人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

白金を生む河。

またまた釣りのお誘い。

今度は500kmFIATを飛ばして行ってきました。
これでもブラジルでは近場なんですよ。

私がプラチナドラードを狙いに行く場所はサンフランシスコ水系の河。
その河はブラジル西部を流れるアマゾン水系とは交じらない独立水系。

西部は黒人系の比率が大きい。
昔アフリカから大西洋を渡って奴隷で連れてこられたから歴史があるから。
皆さんもご存知カポエラや黒人密教、料理・・
アフリカの香りがほんのり息づく田舎。
クリックすると元のサイズで表示します


アベントゥーラ59でプラチナドラード!!
クリックすると元のサイズで表示します
日本のマニアはなぜかこの種の本当の姿をほとんど知りません・・
すごいドラードなのに・・
別名サンフランシスコドラード。
65cmとまだ中坊サイズなので全然
このロッドのパワーが発揮できません・・
かのドラードも瞬殺でした・・(汗)

爬虫類マニアのみなさ〜ん!!ヘビクビっヘビクビっ!(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

なんか変な色のピラヤ・・
クリックすると元のサイズで表示します

晩メシなので顎をニッパーで切り落とす。
そうしないと大変な事故につながるからね。
多分最強の顎だ。音が違う。
カシャカシャじゃなくてガギガギだから。
クリックすると元のサイズで表示します

えっ?何?ボンバダTシャツ着てないって?
吸血バエのいる灼熱のハードなフィールドでは衣服がハイテクであるってのは凄く体力の消耗を防げるんです。
もう若くはないので・・
すみません、吸血バエがいなかったら着ます・・。

まあ、肩慣らしも終わったところで、
バスに乗って3000km、太古のアマゾン支流奥地に向かいますか!

やっほーい!

投稿者:TERU@BRAZIL
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おおはし
TERUさんは17日〜2週間以上は奥地で
ネットはつながらない環境とのことですから、
来月まではここは見れないはずです。
いずれにしても私も↓t2さんと同意見です。
投稿者:t2
ここでTERUさんからの反応を第3者が催促するのはやめませんか?

あとはお2人の問題です。

誠に勝手ながら何があっても僕はお2人のファンです。

投稿者:ジャック
ボンバダファンです。「でした」ではなく、現在進行形です。ネット上のテルさんから感じるオーラがとても好きで、釣りスタイルや考え方に影響を受けています。テルさん、早く男らしくなってください。おねがいします。一言だけでも。。。ファンが多く、和解を望んでいる方が多いからこそこのコメント欄も荒れていないのだと思います。テルさん、一日も早くblogの更新をまっています。
投稿者:mh
アマゾンの上流、ナナイは、途切れる寸前らしいですね。

TERUさんの心はどうか・・・。
投稿者:なまず
うーん。なんでネット発信するのかな。
投稿者:小塚拓矢
TERUさんへ

度々失礼します。
文末の名前について、「也」と「矢」まちがえて書き込んでしまいました。
失礼に当たらぬよう、ここに訂正させていただきます。
また、訂正することはできても、すでに手遅れで、その点は僕の過失ではありますが、
O氏(ここでは、伏字にします)は、直接的には無関係であり、
自分・小塚拓矢と、TERU氏の問題であります。
今となってはG氏(ここでは、伏字にします)への個人攻撃に付きましても、
実名表記の意味で、行き過ぎた部分で「のみ」行き過ぎた行動であったと反省しております。

また、下の書き込みにある「問題をすり合わせるトカ」というのは、
金銭譲渡など、何らかの手段で事実を捻じ曲げる示談交渉の類、ではありません。
同じく、世界の怪魚を追いかける者同士、いがみあいたくはないという意味です。

共通知人であるナカジマ曹長氏のブログをご覧になって下さい。
共通知人の方々の苦悶、なにより、間に立たされた弟の苦悶を、
推し量っていただきたく思います。
100歩譲って、僕が「捏造」していたとして、
血のつながりがあり、関係が切れない実の弟にまで吹聴するのは、
人として、いかがなものかと思います。
であるならば、電話なり、メールなり、最終手段ではWEBなりで、
直接、不満をぶつけていただきたかった。
直接、事実確認をする努力を、していただきたかった。

<追伸>
メールでの連絡では、返信をいただけなかったり、
ブログへの書き込み同様、汚い言葉での返信で、傷つくこともありました。
読む前に削除されてしまう可能性も考慮し、
ここに書かせていただきます。
WEBとはいえ、調べれば証拠は残るシステムです。
「嘘つきすぎて頭がおかしくなったか?」と、見解が示された以上、
2週間後の帰りを待てませんでした。
待てといわれたのに、待てず、申し訳ございませんが、
でもそれぐらい、僕は精神的に、追い詰められています。

小塚拓矢

〒980−0011
宮城県仙台市青葉区上杉6−3−2 東北大学松風寮329号室。
takuya198597@hotmail.com
090-8267-4592(携帯)

http://blog.ap.teacup.com/bouken/
投稿者:小塚拓矢
TERUさんへ

書き込み、失礼します。
もう多くの方が知ることになりましたので、
僕からも直接、書き込みさせていただきます。
僕からの見解は、
http://blog.ap.teacup.com/bouken/89.html
に書いておきました。
一部、必要のないことまで書いてしまい、それは反省し、
修正してあります。申し訳ないです。

ボクも、活動を続けるにあたり、書かなければいけない記事があり、
通常の更新を続ければならず、
それをいつまでも上に残しておくことはできません。
しかしそれは、僕から何度か面会を試み、足を運んだ末の結果であります。
にもかかわらず、あなたからは問題をすり合わせるト力をしていただいたことはなく、
また、そのまま、長いたびに出てしまわれた。
そして「嘘のつきすぎで頭がおかしくなったか?」との捨て台詞を残し、
2週間、釣りを優先されるのであれば……。
僕はもう、耐えられませんでした。
魚よりも、優先しなければならないことがあるはずです。
僕はTERUさんとともに旅をしたものとして、
傷つき、残念に思っています。
「捏造」の有無については、水掛け論になり、
お互いに見解を一致させるには、時間がかかると思っています。
しかし、『ウワサを吹聴した』事実については認めていただきたい。
その上で、社会的責任を覚悟のうえで、
実名を挙げて主張しなければならないまで、ここまで追い詰められている人間が生まれた事実を、
知っていただきたい。

幸い、自著の出版により、25日にはまとまったお金が僕の元に入ります。
僕の更新により、表面化した問題ではございますから、
飛行機代をご負担させていただいてもかまいません。
会って、お話したく思います。

楽しい旅路の途中に、失礼いたしました。

小塚拓也
takuya198597@hotmail.com
090-82674592

http://blog.ap.teacup.com/bouken/
投稿者:伊達
TERUさん初めてコメントさせていただきます。

一ボンバダファンとして聞きたいのですが…
他人が獲った魚を貶してると聞きました…
後、他のブログに「今すぐブログやめたってかまわない」TERU@BRAZILという投稿者の名前でありましたが…本当ですか?

真意は分かりませんが、本当にこの様な事を言っていたり、書いてたりしていたのなら…
残念です…。

初めてコメントしたのにこの様な無礼な書き込みをして申し訳ありません。
投稿者:おおはし
あっ白虎ブラジリエンシス!
っと思ったらサンフランシスカンスに
名称整理されたんですか??
テルさんのところ見るようになって知った
美しい猛魚。(&美味そうなんですよねー^^)
ピラニア相変わらずゴッツイっすね
ピラヤ地味色〜


http://green.ap.teacup.com/ea0084/
投稿者:t2
以前の居合い斬りドラード狩りの再現ですか!?
1|2
AutoPage最新お知らせ