amnjack のWeblog

AMNJACKのWeblogへようこそ!
(旧who-taroのweblogから変えました)
雑多なカテゴリー構成ですが,興味のあるジャンルを選んでご覧ください。
AMNJACK Whotaro

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 クリックしてくださるとうれしいです

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:amnjack
そうかぁ・・・フリスクでやればもっとスマートですよね。またしつこくやったりして・・・(笑)
いくつか作りましたが、このMOSFETを使ったやつが小さくまとめられていいと思います。チップのLEDを使えば面白い。(手持ちは白ばかりでVfが問題だけど・・・)
明るさの変化もまあありますので、静電気の強弱も定量的には無理ですが、ある程度は分かります。ちょっと面白かったんで2つめを作った次第。正負の電荷が分かるのもいいと思いました。
投稿者:mytoshi
帯電の強さを光り方で判定するには増幅して点灯させるトランジスタ式が向いていますね。
FETはON-OFF制御ですから光り方同じになる?
投稿者:mytoshi
高感度で誤動作するほうが遊ぶにはもってこいです。
FETの感度調整をしなくてもLEDの明るさを調整するだけである程度使いこなせることが分かる記事で大助かりです!
諦めずにしつこく攻めて完成度をあげる!改善を続ける精神は大好きです。

手持ちして手軽に静電気の状態を調べることが出来るのは便利です。
プラスマイナスだけでなく光り具合によって帯電の強さも判定可能?
この手の大きさだとフリスクの空きケース使う人が多いですが、私は買ったことが無いから手頃なケース探しに苦労します。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ