amnjack のWeblog

AMNJACKのWeblogへようこそ!
(旧who-taroのweblogから変えました)
雑多なカテゴリー構成ですが,興味のあるジャンルを選んでご覧ください。
AMNJACK Whotaro

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 クリックしてくださるとうれしいです

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:修造
大晦日直前にコロナ余裕?でレーザー研究??
参考までに、私の物はマイナス側に1Ω2W位のSMD制限抵抗がありました。
3.7Vでも放熱できればレーザー部は耐えられるのでしょう。でも駆動Trの電流仕様・温度も考慮がいるので無理はできないのかなと。

このポインタの弱点は一番初めのコメントのように仕様超過のMax50mAのタクトSWを使用して大電流を開閉・通電していることです。18650で光ったとしてもスイッチ接触不良が待っている可能性があります。
単4仕様ということは、温度上昇による連続使用できないので、電池電圧低下で保護するタイムダウン仕様か?!
光る時は、単4電池が暖かくなるほど電流が必要で電圧低下するとある点で電流ゼロになります。
なお、45℃でもわずかに光りましたが低温時(10℃)は電流だけ流れそれにより温度上昇して(18℃〜)少しづつ増光するようになりました。
投稿者:amnjack
「レーザーポインター修理 diy」で出てきたのがyoutubeのそれだったんです。でも、レーザーの色までは思いつきませんでした。まあ、点かなくなったら分解、やってみますけど、今は考えません。
レーザーユニットの温度、わざわざ実験して教えていただきありがとうございます。温度に敏感だとは聞いていたけど、かなりシビアなんですね。温度変化は発行させていって上昇したってことでしょうか。けっこう上がるものですね。
私の方は、18650を付けてしばらく発行させて様子を見ていました。3.7Vは超えていたと思いますが、けっこう安定して光ってました。単4だとスイッチ入れてすぐに光線が見えなくなります。
たぶん750mAH程度でしょうから350mA流すと電圧降下がすぐに起こるってことではないかなと感じてます。あるいは端子の接触不良かな、バネの部分など不安定ではと思いますが、他の人に現象が起きてないのがちょっとなぁ・・・

それと同じような品物がAliでは200円ちょっとで出てるんですね。これなら壊してみるのもいいかなって思います。(発注)Aliはリンクできないようですので省略

今年もあと一日。こちらも休み休み掃除してます。埼玉の娘夫婦も帰省しないようですので、手抜きです。
投稿者:修造
分解Youtube見ましたが、内部ユニットが違うようです。
(赤レーザーポインタでは同様に抜けるものがありました。スイッチ押しても光らないと見たら基板=ユニットが少し回転してタクトSWを押せなくなっていた)
amnjackさんの物もYoutube同様であればペンチキズ覚悟なら分解できますね。
大晦日前日の掃除の合間??にAN8009テスターで裸熱電対を使用してレーザーユニットの外皮温測定。10℃に冷却すると3V340mA消費するも光らず、18℃で僅かに光出し、24〜36℃が実用光度。30〜33℃が最大光度(目視で)。
24〜36℃まで2.25分=かなり冷却が重要であることがわかりました。やはり金属ケースは必要不可欠のようです。39℃位から暗くなり45℃ではそのまま目視できるほど暗くなった。10℃から45℃まで3.04Vで330〜340mAは変わりません。 以上、掃除は未完了なり。
投稿者:amnjack
修造様
別便で画像を送ってくださり,ありがとうございます。機会あったら紹介したいと思います。


>初め暗く電流で温まるにつれ明るくなる。
ということは私のような現象は見られなかったのですね。
レーザーヘッドの加熱の問題も考えられるので,ヘッド部分を触ってみたのですが,変化は感じられず,むしろ電池ケースの方が暖かくなりました(これは熱くならないときもある??)。
接触の問題かなとも思いますが,まだ追求してません。
ケースを壊すのもまだ勿体ないので,とりあえず18650外付けで,やってみます。これでも起こるようなら,レーザーユニットまわりということになるでしょうから,分解かな?
分解は力業で,こんなのが見つかりました。
https://www.youtube.com/watch?v=JJm30pj50ws
投稿者:修造
測定していないのですが、筒形金属ケースはレーザーユニットの放熱器となっていると思います。暇みて分解ユニットで連続発光時の温度測るかな。
投稿者:修造
おじゃま虫の修造〜。
同ペン型持ってます。1本は一番古く中華詐称の50mWの記載あり。他の4本は>5mWとある。電流は3V電源でどれも約400mA。一番明るい感じの50mWでの経験では冬は、初め暗く電流で温まるにつれ明るくなる。ポケットに入れて温めておくとすぐ光る。電圧や電流図っていないけど電池の低温特性とは思えない。なお、>5mWの物の1本が不調になり分解しようとしたが困難。結局、ケース切断、原因はスイッチの仕様超過の設計で接触不良。
秋月の単三3本ケースに組み直し、抵抗式輝度切替SWも組込み使用。
夜空にスーッと幾筋の緑の光、空気中のチリはこんなにあるのかと思いますよね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ