2020/8/9

日本海 マゴ・ヒラ 釣行記 6月24日  投げ釣り

日本海 マゴ・ヒラ 釣行記 6月24日 大潮

 緊急事態宣言が解除されると、待ちかねたように、半世紀中年さんからそろそろ行きませんかとお誘いの電話がかかってきました。
 もちろん、躊躇なく了解し、色々打ち合わせをした結果、久々に日本海へマゴチヒラメを狙って釣行することに決まったのですが、ゆうたろうにとって、日本海マゴヒラ釣行は昨年から、連戦連敗が続いていて、現在4連敗中!
 ということで、当初は、だめでもともとという気分でしたが、半世紀中年さんの「昨年、銀平で3匹のヒラメを確保」という話を聞いて、気分が一変!スケベ心がむくむくと(笑)頭をもたげ、ならば、ここは、「銀平」に5連敗阻止の望みを託してみるかということで、活けバケツにたんまり銀平を積んで半世紀中年さんとルンルンで日本海を目指しました。
 当日は、潮も良い塩梅で、現地に着くと早速、銀平を付けて第一投。ヒラメを期待しアタリを待っていると、なんと、一投目から早速、銀平に反応が・・・コッ、ココンと軽く竿先をたたくようなアタリが出た後に、大きくグ〜ンと竿先が入りました。
 すぐに竿を持って、心地よい魚信を感じつつ手前に引き寄せてくると、現れたのは、マゴチの47cm

クリックすると元のサイズで表示します

狙いのヒラメではないものの、一投目からあっさりとマゴチが登場すると、やっぱりというか、さすが銀平!?その効果は絶大!?と一気に期待が高まります。「これなら今日は、ヒラメ、マゴチバンバンやな!?」などと分けわからんことをつぶやきつつ元気に竿を振り始めます。
 ところが・・・そうところがです。
 期待と予想に反して、そこからは、投げても投げても全くお魚が反応してくれません。そらそうや、そんな簡単にマゴヒラが釣れたら誰も苦労しないはと改めて思い直して冷静に納得。その後は、黙々といつ来るかわからない出来事に期待しつつ、竿を振り続けます。
 しかし、地道な努力むなしくその後も、反応がないまま、ただただ時間が経過。次第にに「スミイチ」の様相を呈し、気が付けば用意した必殺「銀平」も遂に底をついて、遂にジ・エンド!?
 即マゴチの釣果に一瞬舞い上がったものの終わってみれば、スミイチマゴチで終了。期待の銀平不発に、がっくりです。
 やむなく、残り時間を予備で持ってきた塩イワシで対応することにして、釣り始めますが、やはりといいますか、アタリは出るものの釣れたのは定番の外道、ウミヘビに、中型のエイ。ま、こんなもんやなと、思いつつ納竿間際ボーっと竿先を見つめていると突然竿先がグイっと大きく入って一瞬竿尻が浮きかけました。
 中々のアタリに、ここぞと大合わせをするとど〜んとお魚の手応えが・・・これはと思いつつも過去、塩イワシでは、エイ、デカウミヘビの実績が高確率なこともあり、デカウミヘビ、エイなどの外道か本命のマゴヒラかは、姿を見るまで分かりません。それなりの手応えを感じつつ、期待半分あきらめ半分で巻き続け、そろそろ姿が見えるはずと水面を凝視していると、な、なんと姿を現したのは、大きなヒラメ。びっくりです。半世紀中年さんにタモ入れをしていただき無事確保したのは実寸で61cmの肉厚の大きなヒラメ!?


クリックすると元のサイズで表示します

 特効エサの銀平が不発で、完全にあきらめ気分で投入した予備エサの塩イワシが幸運をもたらすとは、全くの想定外!?投げ釣りは、ほんと最後まで分からないものですね〜(笑
 いずれにしても、日本海の連敗ストップを果たし、肉厚大きなヒラメを手中に収めた今回釣行、ルンルンで帰宅後は、大きなヒラメを丁重に卸して、1週間かけてすべて美味しくいただきました。













にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
3

2020/7/25

三重県熊野 キュウセン 釣行記 5月27日  投げ釣り

三重県熊野 キュウセン・メイチダイ 釣行記 5月27日 中潮

 前回、日本海アイナメ釣行後、一週間もたたないうちに緊急事態宣言が発令され、以降、二か月近くに及ぶ釣行自粛の日々が訪れます。
 自分自身も、いわゆる高齢者に足を踏み入れていることもあり、ここはぐっと我慢で、自粛の日々を経験、最初は体重増加におびえたものの釣りのための体力維持とばかりにはじめたウオーキングが功を奏して元の体重を取り戻したばかりか、気が付けば標準体重を割り込んで大喜び。ところが、確かに体重は落ちたものの、鍛えていない上半身の筋力が目に見えて落ちていることにある日ふと気づいて、今度は、がっくり(笑 
 てなことで、緊急事態宣言解除を受けてバランスを取らなければと上半身の筋力維持のために早速、竿を振ることを企てます。(笑)
 この時期、毎年、熊野でいつもお世話になっている船頭の親父さんに電話を入れると、こっちもようやく最近営業再開したばかりだけど、かまへんよ、よかったらおいでや、と快い返事が返ってきました。ならばと、言われたマスクをもって翌朝、渡船乗場で、親父さんにご挨拶。早速、目的のポイントに渡礁し、マスクをはずして、釣り開始です。
 暫くして、すべての竿を出し終え、アタリを待ちつつ、初夏の熊野の自然を眺めているとそれだけで、今までの抑圧されたような気分が、みるみる晴れやかになっていき、これこれ、これ、これだよな〜と一人納得、何故かにこやかになってきます。
 大好きな熊野の海で、久しぶりに竿を振れる幸せに浸りながら気分良くすべての仕掛けを投入し、釣り始めます。後は気持ちよい大きなアタリと狙いの大物が釣れてくれれば申し分ないのですが、そこは、なかなか狙いどおりには・・・(笑)竿先は静かなままで、聞こえるのは、いつもより大きめのウネリで寄せる大きな波の音だけ。
 とはいえ、以前からゆうたろうに限っては、ここ熊野で何故か朝一から良いスタートを切ったことが余りなく、いつもアタリが出始めるのは、徐々に日が高くなってきてからということで、いつものこととあきらめつつ投げ返していると、一時間ほどしてやはりといいますか、ようやく初アタリが出ます。
 やっと来たかとのんびり構えていると一気に竿先が入って竿尻が浮きかけます。ちょっとあわてますがあ、急いで竿を掴んで軽く合わせて巻き始めると激しく抵抗する魚の動きが手元に伝わります。なかなかの手応えに、何が来たのかと思っていると現れたのは、メイチダイの35cm

 クリックすると元のサイズで表示します

 いきなり、食べても最高においしく、アタリも手ごたえも良いメイチダイの良型が登場し、気分も最高、ほくほくです。このメイチダイの登場を境にして、ポツリポツリとアタリが続きます。しかも、釣れる魚は、いつにも増して良型ぞろい。
 続けて、メイチダイの36cm

 クリックすると元のサイズで表示します

 そして、狙いの本命のキュウセンが登場。28cmで目標の大きさには届きませんが、Bランクのなかなかの良型です。

 クリックすると元のサイズで表示します

 良型のお魚の連発に、なんか今日はいつになくラッキーやなと不思議な気分に包まれていると、またまた竿尻が浮く大アタリが出ます。このアタリならメイチの良型かなと思いつつ巻き始めると手応えは微妙に違うようで、まさか、ひょっとしてキュウセン?と思って巻いてくると・・・現れたのはやはりキュウセン、しかもなかなかの良型です。手元に引き寄せて、思わずでかい!?とつぶやいてしいまいました。どきどきで、計測するとなんと30cmに届いています。

 クリックすると元のサイズで表示します

 キュウセンを狙って、随分熊野に足を運んできましたが、今まで28cmUPもめったに釣れない結果に、正直、自分には30cmUPのキュウセンなんて絶対無理と諦めていましたので、念願のキュウセン手にして、思わず「よっしゃー」のひとり雄たけび!?熊野の磯で、いい年のおっさんが「あ○丸出し」です。(笑) 
 このお魚、丁重にタオルに包み、クーラーに収めて帰宅後、魚拓に挑戦!拓寸30.6cmの自己記録のキュウセンとなりました。 

クリックすると元のサイズで表示します

 そして、このあともアタリが続きます。このキュウセンの直後に、35cmUPのメイチダイを追加。(タイドプールで泳がせていたところ大きな波でお帰りのため写真はなし)更に、27cmのキュウセンに、26cmのカワハギのおまけも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ということで、この日はコロナ緊急事態宣言明けの久々の熊野で大満足の釣りを堪能。予定どおり午前11時過ぎには納竿し、お昼にはおいしい食材の詰まった重たいクーラーを抱えて、迎えの渡船で熊野の磯を後にしました。
 帰宅後は、持ち帰った熊野の海の食材で、舌鼓。メイチダイ、カワハギは言うまでもなく誰もが認めるとてもおいしいお魚ですが、意外にも大きなキュウセンもなかなかのもので、筋肉質のもっちりとしたお造りとほっこりふわふわの塩焼きは、絶品で、メイチダイ、カワハギに勝るとも劣らない美味しさと思うのはゆうたろうだけ?
 いずれにしても、温かく迎えてくれた熊野のおいしいお魚たちには、大満足で感謝しかありません。はい!?(笑)
 










にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2

2020/6/28

兵庫 アイナメ 釣行記 4月7日  投げ釣り

兵庫県 アイナメ 釣行記 4月7日

 日に日にコロナの影響が大きくなる中、3密を避けて、カワハギがだめなら、でかいアイナメでもと例年この時期に毎年訪れる兵庫県の日本海へ。
 「大きなアイナメが釣れる」ということで、ここ数年、日本海には度々足を運んでいるのですが、何故かゆうたろうには、釣れるはず(?)の大きなアイナメが全く釣れません。
 ま、これも実力ということで、一応納得ですが、あきらめが悪いといいますか、下手でも間違いや、まぐれはあるはずということで、毎年毎年かすかな希望と期待だけは捨てずにしつこく通っているのですが・・・結果から言えば、今年も例年どおり、実力を発揮しただけ・・・ということでした。(笑

 この時期の日本海は、お天気にもかかわらず、結構不安定なことも多く、今日も快晴微風にもかかわらず沖に出ると結構なうねりが・・・ということで、渡れる磯は限られており、選択の余地がないままに、船頭任せで渡礁。
 沖向きは波のうねりが高くて近寄りがたいということで、内向きを中心に大きなアイナメとの遭遇を夢見て投げ始めます。いつものごとく根がかりが頻発する中、何投かする内に、初めてのアタリが出でて、期待しましたが、結果は、いつもの子コブ(30cmほどのコブダイ)でがっくり。
 それでも、あきらめずに投げ続けていると昨年イシダイを釣ったポイントで、やっとそれらしいガンガンのアタリ!?大きく合わせて巻いてくると現れたのがアイナメの40cn

クリックすると元のサイズで表示します

 ボウズ逃れの一匹、しかもいきなり40UP良型ということで、俄然元気が出てきます。気分は、一気に前向き、さあ次こそは、45cmUP!ということで、根がかりも何のその、元気に投げ返していきますが、そう簡単に釣れるはずもなく、期待とは裏腹に、根がかり、小コブ、根がかり、小ガシラ、根がかり、デカヒガンフグと、疲れる時間が続きます。
 やっぱりなと思いつつ、ここは我慢の時間と投げ続けているとしばらくすると竿先をガンガンとたたく大アタリ・・・やっと来た、これはと一瞬期待したものの現れたのは、サイズダウンのアイナメの37cm。

クリックすると元のサイズで表示します

 目標には程遠いのですが、よく太ったアイナメはおいしそうですので、アイナメに感謝しつつ丁重にクーラーへ。
 やはり今日もむつかしいなと思いつつ、引き続き根がかりと格闘していると、この直後、竿尻が浮く大アタリがでます。よっしゃ!?と声をかけ今度こそまぐれででっかいアイナメがと期待を込めて合わせると・・・が〜ん、何故か根がにかり!?
 なんでやねんとぼやきつつ、竿を色々振ってみるものの外れそうにありません。それでも、魚信がかすかに手元に伝わってきますので、あきらめきれずテンションを軽くかけて放置することに・・・しばらくすると、竿先にぐいぐい引っ張るあたりがでて、魚が動いていることが目線に入ってきました。魚が動いて、根がかりがはずれていることを期待して竿を煽ると一瞬ずるっと動きました。ラッキーと一気に強引にまき始めるとズルズルと動いて根がかりを脱出。心地よい手応えを感じつつ巻いてくると現れたのは・・・アイナメではありません。
 最初はいったい何がと思いましたが、一気に抜き上げよく見るとな、なんとアコウ、キジハタです。計測すると35cm。特別大きくはありませんが、とてもおいしいお魚ですのでにんまり。

クリックすると元のサイズで表示します

 幸運にも、このキジハタを確保できたことに気分を良くして、この後も納竿時間まで頑張ったものの、結局、この日も、例年のごとく目標の大きなアイナメを見ることなく終了となりました。
 それにしても、相変わらず下手といいますか、カワハギに続いて、狙いの大物に2連敗・・・いつになったらまぐれの一発がきてくれるのやら・・・ま、釣りに行かなければ釣れませんので、また我慢の釣行っを重ねるしかありませんね〜(笑
 
 狙いの大きなアイナメに振られた今回釣行ですが、アイナメとキジハタの型物を確保し食材的には十分満足の結果に。帰宅後は、久々のアコウとアイナメをお造り、炙り、フライに調理し、大変おいしくいただきました。日本海の恵みに感謝!



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
3

2020/4/4

和歌山南紀 カワハギ 釣行記 3月25日  投げ釣り

和歌山南紀 カワハギ 釣行記 3月25日 大潮

 ようやく「コロナ」の自粛期間も終了し、ぼちぼち釣行再開の条件が・・・と、いうことで、早速、竿を振りたいところですが・・・まずは、緊急事態宣言前に釣行し、UPを控えていた釣行記録から再開です。
 

 3月下旬、花粉症で、外出を控えていた半世紀中年さんから、落ち着いてきたのでどうですか?!と久しぶりの釣行のお誘いが・・・ということで、前回は、不調でしたが、やっぱりこの時期の定番といえば、オジサンにやさしいはずの南紀カワハギ狙いしかないか!?ということで、またまたデカパンカワハギ狙いに行ってまいりました。
 いつものとおり、ランクルで現地到着後、仮眠をとって、5時起床。いよいよ釣り場に向かう準備を進めていると・・・突然、ゆうたろうさん!と声をかけられます。
 まだ夜明け前でアタリは真っ暗、しかも、老人性難聴で耳が遠くなり始めたゆうたろう(笑)一瞬聞き間違いかなと声がしたほうを見ると「○○さんですよね。西大阪サーフの○田です。」と言われて、ビックリ。
 確か、愛称は、ハゲプロさんだったと思いますが、投げ釣りの世界の超大物師で、大、大先輩です。以前に一度だけ、同じく、超大物師で、大、大先輩のイカプロさんやフグタロウさんにお誘いいただいた宴席で、ご一緒させていただいたことがありますが、投げ釣りの経験・実績とも抜群で、ゆうたろうからすれば、雲の上のような存在のお方です。そんな素晴らしい大先輩に名前を憶えていただいていたばかりか、声をかけていただき大感激!ご無沙汰のご挨拶を交わして、しばし、釣り談義に花を咲かせました。
 ということで、今回の釣行で、最大のサプライズといいますか、最もうれしかったことが、○田(ハゲプロ)さんにお会いでき色々と久しぶりにお話ができたこと・・・お知り合いの方々もご紹介いただき、とても思い出に残る釣行となりました。

 で・・・
 ということは・・・
 ご想像通りで、本命の釣行結果は・・・
 相変わらずといいますか、数は出るのですが、やはり、めぐりあわせが悪いといいますか、下手くそといいますか、これはという大きな一匹が釣れません。
 31cmを頭にカワハギの型物7枚に寸足ら8枚、ま、プチサプライズということで、投げ釣りではレアなタカノハダイの型物が登場。ゆうたろうにとっては人生2匹目の型物のタカノハダイで少し嬉しかったのですが、全日本サーフ以外の人には、なんじゃそれ!?そんなん釣ってどこがうれしいんや!?と言われるお魚であることも事実かと(笑・・・
 
 ということで、この日、全体に小ぶりで、これはという大物には程遠い釣果に、少し意気消沈のゆうたろうですが・・・
いえ、いえ、これだけ釣らせていただいて、もちろん不満ということではありません。
ただ・・・ちょっと一匹だけ・・・35cmほどのカワハギが・・・は、は、は、は、それはないか!?
 

カワハギ31cm
クリックすると元のサイズで表示します

タカノハダイ35cm
クリックすると元のサイズで表示します

カワハギ26cm  カワハギ26cm  カワハギ26cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

カワハギ26cm  カワハギ27cm  カワハギ27cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


 今回釣行、超大物にはふられたものの、お土産といいますか、食材てきには、申し分無い釣果で、帰宅後、山の神ともどもおいしいカワハギ料理を存分に堪能いたしました。



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
1

2020/3/24

徳島鳴門 アイナメ 釣行記 3月18日  投げ釣り

徳島鳴門 アイナメ 釣行記 3月18日 小潮

 「コロナ」で自粛していたわけではありませんが、この年になると何やかやと野暮用が色々ありまして、結果自粛しているのと同じようなことに・・・
 ま、それでも、この間2度ほど釣行に・・・一度は、2月下旬、おっさんにやさしいお魚を狙って南紀に釣行したものの、結果は、26〜7cmのカワハギ3枚と全然おっさんにやさしくない結果に、がっくり(笑)
 ならばと・・・
 南がだめなら北の日本海でリベンジとばかりに、釣行を企てましたが、やっぱりこの時期の日本海は、むつかしいですね〜・・・ことごとく天候不良で、釣行断念に追い込まれました。
 仕方なく、色々悩んだ結果、近場でお茶を濁すことに・・・そして、直感といいますか、ひらめきを信じて、選択したのが徳島の鳴門。
 久々の夜アイナメを釣って、明けてからカレイもという狙いで、投げ釣りの冬の代表選手のカレイ・アイナメの両方を堪能するというまさに妄想たくましい作戦を立てたのですが・・・

 ということで、当日は、仕事終了後、大阪を出発し、夜中の零時過ぎに鳴門のポイントに到着。期待を込めて投げ始めます。
 ところが、この日は、一投目から予想に反して、アタリが連発!?
 一瞬、これはと思いましたが・・・やはり、そんなうまい話があるはずもなく、結果は、根がかり!?、スカッ!?、根がかり!?と、ことごとくハズレばかりで・・・ガックリ。
 やっぱり、簡単にはいかんな〜と思っているとようやく午前2時過ぎに竿先を激しくたたくアタリで今季初のアイナメが登場。しかも、いきなり40cmUPの良型です。

クリックすると元のサイズで表示します

 久々の良型アイナメに気を良くして、その後も頑張りましたが、そこからアタリが遠のいて沈黙の時間が・・・
 いったんは、スミイチで終了か!?とあきらめかけましたが、夜明け前、最後の最後に幸運にも、小さなアタリでアイナメ35cmを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

 この夜明け前のアイナメを釣り上げたところで、納得のポイント異動。
 カレイ狙いにきりかえて頑張りますが、これがなかなか渋くて、これはという大きなアタリは、良型のヒガンフグ・・・
 それでも何とか、25、27と小さいマコを2枚釣った後に、小さく竿先を抑え込むあたりで終了間際、33cmのマコガレイが顔を見せてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

 ということで、この日は、幸運にも、アイナメ、カレイの型物を確保。久々に狙いどおりといいますか、納得の釣行となりました。
 帰宅後は、釣りの合間にキープした鳴門の春の食材、新ワカメを加えて、カレイは、お造り、アイナメは、炙り、から揚げの野菜あんかけと我が家の定番メニューで、「山の神」ともども鳴門の「春」を存分に堪能いたしました。



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ