2007/8/26  23:15

ジュリー in 大宮ソニックシティ  歌謡曲

久しぶりの大宮ソニックシティ(たぶん、当代・林家正蔵の襲名披露興行以来…)。

今日はジュリーのコンサート初体験。

手を伸ばせば届きそうな距離(2列目)でジュリーの魅力を思いっきり堪能してきた。

クリックすると元のサイズで表示します


出てきてすぐに、ジュリーはステージを端から端まで何度も往復して歌う。

2列目とはいえ、端っこの方にいた自分にとってはうれしいサプライズだった(ミック・ジャガーや清志郎では、なかなかこうは行かない)。

ジュリーは今年で芸能生活40周年だそうだ。

自分にとって、今年で「40周年」といえば「ウルトラセブン」だったのだが、ジュリーもそうだったとは…。

ほとんどが知らない曲なので、セットリストなんて書けないけれど、見ながら、自分の胸の中にはさまざまな感慨が渦巻いていた。

「天使に涙は似合わない」では、不覚にも目に涙がにじんだ。

まぁ、これは曲の内容がそういうものだからということが大きいだろう。

しかし、「TOKIO」でも似たようなことが起きるなんて思ってもみなかった。

「TOKIO」では、「海に浮かんだ 光の泡だと」という部分に入ったとき、まさに「万感迫る」という感じで不意に胸がいっぱいになったのだった。

当時、「すげぇカッコいい!」と思い、ほとんどエンドレスのような勢いで再生していた「TOKIO」。

それを今、目の前でジュリーが歌っている…。

そんなことが頭をよぎったせいだろう。

ただ、自分でも本当に意外な瞬間だった。

初めて生で観た自分がいうのもどうかと思うけれど、ジュリーの声は「衰え」なんてものとはまったく無縁。

ジュリーは最高のボーカリストであり、そしてまた一流のエンターテイナーであるということを全身で実感できた、楽しく幸せな日だった。

あ、あと、バックも強力だったなぁ…。

あのバンドを見てしまった後では「ベースの存在とは…!?」なんて疑問が出てきたりするのも無理がない気がしたりして。
0



2007/8/27  16:52

投稿者:月見家

ジュリーマニアさん

イイダコ、おいしいですよね。味付けもせずに煮ただけで、あれほどの味があるとは…驚きでした。イルカウォッチング、オススメですよ。機会がありましたらぜひ!

>右に左に動いて歌うジュリー
ミック・ジャガーや清志郎の場合、中盤以降じゃないと、なかなか端には来てくれないんですよね。そうすると端っこのほうにいる人たちには何となく飢餓感や疎外感のようなものが漂ったりするケースもあるわけで…。スタートからみんながノリノリになれるジュリーのステージングは最高でした。

>「TOKIO」のお話聞いてウルウル
私の文章力ではうまく表現できなかった部分が、ジュリーマニアさんの手によって、ほとんど完璧に表現されています。「生で聞けた嬉しさと、当時の自分を思い出し、ずーっと歌い続けているジュリーがいて、歳を重ねたけど同じように客席でジュリーを観ている自分がいて、大切な宝物、時間です。」まさにこの通りです!ありがとうございます。何か自分でもあらためて納得できました。

ラジオの情報もありがとうございます。
コサキンも高田文夫も好きなので、そこにジュリーが絡むなんて、本当にうれしいです。確か、高田文夫とジュリーは生年月日が同じなんですよね。高田文夫は、昔「ジュリーに似ている」といわれたことがあったらしいのですが、「生まれた時間はあっちが後なんだから、あっちが俺に似ているんだ」と言っていたような…。

http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/

2007/8/27  16:27

投稿者:月見家

Blueさん

Blueさんもお書きになっていましたが、私も、久しぶりにいい「コンサート」を観たという実感が強いです。
ホントにいい意味で角が取れていた感じで…。

途中、ある曲でベースのような音がかなり強調された感じで聞こえてきました。ギタリストのお二方の手元を見たのですが、それらしき音を出している気配はナシ。そのときに限っては「キーボードから出ている」という結論に達しました(私の位置からは鍵盤の手元は見えないのですが…)。

http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/

2007/8/27  14:23

投稿者:ジュリーマニア

月見家さん
感想お待ちしていました。
長崎にもいらしたんですね。
「イイダコ」美味しいです。
イルカウォチングも話には聞いていますが
是非体験したいです。

なんだか読んでいてとても嬉しくなりました。
2列目だったとか。
私も福岡は似たような席だったので
右に左に動いて歌うジュリーは端にいても
嬉しいですね。

「天使に涙は似合わない」
'04 クリスマスコンサート衣装変えのバンド演奏で初めて聞きました。
ギターの柴山さん作曲、詞はジュリーです。

「TOKIO」のお話聞いてウルウル
いつも思うのは、40年の中からどの曲が歌われるか楽しみであり、生で聞けた嬉しさと、当時の自分を思い出し、ずーっと歌い続けているジュリーがいて、歳を重ねたけど同じように客席でジュリーを観ている自分がいて、大切な宝物、時間です。

そしてこうやってジュリーのコンサートのお話ができ、音楽をずっと聴いてきた方、ファンでない方の感想が新鮮です。


★宣伝です。(笑)
25日深夜 TBSラジオ「コサキンDEワァオ!」にジュリーが出演。
こちらでは聞けませんでしたが、WEB RADIOで15分ほど聞けます。

左の「先週のコサキンダイジェスト」→「放送を聞く」をクリックしてください。
http://www.tbs.co.jp/radio/kosakin/

明日28日は高田文夫の「ビバリー昼ズ」に出演
やはりこちらできけないのでネットで一部聞けるのを楽しみにしています。
http://www.1242.com/takada/

長々失礼しました。

2007/8/27  1:20

投稿者:Blue

かぶりつきでこのライヴを観られたのは最高ですね。

>ステージを端から端まで何度も往復して歌う
ジュリーの体力には驚きますよね。バラード以外はほとんどノン・ストップ状態ですもん。

>ベースの存在とは…!?
キーボードがベース役もやっているのかな…なんて思いましたが、特にそんな風でも無かったようだし、それじゃ下山がベースも兼ねて…でも無かったし。不思議なバンドでしたよね。

http://blue19812nd.blog50.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ