人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

真の怪魚用ルアーロッドいよいよ。

えーっ、ごほん!

あらためまして!
皆様お待ちかねのロッド発売の告知です。

TULALA  という小川くんのプライベートブランド
から2モデルのロッドが発売されます。

私がベイトモデル担当、小川くんがスピニングモデル担当。

それぞれが想いの丈を熱く熱くぶつけました。

2年前からやろうという構想はあったのですが、先にEl Horizonteというロッドが出て各地で旋風を巻き起こし、満を持しての今回のスーパーショートロッドです。

今回の私のプロデュースのロッドは今年の2月にアマゾンから帰ってきてから急展開にすべてが始動しました。

私はベイトタックルで世界の淡水のルアーフィッシングをしたいという趣向の強い人間なので大物に対してもGTタックルを使用したくないというのが根底にあります。
 
やっぱり私はバスフィッシングの延長であるこの感覚が好きなのです。


昔からロッドを作る時が来たらこの名前を冠しようと思っていた、
私が好きなこの名前で押し切りました。

AVENTURA 59 (アベントゥーラ59)
クリックすると元のサイズで表示します
コードネームはアマゾンジャークスペシャル。
 

妥協を許していないため最終のサンプル4本目が来ました。
ガイド位置も限界まで変更、満足できる出来栄えです。


“冒険”というなネーミングはベタかもしれませんが、
それぐらい世界の冒険釣りには重宝するロッド、まさに冒険棒であり、
ある意味では命をかけてやっていることに対しての
プライドを載せれるものだと思います。

大手メーカーにはマネのできないかなり“異質”の
スペシャルセッティングだとも思います。

まず、私のような冒険旅には絶対のグリップ脱着式。
5.9ftという短さにもかかわらず絶妙なロングダブルハンドル。

重量級のルアーもこれのおかげでフルキャストで振り抜けますし、人間が負けそうになる怪魚のファイト時にもふんばれます。
世界の熱帯ルアーフィッシングというのは鬼ジャークの連続です。
日本のフィッシャーマンによく誤解されるのですが鬼巻きトゥイッチと言ったほうがわかりやすいのでしょうか。
この釣りをする際にはやはりやり通した人間にしかわからないことがあります。
大自然の奥地のフィールドに入って行き、一日8時間の連続6日間をジャークし続けるとどういうことになるのか。
手に負担がかからないロッドとはどういうロッドなのかということが。

 
怪魚ルアーフィッシングの本場ブラジルで売っているルアーロッドは日本のバスロッドとだいたいよく似ていますが、大きく違う点がひとつあります。それは基本となる長さ。
だいたい5.7ftです。
それのEXヘビー版と思ってもらえばわかりやすいかも。
実はこのロッド、リールシートからティップまでの長さは5.7ftのロッドよりも短いのです。
ルアーが大きくなればなるほどロッドは短くならなければ移動距離の短い鋭いアクションは演出できません。
ファイトに関しては竿は曲がって初めて機能するの鉄則に従い
ブランクスは中低弾性のレギュラースローテーパーで竿全体で怪魚のパワーを受け止めるため全然ごつい感じはないですが、秘めたるパワーを持っています。
そしてなんとっ、“ブランクス”は今まで私が特に愛用してきた
“あるメーカーの古いロッド”と同じ人物が設計する、
という信じられない状況に恵まれたので、
安心して詳細や意向を説明し任せることができました。

しかし、ブランクス的には古き良き強いロッドを目指したのですが
パーツスペック的には最先端のものを使用しています。
ルアーロッドの歴史はFujiの歴史。
これもあながち間違いないと思います。
FujiのACSトリガーシートに
トップはオーシャンガイド、
ガイドは強力なオールダブルフットステンレスKガイド。
これはガイドの重さがミソでチタンよりいいセッティングが出ます。
まあ要はロッドとはそれらをどのようにセッティングするかということに
尽きます。

色んな有名ブランドから怪魚系ロッドと
うたわれるものが世に出回っていますが
長く、持ち重りのするものばかりで、
正直、私的には欲しいと思う竿がひとつもなかったんです。

短く、“硬い”ではなく強い竿というのはなかなかないのです。
2oz、3ozのペンシルを生きたように動かせるロッド。
ビッグミノーを生きている様にスライディングジャーク出来るロッド。
しかも、ノーマルサイズのルアーも難なく操作できるというこのバランス。


一見すると雷魚ロッドでもないバスロッドでもないジギングロッドでもないどのカテゴリーに入れればわからないような今までにあまりない竿ですが、
怪魚ルアーロッドのこれからのスタンダードを変える竿になるような気がします。

私と同じくアマゾンに通う世界のフィッシャーマンの友達に聞いてみると、やっぱりみんなこういう系のスペックを熱望しています。

手にとった瞬間にあまりの“軽さ”に驚かれると思います。
これはブランクスの厚みを削ったのではなく、むしろ厚くし、重量を軽くしたのではなくセッティングがジャーク時に手に負担がかからないリール直下の重心バランスを目指したためで、手にとってもらえば一瞬でわかります。

私が大好きなAMAZONのスーパースター。
アスーの美しいシルエットも小さなこだわりで入れてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

手にとって頂けると納得して頂けると思うのですが、
このガイドセッティングこそが
そこらのロッドにはない感じのオーラを放っています。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


世界の爆弾魚と対峙できる汎用性があり、
こちらから仕掛けていくトップとジャークが主体の
大物用攻撃型ルアーロッドが完成しました。

最近はこのタックルのままマナマズナイトゲームに普通に使っていますが・・けっこういいです。

そして、この竿にはハイスピードなリールを搭載することによって真価が発揮されることと思います。
リールスペックも今後ハイスピード化していくことが予想されますが、写真に搭載されているABU ambassadeur LJ-3改 ボンバダ仕様との相性はバツグンです。


ご予約受け付け開始致しました。

クリークの雷魚、オフショアのトップ、巨鯉、世界記録狙いのバス、もちろん世界の得体の知れないモンスターにも。

クレイジーなフィッシャーマンに捧げる一本です。

夢は計り知れません。使い方は皆様次第です。

私の考えが絶対一番最高などと傲慢なことは言えませんが、

汎用性がかなり広く、地元のナマズから世界の怪魚にまで幅広く使える

私が本当に欲しかったロッドを作りました。

男の一本刀。惚れています。以上!





製作数量に限りがありまして先着順です。

ご注文、お問い合わせはこちらTULALA まで。






投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TERU@BRAZIL
ドロップさん>ありがとうございます。

Hijiriさん>遅れまして申し訳ありません。
現在ブラジル中西部に着きました。
ロッドのお問い合わせありがとうございます。

南米から帰ってこられたのですか?
エクストラヘビーの必要性が感じられる程のルアーフィッシングの対象魚狙い、及び、2oz以上のルアーを軽快に操作したいのであれば、このロッドは自信をもってお薦めできます。
大阪のバスクルさんか京都のバスフィールドさんで実物を触って頂けるようになると聞いております。
ご参考までに。
投稿者:どろっぷ
>Hijiriさん
はじめまして。
TERUさんは9月2日より南米に旅立たれておりますので代わりにお答えします。
ツララ59はエクストリームさんからの販売になります。

tulalajp@gmail.com

上記メールアドレスに、
・氏名
・住所
・電話番号
・商品名と数量

を記載してメールを下されば、後日仮予約受理メールが来ます。

これで申し込みは完了になりますよ。
投稿者:Hijiri
TERUさん

昨日南米より帰国しました。
タフな環境では良い道具が必要かと実感しました。
このロッドはどうやって申し込むのですか?

http://blogs.yahoo.co.jp/misao1043
投稿者:TERU
仕舞い寸法はハンドル部のピース48cm、
ブランクスのピースが136cmです。
投稿者:ピム
AVENTURA 59 の仕舞い寸法は何センチになりますか?
投稿者:TERU
えっ!?、新潟さんおひさしぶりです。

なんかボンバダのまわし者みたいですよ・・(笑)

ありがとうございます。

ズガーン!!ではわからないのでもうちょっと説明します。

要は振り子の原理と申しましょうか、ヤジロベエと言いましょうか、
いや、ちょっと違うな・・

ロッドエンドを長くとり重心をリール直下にくるように設計すると、軽くリールを握ってパシパシとトゥイッチし、ハイスピードリールで糸ふけをとっていく、この感じで60グラム以上あるペンシルなどが、いとも簡単に軽快に操作できます。

現在ご注文頂いている方々のは青物で使用される方が多いようでびっくりです。

まあ、アマゾンの大物って言い換えれば淡水に棲むカバーについた青物って感じですから(笑)

ボートからのアカメ、海の釣り堀りの青物、コスタリカのターポン、マザーなどを使用した記録バス狙いという予約者の方が多数おられました。

早速多数のご予約ありがとうございます!
投稿者:新潟さん
BOMBADAファンの皆様へ
このロッドの初期モデル? ちょっと振らせてもらったり曲げさせてもらったりしたんですが、
マジいいですよ!まず握った瞬間TERUさん語で言うと ズガ〜ン! って感じです(笑)
注文して損は無しですよ
あの時の段階からさらにガイド位置とか改良されていると言う事なので、さらに ズガ〜ン!!!! なんでしょう
私も予約いれましたし(笑)
 
投稿者:りゅー
ご返答頂き、安心させて頂きました。
予約します。
投稿者:TERU
ぶちょうさん>そんなモトホンダブラジルを代表するアマゾン釣り倶楽部長にお褒ほめ頂くとこちらこそ恐縮です。

まさにぶちょうさんにこそ手にとって頂きたい一本です。

日本の釣りにも十分使えますし、ネグロをご一緒するためにも是非!
投稿者:TERU
Hirofumi Nonogakiさん>ありがとうございます。
アメリカにはこれに近いロッドがごく少数ですがあるのですが、グリップ脱着式でないので使えないんです・・
1|23
AutoPage最新お知らせ