Welcome to uchi-cafe☆Since 2005.5.25☆Moving 2006.4.24☆Moving 2008.7.4☆Photo & Sho by tep-pei

2011/2/21

植田正治写真展。  


『植田正治写真展』

観て参りました。


郡山市立美術館にて。



昔、写真をやり始めの頃。

たまたま入った恵比寿の東京都写真美術館でやっていたのが、植田正治の企画展でした。

一目でファンになりました。




彼は、一生アマチュアを通した人。

『撮りたいと思うモノしか撮りたくないし、撮れない』


そのスタンスにまた惹かれた。



写真は50年以上も前に撮ったとは思えないほど、モダンで洗練されている。


鳥取砂丘で撮った、遠近感を利用した斬新な構図。


でも、なぜか温かさがあるんだよね。
それが不思議だし、魅力。


彼の写真の斬新な構図が一番好きなんだけど、

今回、一番心惹かれたのは、

彼が彼の奥さんを撮った写真。


たんぽぽの綿毛のようなモノを持った彼女を、斜め後ろから撮った普通のポートレート。


でも、すごく慈愛に満ちていて、優しくて、彼女への愛情が伝わる写真で。


涙が出そうになりました。


彼も言っているんだけど、『写真は被写体との関係がないといけない』


被写体への愛情がそのまま写っているんだね。


やっぱり植田正治はいいな。

アマチュアイズム。


一見の価値がある写真展です。


郡山市立美術館

3月21日まで
9:30〜17:00
大人500円

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ