2011/5/8  11:53

組み立て付録  日常生活

昨日は、日中、雨が降ったりやんだり。

兄貴も友達と遊びに行ってしまい、部屋の中で退屈そうな次男。

「お父さん、これ作って」と、渡されたのが「てれびくん」の先月号の組み立て付録。

そういえば、最近こういう付録を全然作ってやってなかったなぁと思いつつ、承諾。

やまおり、たにおり、うらのり、わゴムをとおす…おなじみのプロセスを経て、めでたく「どっかん!! ゴーカイオー」ができあがった。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、空気鉄砲の要領でスポンジの弾を飛ばすことができるもので、なかなかよく考えられているなぁと感心した。

付録を組み立てるたびに思うのが、こういった子供向けの月刊誌の編集現場は、毎月どんな風に進行しているのだろう…ということ。

毎号、読者である子供たちの興味を惹くように工夫された組み立て付録。

設計も本当に緻密で、印刷と加工の精度も抜群。

編集者と製作現場の方々の努力はなみなみならぬものがあるだろう。

子供たちも、作ってやると喜ぶんだよなぁ(まぁ、持って数日なんだけれど)。

世の中には、さまざまなおもちゃやゲームがあふれているけれど、こういう組み立て付録の文化はなくなってほしくないと思う。

子供にとっては、付録自体の面白さに加えて、やっぱりお父さんやお母さんが手伝ってくれたり、あるいは作ってくれたりというコミュニケーションがあることがいっそう価値を高めているんじゃないだろうか。

次男は喜んで、ずっと遊んでいた。

で、気づいたのが、実は次男にこういうギミックのあるメインの組み立て付録を作ってやったのは今回が初めてだということ(「お面」とかなら何度か作ったけれど)。

長男のときはしょっちゅう作ってやってたんだけどな。

次男の場合、長男がよくコミュニケーションをとってくれるので、子供たちまかせになってしまっていて、結果的にはトランプやカード、カルタやお面といった、わりとイージーな付録しか利用していなかったのだ。

確かにこういう組み立て付録はいっぱいたまっている。

これから、雨の日にはこういう付録を作って遊ぶというのもいいかもしんないな。


↓今月のメイン付録はライダーのDVD。結構気合いが入っています。
てれびくん 2011年 06月号 [雑誌]
てれびくん 2011年 06月号 [雑誌]
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ