ヘタクソゲーマーのプレイ絵日記・ウラ箱舟は今日も

2013年12月1日最終更新。
しばらく休憩します。

 
 ようこそおいで下さいました。大分とメニューが増えてまいりました。ひととき楽しんで頂けたら幸いです。

お願い

このサイトの画像・文章等の
無断転用・転載・お持ち帰りを
禁止致します。
よろしく〜。

リンクはフリーです。
バナー作ってみました
モデルは美耶子ちゃんです。

プロフィール
コードネーム:PuPu
職業:不安定な契約社員
年齢:忘れたい

今コレやってます

「THE LAST OF US」公式サイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/thelastofus/entrance.html

超ムズだけどオススメ

SIREN公式サイト
「プロモーション映像2」
レッツクリック!
怖がりの人は要注意。
http://www.jp.playstation.com/scej/title/siren/siren.html
あなたも
校長の笑顔に
触れてみませんか?

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pupu
意地になって、やってますよ。首絞め・・・
ひっくり返されたり、ひっくり返したりすると
どっちがスネークだか判らなくなるのが辛い・・・
投稿者:cesca
あ、逆だ。コンティニューポイントですね。
バイオPS時代はそれがなかったから良いな、と。

チャフ使わなくても行けるとこは行けますが、なんせ操作性が悪いので監視カメラ下で「よしっ抜けたっ!」と思ったら壁にくっついてしまいあえなく発見⇒撃沈とかあるんで「チャフ命」ですよー!
しかし・・・・チャフ効果短い。

首締めも操作性が悪いから超難しい〜!!
投稿者:pupu
・・・ポイントコンティニュー制って何ですか?(*・・*)
終わった(死んだ)所から続き始められるって事ですか?スイマセン・・・。

あーそうか!チャフ使えばいいのかーーーーー!
投稿者:cesca
うーむ、この頃からポイントコンティニュー制だったことは感心しました。

銃の上下狙い不可だと殴り倒した兵士にとどめがさせないのが不便です。更に上さえ撃てればあんなにチャフを使うこともないのに〜それが狙いですか小島監督!?
そして確かに照準が自動なんだかそうじゃないんだか;どこ撃ってるんだかよくわからないので撃ちまくってすぐに弾切れ(TдT)

そして気のせいか兵士の行動範囲が広くて動きが読めないのですが・・・。
投稿者:pupu
>cescaさん

 いやー、この画面、懐かしいというか「絵が描けない・・・」と
 ちょっと困りました。
 一旦普通に描いて、モザイクかけてガウスぼかし入れました。
 それから主観で撃てないのがこんなに不便だとは思いませんで、
 すぐ死にます。しかも自動照準があいまいで(ですよね?)
 「なんでそっち向くのよ〜(T□T)」です。
 私もPSデビューはバイオ2だったので(バイオ1デビューは
 何とセガサターンだ!)あの音楽、ちょっとトラウマです〜!
 映画V、あるんですか。
 ミラ・ジョボボボボ(なんだっけ)がT-ウイルスで
 超人になったあたりから、どーもゲームバイオとは
 違ってきたな〜と思ってましたが、ターミネーターって・・・。



>SCULLYさん

 ホント、この画面、懐かしいです。でも大分慣れてきました。
 バイオも「1」の頃はこんな感じでしたよね〜。
 「2」で絵がとんでもなく綺麗になって感動した
 覚えがあります。
 メタルギアソリッド「4」の映像見ましたが、
 スネークがおじいさんみたいになってます・・・。
投稿者:SCULLY
まっ、PS最初の作品ですからしょうがないですよ。
ゲームキューブ版は、Aのシステムなどを投入していました。
MSX版からしている私には凄い進化でしたよ(^^)


http://elfmimiblog3.seesaa.net/
投稿者:cesca
「2」のキャスティングシアターのMGS1スネークを見ていたので画像の荒さに対する心構えは出来ていましたが、pupuさんがどういう絵を描くのか気になっていました♪
“主観で撃つ”は「2」制作時に押井守の意見で取り入れられたって話を聞いたので1にないのは知っていましたが、まさかローリングができないとは・・それ以上に銃の狙い上下不可とは!!!わざと??
そして気づかぬうちにハードでも選んだかというほど少ないライフ;敵に出会っていきなり昇天。

敵1人目で昇天したのはバイオ1以来でした。あとPSで最初にプレイしたのがバイオな為、最初のPSのマークのとこの音も恐く感じられて未だにこの音苦手なんですが、またお会いするとは。

そういえば映画バイオVのストーリー読んだんですが、すでにバイオではなくなっている気が。バイオハザードという名のターミネーターみたいな映画って感じがしました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ