課せられる筋力トレーニングのような海藻とのやり取りや、どれだけおるんやと腹立たしくさえなってくるエサ取りのフグとの競争は、避けて通れません。投げては回収しエサを付け替えては、また投げる作業を5本の竿で休むことなく繰り返していると暑さと疲労が重なって、頭がボーッとしてきます。そして、時々、なんでこんなことしているのかと自分でも不思議に思えてきます。しかも、7〜8時間、休むことなく繰り返しキャステイングを続けて、結果、キスに遭遇できなかった時の疲労感は、自分でいうのもなんですが、ヘラヘラというかヘロヘロというか想像を絶するものがあります。しかし、ゆうたろうにとっての大ギスは、それでも釣りたい・・・魚!?大きくても、たかが30cm前後の小さな魚ですが、その「小さな大物」のシャープでパワフルなアタリには、どんな疲れも吹き飛ばすとてつもない魅力があります。

 さて、釣行当日、予定していた休日が急に仕事の都合でキャンセルになりました。釣行断念も考えましたが、この日を除くと今週は、休みをもらえる日がありません。ということで、いろいろ調整をした結果、何とか半休ぐらいの時間の調整を確保。釣行もフルタイムではなく、夜中の満潮前後までの半夜に短縮することにして、計画を強硬。確率的には、汗ボトボトで、OO-HAZUREを引く確率が大にも拘らず・・・自分でもよくそこまでしてと感心しますが・・・大ギスが釣れるという妄想が勝ります。予定通り、いつもの南港でたっぷりのチロリを仕入れて、大阪を出発。午後7時過ぎに現地、淡路富島に到着。早速荷物を降ろして準備を始めます。準備のできた竿から根付の2本針にたっぷりのチロリを付けてキャステイング開始。順次すべての竿を遠近投げ分けて、夕闇せまる西浦の海に投入。待望の大ギスのアタリを待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

 相変わらず西浦の海は、無表情というか、いつもどおり、静かなスタートです。しかも、すぐ横は海水浴場で、先ほどまで家族連れが海水浴を楽しんでいました。ほんとに釣れるのかなと思わせるロケーションですが、キスは突然、何の前触れもなくやって来ます。粘り強く打ち返し、辛抱強く待つしかありません。黙々と竿を振りつづけますが1時間経過し、2時間が経過しても何の変化もあらわれません。相変わらず定番の流れ藻とフグとの格闘が続きます。漸く変化があらわれたのは、釣り初めてから3時間程立ってから、右に遠投している竿先が大きく入りました。きた?!と期待して次のアタリを待ちますが、次のアタリがでません。微妙に揺れるだけです。仕方なくシビレを切らして回収すると登場したのは、でかいヒガンフグ。予想していたとはいえ微かな期待を打ち砕かれガックリ!

クリックすると元のサイズで表示します

 残り時間が少なくなってきました。このころから、流れ藻や海藻の量が目に見えて減ってきましたので、気合を入れて打ち返しのテンポを早めます。すると、暫くして、右遠投の竿先がグーンと入りました。今度こそと期待し、さあ、もう一度はいれ!と穂先ライトに視線を注ぎますが、その2度目が入りません。あきらめて回収するとこれまたヒガンフグ・・・疲れます。
 いよいよ、残り時間が少なくなり、気になってきました。残り1時間弱。今日もハズレかなと穂先を見ていると右遠投の竿に今日3度目のアタリがでます。ヒガンフグほど大きいアタリではありませんが、今までにない2度目のアタリを確認。微かな期待を込めて巻き取ってくるとやっと待望のキスが登場。良型ですが、ちょっと微妙?どうかなと計測すると25.5cmの良い型のキスですが・・・やはりちょっと足りません。足りないものは、何度計測しなおしても足りません。またまたがっくり、今まで以上に26cmが遠く感じられます。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後、ぎりぎりまで粘って奮闘しますが、23cmほどのキスを最後に追加したのみで納竿終了。翌日は仕事ですので、満潮を待たずして淡路富島を後にしました。富島で2連敗!全く釣れる気がしません。本当に今年の淡路は、このままシーズンが終わってしまうのではと思えてきます。

 翌日は平常通り出勤。本当は、休みを返上しての出勤ということですので、代休を取ればいいのですが、ゆうたろうの場合は原則代休がありません。ということで、予定の仕事が終われば、さっさと普段より早上がりをすることを自主的に調整し、独断で決定。もちろん、早く上がった分、夕方から家でゆっくりとして、富島釣行で疲れた体を休めることも考えましたが、チロリが結構余ったこともあって、急遽久々の新淀釣行を決意。本音を言えば結果的に2週連続でキスを外していますので、心の癒しを求めての釣行です。例年であれば、この時期、明るい内からバンバンアタリがある新淀ですので、8時満潮までの上げを釣って気分良く帰宅する計画です。仕事を順調にバタバタとこなして、目途が付いた4時過ぎ予定通り早上がり。一路新淀川を目指して車を走らせ、夕方5時前に現地到着。雲が多めですが、心配された夕立等の雨も何とか持ちそうですし、日差しがさほどでもありませんのでこの時期の条件としては、最高です。日差しは高く、日没までまだまだ時間がありますが、関係ありません。早速荷物を持って遊歩道に立つともうすでに、ウナギ狙いの常連さんが・・・特にヨットハーバーの周辺は、何十本もの竿が林立。上手は、お一人だけが竿を出しているだけで、空いていますので声をかけて入らせてもらいました。常連さん曰く、ウナギは、河口よりで良く釣れているが、キビレはあんまり釣れてないのではとのこと。少し不安になりますが、狙い物が違う人の話ですから、そんなはずはないと思いつつ、とりあえず竿を出し順次投入していきます。

クリックすると元のサイズで表示します

 昨年は、三本出し終わるのにアタリの連続で一時間以上かかっています。アタリがすぐに出るはずと竿先を見ながら準備をしていきますが、3本出し終えても、何の変化も現れません。左に風で流されていた道糸が上げ潮で徐々にまっすぐになって戻されていく、ただそれだけです。
 あれ?・・・あるはずのアタリが・・・ない!・・・なんで!?と思ってみても仕方がありません。常連のオッチャンの言う通り?と思いつつも、そのまま4本目の準備にかかります。すると、ようやくといいますか、やっとといいますか、今投入したばかりの3本目の竿に、グングングンと竿先を力強く持っていくアタリが出ました。
 やっぱり!おるんや!ということで巻き取ってくると、現れたのはやはり30cmクラスのキビレです。しかし、針掛かりが浅かったのか、抜きあげてすぐに、ボチャンと海に帰っていきました。何というスタート!?久々の新淀で、第一号のキビレが元気よく逃げて行ったことに少しショックを受けますが、アタリがあってキビレが来てくれましたので、次が期待できるということで気持ちを切り替えます。すぐにエサを付け変えて投入し、再度4本目の準備をしていると、今投げ入れた竿に、早速アタリが出ます。しかし、これは29.5cmということで放流。再度エサを付けて投入すると今度は上手に投げていた竿にアタリが出ています。これは、ばれずに、抜きあげ成功。31.5cmのキビレでやっと型物第一号をキープ。

クリックすると元のサイズで表示します

 気が付くといつまでたっても4本目の竿が出せません。更にアタリが続きます。久々の重量感たっぷりの力強い手応えでキビレ43cm

クリックすると元のサイズで表示します

 次が、ぎりぎり40cmのキビレ

クリックすると元のサイズで表示します

 軽い手応えで、キビレ32cm

クリックすると元のサイズで表示します

 そして、今日一の迫力ある手応えで、一瞬綱引きをさせてもらったキビレ44cm

クリックすると元のサイズで表示します

 最後に、もう一枚キビレ40cm

クリックすると元のサイズで表示します

 これ以外にも、途中、竿先を絞り込むような強いアタリで、70cmほどの良く肥えたウナギを釣り上げましたが、これは、常連さんの喜ぶ笑顔に迎えられて、お隣の生簀に!そして、最後の2匹の40オーバーのキビレは、途中からお隣で釣りを始められた老夫婦が、是非欲しいということでお二人のクーラーの中へ。

 そして、少し雲行き怪しくなってきたことや、若干アタリが遠のいたこともあって、午後7時、日没を待たずに納竿終了。
 結局、2時間足らずで、40UP4枚と30UP2枚の合計6枚の大爆釣!久々に40UPの力強い手応えを存分に堪能。そして何よりお隣さん皆さんにも喜んでもらい大満足の新淀川釣行となりました。いわゆる「ヨドコーワ」効能といいますか、効き目は抜群です。
 あらためて新淀川に感謝!!



北斗サーフ公式サイト
3



2011/8/6  9:09

投稿者:ゆうたろう

 ありみつやんかさん こんにちは 
 そうですか〜場所を変えて相変わらず、積み上げていますね〜今年の北港は平日でもウナギ釣りの人が多いので、いろいろ大変ですね!またいい情報あったら教えてください。厚かましいですがよろしくお願いいたします。
 とりあえず、ゆうたろうは、今の行動範囲で埋められるものは、少しづつ埋めていこうかと・・・クロダイは、ヨドコーワ様様です。

2011/8/5  11:57

投稿者:ありみつやんか

 ゆうたろうさん、さすがですね。あっという間にクロダイのBランク埋まりましたねぇ。ええペースでございます!私も8/3の晩に処方いたしました。かなり上流でしたが、二時間でAランク4匹です。お互い仕事の合間を縫っての釣りですが、おおいに楽しみましょう!

2011/8/5  10:05

投稿者:ゆうたろう

 ふぐたろうさん こんにちは お世話になります。
 ほんとに不思議ですよね。以前はゆうたろうも夜のみ竿出ししていましたが、たまたま、日曜の夕方、暗くなるのを待っていて、親子連れの短竿にバタバタとキビレがかかるのを目撃。それ以来、明るいうちに竿を出すことにしました。結果は◎で、アタリ連発。「上げ」で「明るい」の条件でしたら、この時期、間違いなく「クマゼミ状態」です。
 ゆうたろうもクロダイのB(5)がそろいましたので、次は、AとできればCがそろうように頑張ります。

2011/8/5  10:04

投稿者:ゆうたろう

 SSの親父さん毎度です!
 お姫様もほんとに心のオアシスというか、癒しですね〜
新淀川も絶好調、お姫様には到底かないませんが、孫のいない、さみしいお爺いには、最高の癒しです。
 今年は、型もいいような・・・親父さんもぜひ、大きいのバンバンいわしてください。

2011/8/4  23:04

投稿者:ふぐたろう

ゆうたろうさん、こんばんは!!
ただ今(4日PM11:00)帰還しました。
ゆうたろうさんのブログをヒントに、今日は明るい間から挑戦しましたが、釣れた7枚中、5枚までが、竿先ライトを点灯する前の釣果でした。ゆうたろうさん様々です。お互いに頑張りましょう。

2011/8/4  15:08

投稿者:SSの親父

ゆうたろうさん、まいど〜!
富島では、残念でしたが・・・
ヨドリバーは好調のようですね!
短時間でも良型まじりに良く釣られますね〜!さすが!!

この週末は、花火大会ですので相当の人出が予想されますし釣行を断念しました。
平日にフラ〜っと出掛けられたら良いのですが・・・
私も負けずに頑張りますよ!!

2011/8/4  12:29

投稿者:ゆうたろう

 マスター師匠 こんにちは
 新淀川は、この時期無条件に癒しの場になっています。少し不安もありましたが、今年も相変わらずヨドコーワ良い効き目です。ほんとにありがたい釣り場です。ただ、今年は、ウナギがよく釣れていますので、特に人がいっぱいで・・・先日も日没前後、私が帰るころに人が増えてきました。確かにヨットハーバーの前では、2時間で3匹ほどウナギが釣れたのを現認ています。キビレも順調で、狙っていたのは私だけでしたが・・・昼・夜関係なしに40cmクラスがあたってきます。
 今年も、これから何度かお世話になるつもりですが、ただ、数を少しだけ稼ぎたいだけで・・・ふぐたろう会長を脅かすなど、滅相もない!なんと恐ろしいことを・・・とてもありえません!ボチボチマイペースで、後から付いていくだけですから・・・ハイ!

 師匠もまた大変暑くなってきましたので、お体ご自愛ください。
 
 

2011/8/3  19:52

投稿者:マスター

翌日リベンジで6連発とは流石ですね〜
ヨドコーワは効き目バッチリです!
その日は尼崎の金楽寺町で仕事でしたので
誰か居てるかと覘きに行こうと思いましたが
生憎歯医者の予約が入ってましたので直帰しました残念です。
なにわともあれ おめでとうございます!
バンバン釣ってふぐたろう会長を脅かして下さい!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ