2006/6/30  23:02

拳法混乱(四人囃子)  映画

小学生の頃、ブルース・リーとジャッキー・チェンのかなりマニアックなファンであるコーちゃんという友だちがいました。

コーちゃんの部屋は通販やショップで購入したという英語や中国語(?)版の写真集やヌンチャク、黄+黒のトラックスーツ(「死亡遊戯」に出てくるヤツです)などのグッズでいっぱい。

そこに仲間2〜3人で集まり、「ドラゴンへの道」と「酔拳」の8ミリ映画を何度も何度もくり返し見たのは懐かしい思い出です。

サントラ盤のLPや主題歌(?)シングルなどもかなりたくさん揃っており、これもみんなでよく聴きました(みんな静かに集中していて聴いていたのが微笑ましい)。

なかでも一番人気は「酔拳」の主題歌である「拳法混乱(カンフージョン)」。

当時は「誰が歌っているか」なんてことはまったく気にしていなかったのですが、ずいぶん後になって、それが「四人囃子」の曲だと知ったときにはかなり驚いたものです。

伝説として語り継がれていたバンドで、自分はまったく聴いたことがないと思いこんでいたら、何とあの「拳法混乱」が「四人囃子」だったとは…。

四人囃子については、何となく頭の中で「すごいハードロック、または壮大なプログレサウンド」を勝手に想像していただけに、何だか拍子抜けという感じでした。

なお、残念ながら、「拳法混乱」は現在発売中のDVDには未収録とのこと。
しかもDVDでは石丸博也さんの吹き替え音声もナシ…。

「公開当時の主題歌(「拳精」の「チャイナ・ガール」も!)」と「石丸博也氏による吹き替え音声」を望む声はかなりのものなんですけどねぇ…。

↓予告編の音声を収録したこのCDなら「拳法混乱」も聴けるらしいのですが…(コーちゃんなら絶対持ってるはず!)
東映映画ジャッキー・チェン予告編,主題歌集
東映映画ジャッキー・チェン予告編,主題歌集
0



2006/7/4  21:19

投稿者:月見家

「考えるな、感じるんだ」というのは、私の胸の奥深
くに刻み込まれているフレーズです。
映画の中でのセリフですが、「李小龍」としての言葉
のように思えてなりません。

ブルース・リーと松田優作にのめり込むというのは、
日本男児の義務ではないかと…。

2006/7/4  10:07

投稿者:マイト

いまだにブルース・リーの大ファンであります。
ブルース・リーグッズにつぎ込んだ金額は○十万・・・
いまだに読んでない本や、聴いてないレコードがわんさか!
中野ブロードウェイには上京のたびに通い、通信販売もいくら注文したことか・・・
現在も新しい(古い?)グッズを物色中です。

さて、拳法混乱が四人囃子の音楽であったとは驚き・・・
でも個人的には結構いい曲じゃないか!とおもっております。
ジャッキーの曲はどれも結構ノリがよくチャイナ・ガールはもちろん、少林寺木人拳の曲なんかも大好きです。

http://yaplog.jp/ft-succession/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ