amnjack のWeblog

AMNJACKのWeblogへようこそ!
(旧who-taroのweblogから変えました)
雑多なカテゴリー構成ですが,興味のあるジャンルを選んでご覧ください。
AMNJACK Whotaro

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村 クリックしてくださるとうれしいです

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:amnjack
ja7jqjさん
確かにこれだけ近づくと,リングライトのような光源が欲しくなりますね。
今,自分が持ってるのは,9cm径のもので,この接写には真ん中が暗くなりそうです。
http://www.geocities.jp/mkttid/led_ringlight.html

お教えいただいたように,何らかのディフューザーも良いんでしょうね。たぶん内蔵ストロボだと,レンズが長いので,影ができそうです。このへんもう一工夫の要ありでしょうかね。と,また,接写のはまりそうですが,こらえないと・・・

倍率のこと了解いたしました。センサーが小さくなってくる分,写り込んだ像が見かけでは大きくなって写るってことをいいたかったんです。あんまり等倍で撮るとか意識はなかったです。素人はこれだから・・・って思われちゃいますね。

リングはそれほど難しいシステムではないので,遊び程度ならこんな中華製でもまあ使えるってことが分かりました。どれだけ持つかは分かりませんが,,,

話は変わりますが,,jh3gpnがJ2の動作についてお尋ねのようでしたが,ごらんになりましたか?
投稿者:ja7jqj
接写面白そうですね
コンパクトカメラではよくやりましたが、一眼レフでは試したことが無いのすが、
A4またはA3ぐらいの紙にレンズが通せる穴を開けて(一工夫が必要ですが)
一眼レフの内蔵ストロボを発光させ撮影する。そのとき絞り込んで被写界深度を深くすると、ピントの合う範囲が広くなり、光も拡散されて影が出来にくくなります。
接写リングがあれば試して見るのですが。
コンパクトデジカメではレンズ直前までピントは合ってもストロボは明るすぎて使えません。
そのときこの手を使うと光が弱く、拡散し綺麗な写真が撮れます。

撮影倍率ですがFX,DX,CXで撮影倍率は変わりません。
1cmのものが撮像素子上で1cmに写るとき撮影倍率が1倍ということになります。
プリントした場合に大きさは変わります。
AMNJackさんの言う倍率とは見たときの倍率と言うことだと思います。

Webから
●最大撮影倍率1倍と書かれている場合は被写体が一番大きく写る状態で撮影した場合、センサーに描写される大きさと写す物の大きさが大体同じと言う意味となります。
●撮影倍率とは?
実際の被写体の大きさを、イメージセンサー上に、どのくらいの大きさで写し撮ることができるかを数値化したものが撮影倍率です。また被写体が一番大きく写る撮影倍率を最大撮影倍率と言います。 例えば、イメージセンサー上で被写体を原寸大で写し込めれば等倍1.0x、半分の大きさまでしか撮れないのが0.5xとなります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ