人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ジグ。

今日はピーコックバスフィッシングで意外に知られていないジグについて。

興味のない人はスルーでお願いします。


私はネグロ河奥地でインヂオが作るピーコックバス用の漁具を見せてもらった。長く重く粘りのある強靭な鮎竿のような長い竹に2mぐらいの蔓でできた強靭な糸、その先に獣毛で出来た極彩色のジグが付いていた。
脳天に衝撃が奔った。やっぱりこれか!
ジグの完全ガチンコ一瞬勝負釣法!

辺境の小さな町に戻った私はその町で名人が作るジグというのを聞き出し手に入れた。(写真左の小さな2つ)
シンプルではあるが特徴的なギミックがあり見たこともないジグだった。
すぐに泳がせたが魚に見紛うほどの動きだった。
効果も素晴らしく、
スーッ、スーッ、スーッ、ゴンッ!!ガガガッ!!!みたいな。

しかし、大物用に作製しているものではなく
食事の為に釣れない状況でも獲ろうという意の見える強度だったので、
次回アマゾンに帰る時はモンスター用に必ず作ろう。
そう決めていた。

私が今まで覚えてきた絶対感のある法則の、複合体のようなジグだった。
これを再現するには・・

長い獣毛が日本では手に入らず、小川くんが北海道遠征の折りにフライショップを回ってなんとか集めてきてくれました。


フィッシングツアーなどでアマゾンに釣りに行って水が引いてなくて高額を支払ったのに全然釣れなかったと言う定番の話をよく聞きますが・・

これがあれば大丈夫!テクニックはいりません。

斬奪!!
サイカンガージグ!!!


クリックすると元のサイズで表示します

3秒で名前考えました。4ozです。

やっぱりトップが私の趣向ですが、自然はどうなるかわからないので
水位が高くて手も足も出ないときにはこれで引きずり出してきます。

アマゾンで普通のジグヘッドが使用できないのは強度とゴムのスカートが見る見るなくなっていくことです。
獣毛は意外にピラーニャの攻撃にも強いです。

しかし、タックルボックスが犬飼っているみたいな匂いに・・(汗)
イ、イヤすぎる・・。


こんなことで悩んでいる幸せなのか不幸なのか
ナイスミドルなお年頃でございます。 チャオ。(笑)

投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU
くろたまナイトさん>ネグロにはサイカンガーがたくさんいます。
こいつ自体がザラなどを噛むと穴が開くぐらいの恐ろしい牙を持っているのですが、巨大なアスーはその40cm程もあるサイカンガーを爆音を響かせながら追っかけまわして捕食しているからです。
投稿者:くろたまナイト
一時飼ってたんですが、サイカンガーって結構いろんな種類がいますよね。
何気に、スケールイーターぽくて、同居魚達には不評でしたがw

このジグは、サイカンガーに似せたジグ?それとも、サイカンガーを釣るためのジグ?なんでしょうか?

兎にも角にも、デカいの期待してますっ!!w
投稿者:かもしだです
おージグですね。名人のおっちゃんのもジグしていますね。こういうちゃんとしたジグって自分は現場で見たことなかったです。
インヂオ、カボクロの人たちは一人乗りカヌーで釣りをしますよね。ピーコの場合はトローリングです。なので写真に写っているでかい釣り針に木の根の繊維(真っ白、こん棒で根をたたいて余計なものを落としたもの、木の名前を聞き忘れ後悔した)を巻きつけたものでした。
彼が50cm、60cmx2と3本、自分は坊主!!差を見せつけられたころがあります。
投稿者:おおはし
セッパリの小型牙魚ですよね
(かっこいい)
Roeboidesの仲間になるんでしょうか?

確かに獣毛ならかみちぎられにくそう。
匂いが魚を呼んだりして(^^

http://green.ap.teacup.com/ea0084/
投稿者:ジェロ
現地の方のテンカラ釣り
がイメージされました(笑)

スメルジグ

臭いまで伝わる
ブログ・・・
素敵です。(笑)

http://ashitanotamenosono1.blog34.fc2.com/blog-category-13.html
投稿者:t2
こりゃまたエグいものを・・・
ソウダガツオのバケみたいな感じでしょうか
?
ニゴイやシーバスにも獣毛は効きますしね。
AutoPage最新お知らせ