2016/1/11  23:50

台鍵を忘れる夢  遊技場バイト

脱パチを意識して暮らしているせいか、今朝の夢は、昔バイトをしていたパチ屋が舞台になっていた。

久しぶりにバイトに入ったという状況らしく、設置機種や店内の一部のレイアウトが変わっている。

「あぁ、ちょっと休んでいるうちにこうなっていたのか…」などと思っていると、スロットコーナーの呼び出しランプが光る。

さっそく行って対処しようとするが、そこで何と「台鍵を持っていない」ということに気づく。

「台鍵を忘れるなんて!」と自分でも驚きながら、台鍵を取りに行く。

バイトしていた店の「シフト表が貼ってある壁」や「その日の各フロアのバイトの配置が書かれたホワイトボード」、「たくさんの台鍵が引っ掛けられている横並びのフック」など、自分でもすっかり忘れていたような細かいディテールがたくさん出てきて懐かしかった。

台鍵を取りに行くと、景品カウンターの中で、当時俺が苦手としていた早番の超陰険なマネージャーが何か仕事をしている。

その陰険マネージャーに見つからないように、そーっと台鍵を取ろうとしているところで目が覚めたのだった。

夢の中には、当時の店の常連も何人か登場したが、あの連中の独特のうさんくささが久しぶりで、何ともいい感じだった。

あの頃は、店の常連というだけで、名前も仕事もまったく知らないようなシニアのカップルと、ちょくちょく競艇に行ったり、わざわざ箱根に泊まりがけで麻雀打ちに行ったりしていた。

今、ああいう感じの人たちとは全然接する機会がないし、当時のような会話(9割以上がギャンブル絡み)もまったくしていない。

今の職場には、そういう空気感を知っていそうな人が皆無。絶無。ひとりもいない。

それはそれでいいことなんだろうけどね……

伝説の一発台vs.羽根物台 パチンコ物語 [DVD]
伝説の一発台vs.羽根物台 パチンコ物語 [DVD]
↑このDVD、欲しいです……

【DP10】
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ