癸卯雑識

USO 800 認証取得

 

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ごあいさつ

当ブログ“癸卯雑識”(きぼうざっしき) は、給水塔系サイト ALL ALONG THE WATERTOWER の首謀者であるK.T.が、ボツ写真の救済とヒマツブシのためにはじめたものです。念のためことわっておきますが、身辺雑記などをダラダラとつづるつもりはありません。

ご近所ブログ

    退屈男と本と街
    龍人の独り言
    風に吹かれて
    越後屋たぬき
    廃墟徒然草
    閑人亭日録
    油小路ニュー中猫屋
    給水塔見聞録
    Frog & Block
    瑞径閑話
    癸卯雑識 2.0

BBS(伝言板)

    給水塔からずっと

K.T. on twitter

    K.T. on twitter

コメントについて

記事の内容とは関係のないコメントはご遠慮願います。BBS も設置してありますので。
コメントの内容によっては、予告なく削除させていただく場合もございます。

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:K.T.
ハンパに新しい(築48年)というのが近代化遺産としてはキビシイところかもしれません。
これが1930年代ごろの物件だったら、あるいは保存運動が盛り上がったりもするのでしょうが。
“老朽化している”という言葉はお役所筋の常套句ですので、まったく信用しないことにしています。
ついでにいわせてもらえば、“耐震性に問題がある”という表現も実に都合よく使われるようです。大谷口の水道タンクは、これで引導をわたされました。
投稿者:rierie
コメントありがとです。
すっとんでまいりました。
なんとッ、出会った瞬間 お別れとは悲しいです。
どこもかしこも古いものを排除するこの風潮、
補修工事して保存するという考え方はできないものなのでしょうか。
あの稲荷も給水塔も観光地として整備すれば、
また違った保存方法もあるでしょうに。
存在を知っていたものが見ぬ振りして放置してきて、邪魔になったら排除するとは・・・。
給水塔に「美」とか「観光」を求めてはいけないのですかね。

消えゆく前に、会いに行ってきます。

http://blogs.dion.ne.jp/rierievvlove/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ