2011/4/27  23:33

仮面ライダー展  仮面ライダーシリーズ

夕方、外での打ち合わせが終わり、そのまま、今日が初日の日本橋三越の「仮面ライダー展」へ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


開催期間中、数少ない平日であることと、よくありがちな「グッズの○○は初日で速攻売り切れ」みたいなことを避けるためにも、「行くなら初日の夕方しかない!」と心に決めていたのだった。


※以下、展示内容に関するネタバレがありますので、ご注意ください。


入り口でチケットを買うと、ガンバライドカードがもらえたのはうれしいサプライズ(そんな情報、全然知らなかった)。

入るとすぐ、石ノ森章太郎先生が愛用していた絵の具やメガネの展示に続いて、原画コーナー。

描き込みの細かさに心の底から驚嘆。

たしか、石ノ森先生は1ヶ月間に描く枚数がハンパじゃなく多かったんじゃなかったっけ…そんな中でこのクオリティ…天才というものの存在を目の当たりにした瞬間だった。

原画コーナーの後に突如として現れるのが、等身大のライダーたちが居並ぶコーナー。

何人かのお客さんがケータイやデジカメで写真を撮っている。

「あれ、撮影禁止じゃなかったっけ…!?」と思ったが、すぐそばの警備員さんもまったく注意していない。

「おかしいな…」と、あたりをよ〜く見回してみると、「ライダーエリアのみ撮影OK」という表示があるのだった。

念のため、警備員さんにも確認し、あらためて「OK」のお墨付きをいただいてから、俺も安心してケータイのカメラで撮影開始。

こんなことならデジカメ(もちろん仮面ライダーのヤツ)持ってくるんだったな…。

ただ、今日は大人中心の客層で、まあまあすいていたのでゆっくり撮ることができたが、会場の規模を考えると、親子連れが押し寄せるであろうGW中はかなりキビシイかも知れないな。

男前のライダーマン。
クリックすると元のサイズで表示します


迫力のストロンガー。
クリックすると元のサイズで表示します


大好きなサイクロンジョーカー!
クリックすると元のサイズで表示します


次回登場予定のお方も。
クリックすると元のサイズで表示します


ライダーエリアが終わると、当時のおもちゃなどの展示コーナー。

そして、最後を飾るのが、そうそうたるメンバーによる「祝40周年・MY仮面ライダー」というイラスト色紙の展示コーナーだ。

その中から一部の方のお名前をご紹介(敬称略)…麻宮騎亜、石井いさみ、桜多吾作、小田扉、影丸穣也、風間やんわり、一峰大二、カラスヤサトシ、北見けんいち、里中満智子、すがやみつる、鈴木伸一、ちばてつや、寺田克也、永井豪、浜岡賢次、藤子不二雄A、ほりのぶゆき、水野英子、本秀康、安彦義和、やなせたかし、山田ゴロ、吉田戦車…,etc.

最後の最後には、ちょっとした仕掛けの写真撮影用コーナーがある。

出口はグッズコーナーに直結。

03までのオーメダルセットは大量陳列(1人当たりの購入個数に制限あり)だったし、「メダガブリュー」も普通にあった。

仮面ライダーOOO(オーズ) DXメダガブリュー
仮面ライダーOOO(オーズ) DXメダガブリュー

あ、忘れてはならないのが今回の「図録」。

展示されていたクリエイターのみなさんのイラスト色紙が収録されているので、まさに保存版。

もし自分がお大尽だったら、「保存用」と「ふだん読む用」の2冊を揃えただろうな…と思いつつも、カゴには1冊のみ投入。

そのほか、子供たちへのおみやげなども合わせ、総額約6000円の散財。

仕事帰りに、最高の気分転換となり、気持ちよく家に帰ることができた。




会場の外にあったガシャポン。「オーメダル4」も潤沢(お一人様3回までだったかな?)。
クリックすると元のサイズで表示します


図録とチケット、ガンバライドカード(小さくてしかもピンボケ…申し訳ありません)。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ