2008/5/4  21:03

13曲目  RC・清志郎

いま現在、「忌野清志郎」というミュージシャンのパブリックイメージはどういうものなのだろうか。

「ロックの大御所」
「喉頭がんから奇跡の復活を遂げたベテランミュージシャン」
「過激な内容を歌い続け、ニュース番組でよく取り上げられるロックンローラー」
「R&Bとソウルミュージックを敬愛する実力派」
「昔、坂本龍一と組んだりしてブームを巻き起こしたハデなおっさん」
「演技でもトークでも独特の『間』をつくる、どこか朴訥なおじさん」

…まだまだありそうだけど、だいたいこんなところになるのかな!?

今月下旬に発売される、その名もズバリ「入門編」と名付けられた、忌野清志郎のベスト盤は、いったいどんな客層をターゲットとしているのだろう。

「『かくれんぼ』が収録される」というインフォメーション以外、なかなか明らかにされなかったこのベスト盤の内容が、ようやくわかった(以下、収録曲はAmazonの該当商品のインフォより)。

1. AROUND THE CORNER/曲がり角のところで(忌野清志郎「RAZOR SHARP」'87)
2. サンシャイン・ラブ(忌野清志郎 Little Screaming Revue「Rainbow Caf」'98)
3. 毎日がブランニューデイ(忌野清志郎「夢助」'06)
4. JUMP(忌野清志郎「GOD」'05)
5. ROCK ME BABY(忌野清志郎「GOD」'05)
6. 3部作(イ)人類の深刻な問題(ロ)ブーム ブーム(ハ)ビンジョー(THE TIMERS「ザ・タイマーズ」'89)
7. E-JAN(忌野清志郎「E-JAN」シングル '87)
8. はたらく人々(DANGER「DANGERII」'85)
9. い・け・な・いルージュマジック(忌野清志郎+坂本龍一シングル '82)
10. パパの歌(忌野清志郎「abcd」'93)
11. かくれんぼ(忌野清志郎&Char「県立地球防衛軍サントラ」'86)
12. お弁当箱(忌野清志郎&2・3'S「Music From POWER HOUSE」'93)
13. プリプリ・ベイビー(忌野清志郎「夏の十字架」'00)
14. 口笛(忌野清志郎「MAGIC」'94)
15. Sweet Lovin'(忌野清志郎「RUFFY TUFFY」'99)
16. Baby何もかも(忌野清志郎「KING」'03)
17. ラクに行こうぜ(忌野清志郎「JUMP」'04)
18. 約束(忌野清志郎「KING」'03)

この収録曲群は、そのタイトルである「入門編」という内容を十分に体現しきれているだろうか?

以下は個人的な感想。

清志郎が組んださまざまなバンドやユニットの歴史であれば、それぞれの代表曲で概観させてほしいし、重要なパブリックイメージの一翼を担うであろう「社会派」的なナンバーの扱いに関しては、決定的に軽すぎる気がする(かといって、ラブ・ソング中心というワケでももない)。

長年聴き続けてきている自分にとって、7、11曲目は確かに魅力的。

が、今回、13曲目を収録するというセンスだけはわからないし、わかりたくもないなぁ…。

入門編
入門編
0



2008/5/13  1:04

投稿者:月見家

うりこさん

あ〜俺も体調はよくない。
仕事面のストレスが最高潮。
厄払いにでも行こうかな…とか思ったりして。

まぁ、いろいろありますよ。

http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/

2008/5/12  21:16

投稿者:うりこ

ごぶです☆
何だか 体調が今ひとつでよ★★★
 かくれんぼ は いいなぁ・・・
県立地球防衛軍 ったっけ?
 あれ 買うまではいかなくて レンタルで
テープ録音しただけだったから テープは 二度の引越しで もう ないだろうしな・・
 しばらく 来ないと ここも結構恐い事になってんのね

2008/5/9  0:12

投稿者:月見家

マイトさん

私の場合、「E-JAN」のシングル盤はほとんど忘却の彼方でした。「あ、お相撲さんのジャケットのやつか…」なんて、久々に思い出しましたよ。
スタジオバージョンは軽く15、6年は聴いていないので、これに関しては楽しみです。



http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/

2008/5/8  22:54

投稿者:マイト

>長年聴き続けてきている自分にとって、7、11曲目は確かに魅力的。

それはいえてますね。

この選曲・・・基準、選んだ基準がみてこない。ひょっとして適当に?
これがどうして入門編なんだろうか?
年代もユニットもバラバラ
昔からのファンでも思わず購入意欲をそそられるようなものが欲しいですね〜



http://yaplog.jp/ft-succession/

2008/5/8  14:07

投稿者:月見家

直笑さん

お久しぶりです。ブログにアクセスできなかったので、心配しておりました。心機一転ということだったんですね。後ほどリンクも修正しておきます。

>間違ってませんよね??
はい(力強く)。基本かと。

http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/

2008/5/8  0:35

投稿者:直笑

お久しぶりです。!!
PC復活おめでとうございます。。!!

‥えっと‥つまり、、

『入門編』としてどうか??って事ですよね??‥
‥僕の個人的な意見ですが、入門編よりも やっぱり

『レア・トラック集』

が聴きたかったな。。

たまに、若い子達から

「キヨシロー聴いてみたいんだけど、何から聴いていいのかわかんない」

そんな時は、

『EPLP』か『RHAPSODY〓NAKED』
と答えてます。。

間違ってませんよね??


http://love.ap.teacup.com/naoshow/

2008/5/5  23:46

投稿者:月見家

LA MOSCAさん

確かに、「かくれんぼ」を収録していて“入門編”というのはミスマッチですよね。

LA MOSCAさんの選曲に「宇宙大シャッフル」がありましたが、「なるほど…」ですね。


http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/

2008/5/5  20:21

投稿者:LA MOSCA

入門編って言っといて「かくれんぼ」収録の情報を耳にした時から、なんとなく予感してたんですが、やはり・・・。
ホントに“入門編”にするなら、コテコテの決定盤にしてほしかったなぁ、という意味で、また自分のブログで選曲してみたので、よかったら目を通してみて下さい。

http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/

2008/5/4  23:43

投稿者:月見家

Blueさん

せっかくみんなで盛り上がっていたベスト盤が、フタを開けてみればコレですからねぇ…。

>ターゲットが見えないので…。
ベスト盤は「作品」というよりも「商品」に近い位置づけが色濃くなるワケで。
ターゲットの見えない商品にはGOサインが出ないことが普通です。
ましてや「入門編」と銘打っているのにこの内容…。
「入門編」とするならば、「デイドリーム・ビリーバー」と「君が代」は絶対に外せないでしょう。
「君が代」については、確かに多くの「ファン」の共通認識としてはそれほどでもないでとは思いますが、世間一般には強烈な印象を残しているはずです。
「試しにベスト盤から聴いてみるか」というような客層への訴求力を考えれば、上記2曲は必須かと。

「元気が出る音頭」が入っていれば、また別の訴求力があったでしょうね…。

http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/

2008/5/4  23:27

投稿者:Blue

このCDの企画会議を覗いてみたかったです。
何人いたのかわかりませんが、担当者がそれぞれ曲を持ち寄って検討し、これに決定させたわけですから、その経過と理由にとても興味があります。

ちなみに、私がこのCDを営業するとしたら、物凄く迷います。ターゲットが見えないので…。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ