amnjack のWeblog

AMNJACKのWeblogへようこそ!
(旧who-taroのweblogから変えました)
雑多なカテゴリー構成ですが,興味のあるジャンルを選んでご覧ください。
AMNJACK Whotaro

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 クリックしてくださるとうれしいです

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:修造
amnjackさん、mytoshiさん、ありがとうございます。
MiBOXER C4 測定アダプタ作らず、ポチりそうですが、
>3Aタイプは・・改悪・・感じとありますが、C8タイプ? 1.5A仕様としか記載がなかったもので3Aタイプもあるのかなと?
問題は 確かにこちらも空腹ではないなぁ。
また機器が増え置き場所クレームの危機も・・・。
投稿者:amnjack
mytoshiさん,コメントありがとうございます。
amazonのこれですね。
https://www.amazon.co.jp/MiBOXER-%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E5%85%85%E9%9B%BB%E5%99%A8-18650-%E6%9C%80%E5%A4%A71-5A-C4/dp/B08DG4TF3X/ref=sr_1_5?adgrpid=81408518623&dchild=1&gclid=CjwKCAjw0On8BRAgEiwAincsHNHOfNq9waPdchZ8-eYlhPQbY2xlzoamRn8ZVoUIOcJpAYJrmn8qpRoCYawQAvD_BwE&hvadid=395483041875&hvdev=c&hvlocphy=1009208&hvnetw=g&hvqmt=e&hvrand=5997836372139624320&hvtargid=kwd-839833763481&hydadcr=14992_10893056&jp-ad-ap=0&keywords=miboxer+%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E5%85%85%E9%9B%BB%E5%99%A8&qid=1604013916&sr=8-5&tag=googhydr-22
充電器はもう合わせて10本以上作っちゃったから(19650用ですが),もうおなかいっぱいですけど,欲しいものリストに入れときます。
内部抵抗については,直流方式で,感棚の実験してみようかなと思ってますけど,そもそもの内部抵抗ってのが,よく分かってない。電流によって変化するので「この電池の」って固定的には言い切れないみたいですね。まあ,劣化を調べるには条件を統一すれば良いけど,,,,
投稿者:mytoshi
内部抵抗はどれくらい充電されているかによっても変化しますから、ピンポイントで測定しても面白くないです。電池ボックスの接触抵抗も無視できませんし。
DE-5000持ってますがアダプターは作っていません。

私はリチウムイオン充電池やニッケル水素充電池の内部抵抗と劣化状況を判断するには、2年前に購入した充電器(MiBOXER C4)がとても役に立っています。充電が進むと内部抵抗が下がっていく様子が分かって楽しいです。
充電中も数秒おきに内部抵抗を実測してそれに応じた充電電流を流してくれるのでとても良いです。手動で0.1A単位で充電電流増やすことの可能ですが、充電池が劣化していると内部抵抗に応じて自動的に電流低下します。
安い充電池はすぐに劣化しますが、panasonicのNCR18650Bやエネループスタンダードはとても安定していて素晴らしいです。
充電中の状況を外部出力する機能が無い事だけが惜しいですけど3000円以下の充電器ですからしょうがない。

今は「MiBOXER 電池充電器」という名前でAmazonに出ていました。 【 最大1.5A 】C4 という機種がAC100VとDC12Vの両方で使えて便利です。3Aタイプは充電電流は増えましたが他の部分が改悪されていると感じました。
投稿者:amnjack
ラジオペンチさんのこの記事でしょうかね?
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-803.html
DE-5000って今値下がりしてますよ!以前は7.8kだったような・・・
内部抵抗は刈るのって面白そうだけど,確かにそれでどうかっていうと,測っておしまいなんですよね。趣味でわりきれば良いのか?
投稿者:修造
そうだぁ。たしかamnjackさんがラジオペンさんの電池の内部抵抗測定アダプタ作って・・・の紹介にDE-5000持ってるものの1μFのフィルムコンが手持ち無くそのままに。
秋月 八潮なら駐車場あるし行ってくるか。
でも、ボロい電池の内部抵抗○○mΩとか寿命関係データ採っても電池活性化手法を持ち合わせていないのに意味ないか??
投稿者:amnjack
いやいや,ZB2L3のデフォルト設定が3Vだっただけで,他意はありません。調べてみたら,放電終止電圧ってだいたいが2.5Vのようですね。なぜZB2L3が3Vなのかは分かりませんが,,,
1Aで2時間長し続けることの意味ってホントはどうなのかというのは確かに。実際にはこんなに丁寧にしてなくて,ちょっと弱まってきたかなという状態で,充電してしまいます。手持ちはみな古いものばかりです。
放電特性のほかにも,内部抵抗を測るのも面白そうです。高いテスターを買えばできそうですが,やはりそこまでは・・・・って感じです。
投稿者:修造
ふぅ〜む。
amnjackさんのような専門家は安全を見た終止電圧設定での測定をして2.5Vまでの追加測定、確かに・・。
わたしらSHIROUTOは機器についている保護回路の終止電圧でしか利用できないのでDW01のように2.5Vの物も多いようなのでZB2L3での測定値は参考になりますが、劣化も含めて電池状態を実際の負荷や電球、LED等に時計をパラ接して使用可能時間の確認をするしかないと思います。測定器で伝の特性曲線を出し、測定容量から電流や電圧値で除して時間を出すことはついホントにその時間持つの?と疑問に思ってしまうのはTOHSHOROだから? 概ね 合うはずですけどね。メタルクラッドの5Ωをモバイルバッテリーにつないで時間を測ると劣化してきた時の残量表示灯との違いなどがわかりました。(ボロばかり使用しているびんぼー人だから)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ