amnjack のWeblog

AMNJACKのWeblogへようこそ!
(旧who-taroのweblogから変えました)
雑多なカテゴリー構成ですが,興味のあるジャンルを選んでご覧ください。
AMNJACK Whotaro

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 クリックしてくださるとうれしいです

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:amnjack
>コード式は、ドリル本体です。
そっかぁ!例の方式ですね。
>金バケツ・・・
昔自校給食だった頃の廃棄された配膳用のアルミバケツがあります。これ意外と便利です。その他ペール感なんかも使えそうですね。
おすすめに従ってアップしてみようかな?
もう少し電池が消耗してから充電しますね。今,何にも工作してないので,減らない。
投稿者:おじさん
金バケツは、いいですね。
最初から発火するとして対応しておけば、ある意味 安全ですよね!!
このアイディアは、普及すると思いますよ〜。
大いに公開すべきですね。
是非その姿を、あちらこちらにUPしてください。
社会貢献ですよ〜。
消防さんは、苦笑いすると思いますが...
発火爆発対応ボックスを作れば、相当数 売れる気がしてきました。
このコメントを読まれた鉄工場の方、お作りになって販売してみたら いかがでしょうか?

コード式は、ドリル本体です。

充電器は、クランプメーターで、入力電流を測って逆算します。
充電器の熱さで、だいだいに、○○W くらい引くかなぁです。
投稿者:amnjack
もう買ってしまったので、恐る恐る使うしかないのですよぉ・・・
あとでまとめたいと思いますが、手持ちの互換充電器はDC18RCで一世代前の充電器と思われます。18RFは急速充電で40分くらいで満充電になりそうですが、私のはかなり時間がかかる。そのうち調べますが、電流量は分かりませんけど、事故が起き易いのは急速充電器のようで、1C充電より電流はありそうですが、その分ちょっと救われている感じです。金のバケツに入れて充電します。
電池は出力こそ2端子ですが、充電監視用にごちゃごちゃいろんな端子が来ています。その中身も調べられたらやりますけど、バラすとやばいかな?
12Vの車載バッテリーもありますが、2端子ではたぶん充電しないかなとおもいます。
投稿者:おじさん
ては、今後どうしたらよいのでしょうか?
はい、外部コード式かな。
マキタそっくり品は12vでも動くかもしれませんね、
もし動けば、こちらのほうが安心して使用できますよね。

互換バッテリーで火事になられた方がおられますね↓。
https://www.youtube.com/watch?v=s19ZI4tN12c
投稿者:amnjack
修理おじさんのご指摘のように,互換バッテリーの危険性については,例えば以下のような記事があります。
自分で買っておいて,紹介するのもナンですが・・・
https://voltechno.com/blog/compatible-battery/
投稿者:amnjack
おじさん、コメントありがとうございます。NITEの動画見たことあります。マキタも注意喚起してますね。
先にフル充電したのですが、確かにおそるおそるやりました。電池の注意書書きにも「その場を離れるな」的なことが書いてあります。
CEマークとかPSEマークってのも信用ならないんでしょうかね?一応、中華ではなくて(中華の場合送料が高い)、国産にしたのですが・・・・

マキタの純正は手が出ないです。本体も電池も、充電器も・・・orz
投稿者:おじさん
追伸
ここを、ご覧くださいね!!

https://www.youtube.com/watch?v=RH9wbirxRWE
投稿者:おじさん
こんにちは

ネットで、検索していますと、
マキタ純正バッテリパックは、1セルごとに監視回路がついているのですが、
互換電池パックは全直列状態のみの監視回路のようですね。
充電時 や 充電後冷却終了まで は、
その場を離れないほうが良い気がします。
ご注意を!!!!!
消火器の ご用意も必要かもしれません。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ