amnjack のWeblog

AMNJACKのWeblogへようこそ!
(旧who-taroのweblogから変えました)
雑多なカテゴリー構成ですが,興味のあるジャンルを選んでご覧ください。
AMNJACK Whotaro

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 クリックしてくださるとうれしいです

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:amnjack
修造さん,コメントありがとうございます。
私も電動自転車用の18650を格安で10本入手しています。
今のマキタ互換電池パックの耐久性は分からないですげ,すぐに寿命が来るとして,そのときはバラして,中身を調べるつもりです。インパクトとしては,そこそこ使えそうなので,しばらく様子見です。
ご紹介の「Anmbest 5S 18V 21V 15A 18650充電器PCB BMS保護ボード」も検討しましょう。
同じようなボードで直列4セルと,記事にもした3セルについてはある体小渡性能が分かってきました。18V用として5セル用も持っていると便利そうですね。
投稿者:修造
危険な電池としてリチウム電池は有名ですが、ビデオカメラ用の18650の2本組パックを超安く多く入手できたので、老朽化した同容量の草切り18Vバッテリーを何回か分解、組換えて使用中。内部にはサーミスタがあり過熱時は機器側で遮断する端子あり。別センサ組込み使用中に測温すると60℃で遮断していた。充電中もも同様でした。新旧2個のパックのうち旧型は個別監視基板なくサーミスタのみ。
現在は5セル用「Anmbest 5S 18V 21V 15A 18650充電器PCB BMS保護ボード」を組込み充放電電圧監視して使用。各電池から測定用端子を出しこのwebでも出てくた18650の1本用充放電基板を使い、充電後の充電確認とバランスが崩れている場合は追加充電して使用。
18650は1〜1.5A程度の電流で時間をかけた充電で使用し、各セル監視すれば問題なさそうです。急がば廻れです。重要なことは電圧、電流による保護に頼るのではなくエネルギーを持った電池の異常時は発熱するので80℃以下の温度ヒューズで機械的に早期遮断する構造に改造しておくことが「金バケツ内充電」を更に安全にすると思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ