人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

更新しなければ・・。

いやー、読者の皆さん更新なかなかできなくてゴメンナサイ。
なぜかと申しますと今は次の冒険に向けて1日16時間働いておるのです。早急にお金を貯めなければならないのです。その為に関空近辺である仕事をしています。
更新のほうは会社のPCが空いてる時にたまに使わしてくれるので少しづつしかできません。
できる限り頑張りますので見捨てずお待ちください。あぁ・・。この期間が辛い。
ジャンボ宝くじ当たりますように。(笑)
南米編まだまだです。これからアマゾン河以外にもサンフランシスコ河水系、大湿原パンタナル、パラナ水系に続きます。その後、モンゴルの怪魚イトウ編や微笑みの国タイ編も待ってます。いろんな珍魚、怪魚も待ってます。
ブログを更新できないフラストレーション溜まりまくりです。
応援よろしくお願いします。(密かに応援メール待ってるんですけど・・。)
投稿者:teru@DoCoMo
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
歯医者さん、いつも旅の前に特別な集中治療してもらってありがとうございます。
子供っぽい文体であまりうまく書けないのですが、ちゃんとえらい目にあったことも書くようにします。(笑)
投稿者:歯医者
ええことばっかり、書かんと、えらい目にあったことも書かんかい!と兄貴が言ってましたよ!

でも素晴らしい文章です。やるやん!ホームページ4年説(ホームページは4年しか持たないという説)にならないよう続けて下さい。
投稿者:TERU
majinさんこんにちは。
応援ありがとうございます!
僕の表現の仕方がうまくないのですが、記事カテゴリの○○編と書いてあるのはもう、旅してきています。
まあ、来年も南米かなり好きになって行くんですが、今は旅の資金のために働いています。だいたい半年ぐらい海外にいます。
ピラヤは次回がんばります。(笑)珍しいシルバードラドを獲るのに夢中で忘れてました。
大型種のピラニアではパンタナルのポコネという村の家の横の小川であまり大きくないですが、ジャイアントイエローピラニア釣りました。印象では他のピラニアより同じサイズでも明らかに顎の力が強く、フックをガチガチ鳴らして曲げていました。
でも50cmのピラニア生で見るとデカイですよ。よくアクアリウムショップで50cmオーバーなんて書いてあって見にいったこともあるんですが、実際測ると8割ぐらいしかないことが多いです。水槽に入れるとデカくみえるんです。
僕が釣ったブラック多分奥行き60cmの水槽に入れたら反転するのかなりキツイ感覚で見えると思います。
今度アマゾン下流域の野生のピラルクがルアーで挑戦できるある秘境にいきます。そこは長時間ピラルクとファイトしていると60cmオーバーのブラックピラニアが水柱を上げて集団で襲ってくるとんでもなくハッピーなところに行く予定です。このポイントは今までホトンド情報のないところです。その為に今はお仕事がんばります。(笑)
投稿者:majin(toyozone)
TERUさんこんばんは、
これからの釣りの予定を見ましたがスケールが大きいですね、もしサンフランシスコ河へ行かれるなら巨大ピラニアピラヤ50cm〜60cmオーバーで6Kgの記録がある種類ですが、さらに大きいのを釣り上げて見せてください、TERUさんの旅、影ながら応援しています、
AutoPage最新お知らせ