2006/11/8  19:37

走れ、フラウ・ボゥ  ガンダム

アニマックスで「機動戦士ガンダム」の放映が始まっている。

第1話「ガンダム大地に立つ!!」を見た。

機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)


この第1話、小学生時代から通算すると何度見たことになるのだろうか…。

ただ、この間の「金八先生」のときと同じく、今見ると、昔とは違うポイントで心が動く。

小中学生の頃は、もっぱら「アムロがガンダムをうまく操れるか」ということにハラハラドキドキしていた。

今回は、感情のスイッチが入ったのは、自分でも意外なところ。

「走れ、フラウ・ボゥ」のシーンだ。

走るフラウ・ボゥを見守りつつ、アムロもまた、まなじりを決して走り出す…。

結果として、アムロがガンダムを動かすことになった直接のきっかけは、フラウ・ボゥの家族が戦禍を被ったことにあるともいえる。

前半でフラウ・ボゥに世話を焼かれていたアムロが、フラウ・ボゥを励ます側になり、そして戦いを決意する…。


うまい構成だなぁ…。


続く戦いのシーンを見れば、この番組がアムロの成長を描いてゆくものだということが自然にわかる。

あと、この1話でいいと思うのが「謎」や「伏線」をほとんど出していないこと。

最近の仮面ライダーシリーズには、この第1話を見習ってほしい。

この第1話を見て「何これ、よくわかんない。次見る気しない」なんて思う人はほとんどいないんじゃないだろうか。

そういう意味で、この第1話は、「第1話」としての教科書のような仕上がりになっていると思う。

確か、あの豪華本「機動戦士ガンダム記録全集(全5巻?)」でも、第1巻はまるまる第1話に関する内容だったという気がする。

ホント、必見の名作です(すべてはここから始まった!)。

       ↓フラウ・ボゥ
        フラウ・ボゥ 【 GCB/CE-0010/C 】
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ