Welcome to uchi-cafe☆Since 2005.5.25☆Moving 2006.4.24☆Moving 2008.7.4☆Photo & Sho by tep-pei

2008/9/12

越中八尾の旅。弐。八尾の夜におわらの風が吹く。  プチ旅

連れがお土産を見ていて遅れたおかげで、次の電車に座れた我ら。

30分ほどガタゴトと電車に揺られ、着いた「越中八尾駅

もう、そこは町中お祭りのにぎわい。



出店の中を駅からしばし歩き、旧町並みのある方へと向かう。

大きな川を渡ろうとすると、現地のおじさんが、近道を教えてくれた。

なぜ、我々だけに??

人徳かな。笑



クリックすると元のサイズで表示します

川を渡ると、河岸段丘のようになっていて、急な坂になる。

坂道を登っていく。


振り返ると、こんな風景!!

クリックすると元のサイズで表示します

川沿いに並んでいる提灯が点々と道を作っていた。


おわら風の盆。


静かな祭り。


越中八尾の町々ごとに踊りがあり、その街中を三味線や胡弓の奏でに合わせ、しっとりと踊り歩く。


坂を登り、旧街道の趣を残す通りに出ると、ちょうど踊り流しが通るところだった。




クリックすると元のサイズで表示します





ちょっとこれは。。。。



なんと言ったらいいのだろうか。


静かで。

踊りが、悪しきモノを吸い込んで、浄化していくような。。。



えもいわれぬ美しさ。

一年越しに来て良かった!!




生ビールと酒を呑みながら、もう少し奥へと進む。


また、踊りとぶつかる。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




軽やかな男踊りと、しなやかな女踊り。


手先や首の動きが何とも言えず、妖艶ではかなげで色っぽくて清楚で。


深くかぶった笠で顔が隠れているのがまた、色気を増して。




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




惚れてまうわ


はじめはカメラで撮影していたが、最後に来た流しは、じっくりと見てみた。



生で流れる、悲しげな胡弓と、しっとりとした歌声。

そして、踊りの空気感。


五感にひしひしと伝わって、ほんとに感動した。

http://www.city.toyama.toyama.jp/yatsuo/nourin/owara/


ここで動画が見れるよ↓
http://www.toyamaclub.com/yatuo/index.htm



まじで、おすすめ。


町並みもイイ感じだったので、昼から行ってもいいかもね。


でも、やっぱり、踊りは夜がいい。


電車があるので24時頃には帰ったけれど、その後がいいらしい。朝方にかけて、自然発生的に踊ったりするんだそうだ。


次回は、もっとゆっくりするぞ。



かなり満喫し、次の日は特急で新潟へ。

後輩Iの家に車を取りに行くと、奥さんのHちゃんがいた。久しぶり^^


しばし話して、高速で帰る。

そして、18時から須賀川で会社の飲み会のために急いで帰る。




次回はのんびりと行くぞ〜。


でも、無理をしてでも勢いで行って良かった^^



0



2008/9/18  12:28

投稿者:マスターtep-pei@携帯

♪bonoさん。
お祭り、ぜひ行ってみて下さい^^
すおごく良かったですよ。

逆に昼の町並みもいいでしょうね〜。

26才くらいで引退するらしいですね。
ぜひ、次はお祭りの時に!


♪ごんちゃん。
リベンジしたよん。
去年見たんだよね??

そうそう。色気がある。
諏訪町、行ったっけかな?
奥の方に行ったんだけど、何町だったんだろう^^;

2008/9/13  15:19

投稿者:ごん

リベンジしたんだね!
ほんといいよね、このお祭りは。
色気があるよね。諏訪町にはいったかな?そこから見る踊りがいいんだよ〜

2008/9/13  1:07

投稿者:bono

八尾は友達の実家で、毎年のように行ってますが、お祭りはまだなんですよね・・・。
八尾で生まれた人はみんな踊れるんだとか。
いつかは、生で観てみたいです。
いいなぁ♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ