amnjack のWeblog

AMNJACKのWeblogへようこそ!
(旧who-taroのweblogから変えました)
雑多なカテゴリー構成ですが,興味のあるジャンルを選んでご覧ください。
AMNJACK Whotaro

 
2022年8月1日にこのブログサービスは終了とのこと。 2006年よりお世話になって,2000を楽に超える記事を書いてきましたが,残念です。これまでの記事はバックアップできないようですので,新たなブログを探してました。 以下のブログに移行しますが,全く新しい記事となりますことをご了解ください。Teacup内の記事やコメントは8月までこのままにします。その後は消滅となります。 なお,GooBlogにそのままデータ移行が可能との情報があり,データ量2Gを移行してみました。一部エラーがありますが,ほとんど移行できてます。 新たなブログをどうしようか,迷いに迷ってます。 でも,以下に決めました。 新たなブログは 1.amnjackのNewBlog       https://blog.goo.ne.jp/amnjack88 です。 こちらにブックマークをよろしくお願いいたします。                                                                                                             

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:修造
物置から出してまで調べていただきありがとうございます。
>モーターの冷却はこの羽根車の中心付近の穴からモーター内の空気を吸い出して・・・。
モーター取付側のケーシングのスリットだけだとおそらくティシュは吸い込まれないか僅かに吸い込まれる程度でしょう。羽根車の中心付近の9個の穴が冷却吸い込みのミソかと。吹き出しノズル側が目詰まった時も回転はほとんど落ちませんでしたが、風量が減るので空気搬送能力が落ちブロワ内に発泡ビーズが残り、停止後、ご指摘のように穴と羽根車外周経由でスリットからモーター内に入ったものと推定しています。モーターのお尻に外扇がついた独立冷却なら吸引掃除に使用してもも問題ないのに。amnjackさんのおかげで内部も判明しているので、焼きつきとか無ければ直るからコスパを考えいじらず使います。
発泡ビーズが漏れ出た時はどうして?と思う以上に掃除が超大変、少しなのに掃除機使うと静電気で掃除機のホースや本体にくっつき、人が動いた風で散り、粘着テープなども動員して・・・。空気搬送で作業してよかったぁ〜。というブロワです。

https:/
投稿者:amnjack
やはりモーター側おしりのダクトのところにティッシュペーパーを当てると吸い込みますから,通常はフィンの方からモータ側には空気は流れないようです。回転が落ち,風速が弱まったところで,何かの拍子にビーズがモータ側の入ったのでしょうね。
投稿者:amnjack
回転が落ち風速が弱まったところで,そのような現象が起きたのですね。このスリットはフィンが高速回転してるとき,どっち側に風が流れられてるんでしょうね。吸い込みだったら大変だからモーターから排出ダクトかな?あとで調べます。今は物置に入れちゃったので,,,,
空気搬送って言う使い方もあるんですね。やったことなかった。
投稿者:修造
φ2の発泡スチロールビーズ約20リットルくらいを吸引して別な布袋に2、3回移送したのですが、送風先が目詰まり状態になってしまったため、止めた時に羽根車部に溜まったものがモーター側に入ったものと推測しています。つまり、吹き出し口側の風量大幅ダウンになる目詰まりをおこさない使い方で、ブロワ室にごみが残らないような吸引使いならモーター側にごみが入ってロックしてしまうようなことは起こりにくいかと思います。
なお、発泡ビーズ空気搬送時は、ブロワ入口のエキスパンドメタル(金網)は外して使用しました。
何しろφ2の発泡ビーズが一つまみでも部屋に散ったら部屋の気流と静電気で収拾がつかなくなりますので空気搬送したもの。
mnjackさんが吸引で使うのなら参考まで。

https:/
投稿者:amnjack
書き忘れましたが,このハンディーブロアの修理記事が修理おじさんのサイトにもありました。「使い捨て設計」とは言い得て妙!!
現行でも3000円くらいで売ってるんですね。


http://naorukamo.blog.fc2.com/blog-entry-477.html
投稿者:amnjack
モーター軸まわりのスリット2は全く関心を払ってませんでした。なるほど,冷却用だったのですか・・でも,それなら吸引(掃除機代わり)すると大変ですよね。まあ,この手の道具は掃除機代わりに使わないのが正解かと思いますが。ちゃんとした掃除機を使った方が能率がいいですよね。
断線箇所については意外でした。
投稿者:修造
中華製ではたまにありますね。プラグ成型時に無理セットしたり、カシメ時につながっていればOKで成型に流したり原因はたくさんあります。1/22の分解は大変参考になりました。
というのは、同型のブロワで12月に発砲ビーズ(φ2 ?)を空気搬送した際にモーターのおしりの空気穴からビーズが漏れてきましたた。モーターの冷却はこの羽根車の中心付近の穴からモーター内の空気を吸い出して冷やしていたのですね。
通常モーター内に送風部の物が入る構造にはしないはずなので不思議に思っていましたが、納得です。さすが中華の合理性??
延長コードつけて秋の枯葉掃除には活躍していますが吸引側では注意が必要ですね。

https:/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ