amnjack のWeblog

AMNJACKのWeblogへようこそ!
(旧who-taroのweblogから変えました)
雑多なカテゴリー構成ですが,興味のあるジャンルを選んでご覧ください。
AMNJACK Whotaro

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 クリックしてくださるとうれしいです

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:amnjack
測定器の精度についていろいろ計ってました。それは別にアップしました。
それから表示についての,私の曖昧なところも分かりました。10mΩで1/100煮してOPAで100倍にしてるんだから.小数点はここでいいんですね。
測定値は,m,ああアバウトな物だと思います,厳密さを求めるわけでもないので,このまままとめようかなと思います。もし,オフセットをVRで調整する方法があったら,事のついでにやってみたいのですが,面倒くさいかな?
投稿者:ja7jqj
申し訳ありません。
数値をよく読んでいませんでした。
オフセットが+46mVですから+46mA相当ですね。
表示は0.05と表示してほしいところですが、
0.07(V)ですから7mAではなく70mAですね。
気圧計ロガーが30mA流れていれば、
70mA+30mA=100mAとなりますが表示は0.11、
110mAとなっていますから誤差範囲ですね。

Opアンプのオフセットが46mV
表示器のオフセットが20mV程度あるようです。
今の状態は70mA多く表示しています。
ファンモーターの消費電流が40mAですから、
70mA多く表示するとなると110mAになります。
表示が0.11ですから11mAでは無く110mAで正常に動作しています。

市販の電流計も微少電流の誤差は大きいようです。
この精度を上げるにはオフセット調整を入れるか、
検出抵抗を大きくして定数を変更するかになります。

私の作ったものはオフセットが-20mVありましたが、
データーロガーで収集したデーターはエクセルで補正していますし、
私の使用目的は充電電流が正常に流れているかを知るのが目的ですので、
今のところ問題なく使っています。
オフセット調整も入れてみたいと思います。
投稿者:ja7jqj
46mvはちょっと多めですが正常に動作していますね!
表示器では0.05と表示してほしいところですが表示器の精度もそんなところでは無いでしょうか。
電圧表示器単体での精度も確認しておくと良いでしょう。
市販の表示器も精度を確認してみて下さい。
ファンモーターは綺麗な直流とはいえないし,テスターの電流レンジは内部抵抗が大きいので注意して下さい。
手頃な負荷としては1kΩで5mA、100Ωで50mA、後は100Ωを並列にしていけば良いと思います。
私はタブレットパソコンの充電電流を毎日モニターして正常に充電されているか確認しています。
充電電流は1.2Aでコネクターの調子が悪いと電流が少なくなります。
最大電流が流れているときは電圧に切り替えて5Vがどの程度低下しているか確認しています。
Oアンプの出力には以前製作した秋月のテスターP-10を接続して充電カーブをグラフ化してリチウム電池の容量を調べています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ