人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

狼その1。

とりあえず吸血バエとの12日間の闘いは終わった・・
クリックすると元のサイズで表示します
今はこれの倍は酷い・・
もっと酷い足は膿んでこなければいいけど・・
日本人は弱いです・・

タパジョス河の奥地にはすごい太古の河がある。
アベントゥーラ59はこういう所を挑戦するために作った竿だ。
最高の仕上がりだ。
大きいルアーを生きたように激しく、軽くアクションさせる事が出来、
タライロンの剛力にも秘めたる筋肉により耐える。
雷魚ロッドに近いスペックなのにこの扱い易さ、軽快な操作感は
現在他の市販品に類を見ない。
クリックすると元のサイズで表示します
二連釣!!
いくら太古の河といえども個体数はやはり少なく、
連続で釣れるのは中々すごいこと。
ドグッという鈍い音とともに1m以上跳ね上げてルアーに襲いかかり、
締めきったドラグを余裕で突破し、指ドラグで耐えるが
ぐんぐん深みに引きずり込んで行く。
その後は激しいヘッドシェイクのジャンプ。
ビッグサイズ限って言えばなかなかこんなエキサイテイングな魚はいない。
クリックすると元のサイズで表示します
ひとつ注意してほしいのは、これに遅いリールをセットすると、
このロッドの良さが失われてしまう。
今回、限界テスターとしてABUのLJ-3改をメインに
ピュアフィッシングジャパン様より支給を受けているが
100lbクラスのラインを用いらなければならないような対象魚では
現在自分の知りうる限りでは最高のスペックを見せる。
今回の強度テストでも全く問題ない。
飛距離、巻き上げスピード、ホールド感、ドラグ・・
合格レベルと言える。あと少し、ドラグ力は強くなると嬉しいが・・
それでも現在ではこのクラスでは実測では最も強いレベルではないだろうか。
このリールを手に入れてABUをもう一度見直して欲しいと思う。
まさにアベントゥーラ59と最高の組み合わせだ。

オフショアのルアーには素晴らしいルアーがたくさんある。
オーシャンサラブレッドのペンシルに怪物がきて100lbラインぶっ千切っていかれたので、アスー用の大事なルアーをもうなくせないので
タックルベリーでわずか800円で買ったこのピンときたルアー。
GUSTONと書いてある。
クリックすると元のサイズで表示します
自分と関係あるルアーを紹介しなくて申し訳ないが
多分海を知り尽くした人が作っているのだろう。
軽い力で生きた魚のように動かせる。
しかし、特に皮膜の厚いこのオフショアルアーもここ牙の河では
そうもたない。
第一皮膜が剥がれ、第二皮膜がすこしずつ無くなって行き、
今は瞬接でアルミ箔を止めている。

太古の牙まだまだつづく。
投稿者:TERU@AMAZON
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おおはし
やはり恐るべし牙の川ですね。
ガストンは、直接の知り合いではないですが
アカメお追って高知に移住された村崎さんの
ブランドで現在では、オフショアルアーを
多く手がけられているようです。
FishBaseのアカメの項で33kgの大型アカメ
を抱えているのが氏です。
投稿者:くろたまナイト
お!今回も、釣ってますね!タライロン!!

やっぱり、この魚好きだぁ〜!!w

私は、虫アレルギーなので、こんな腫れた手を見ただけでゾッとします。
大魚に向かい合うまでも、戦いですね。

では、身体に気を付けて、素晴らしい釣行を続けてください!
遥か、日の出ずる国から、魚の出ずる水面を楽しみに、TERUさんの旅を応援しております♪
AutoPage最新お知らせ