人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ネグロ河最後の激珍アイスポット!

更新する時間が最近ないのですが、
少ない更新を今日は日本全国のクレイジーなキクラマニアに捧げます。

魚に特に興味のない方は流して下さい。


シクリッド・・。
なんという甘美なる響き・・。
シクリッドほど面白い魚はいない。
やっぱり私がもっとも好きな魚種であることは間違いありません。

常に進化を繰り返し最速でそのニッチに滑り込む。
口の先の骨格を造り替え、いかなる状況にも耐え進化していく。
社会をつくり、そこにはボスも、いじめも、オカマも存在する人間社会のようです。

知性、感情までもが飼育していても他の魚種とは一線を画する。
だから釣りも面白いのかもしれません。

特にピーコックバスは怒れる獅子。

食欲だけではない怒れる何かを持っている。
このピーコックバスの本当の面白さは深い。
釣りの側面からだけではもったいない。
もっともっとお前のことが知りたいんだ・・。


ところで今回のネグロ河釣行。
世界のインターネット上を探してもなかなか本物の画像は少ししか見つからない
私が疑問に思い存在すら疑いながらも追い求めていた幻のピーコックバス
ネグロ河最奥地の激レアピーコのご紹介。

やっと釣ったぜ!

ネグロ河最後の激珍アイスポット!

これがオリジナル!
本物のキクラ・ニグロマキュラータだ!!

クリックすると元のサイズで表示します
                      <Cichla nigromaculata>

えっ?モノクルスとの違いがわからない? ・・・・汗
いや、実際見るとかなり雰囲気違いますよ。
背中に連なる大きな5スポット。
数匹釣ったので特徴的な個体は本更新で。

こんな魚をあつめようとする話がわかる人が
私のまわりにはクレイジーな約三名いますが、
もっといたら面白いなあ。
日本全国の猛者、コメントお願いしまーす(笑)


中南米全土に広がるピーコックバス・・。

世界でも成し得た人間など聞いたことがない
ルアーによる全種完全コンプリートまであと少しだ・・。

待ってろ!インタ−メディア!!


いや、でも今年はマラウィにも・・。


あ、とりみだしました・・。

熱帯魚マニア以外のみなさん、わけのわからないこと言ってすみません・・。


私は人生を投げ売ってでも自分を抑えることのできない、
どうにもこうにも救いようのない熱帯魚マニアの
フィッシングジプシーですから・・(笑)


投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:いたる
バタバタしてなかなか更新みれてなかったです・・・

やっぱり、こうやってみると、トゥクナレといえど、様々な種を釣ってみたくなりますね♪

しかしすごい美しいですね。。。

こういうのもいるんだなぁ。

投稿者:mh
マラウィにも行かれる予定があるのですね!

個人的な要望になりますが、マラウィ湖固有種の、全身真っ黒のビッグクラリアスキャット、ディノトプテルス・ギガスを是非釣って来て欲しいです!
投稿者:おおはし
アイスポットマニアじゃやないけど
書いちゃいます(^^;

ボンバダにてTERUさんに聞くまで
ピーコック?ざっくり7種類ぐらいですか?
ぐらいの感じでしか興味なかったツクナレ
の種類。
オセラリス・ニグロマクラータ・モノクルス・プレイオゾーナ(唐草含む?)・ケルベリー(この辺はまだ複数種に分かれそうな…)
テメンシス・ヴァレゾリ・ティロルス・ジャリイナ・ピニマ。
ピキティ・メラニアエ・ミリアナエ(この辺もまだ分かれる?)

インテルメデイア・オリノセンシス

そして(フォーゴ)

他にもまだまだ居るんですね。
種として独立して見るかは遺伝子検査的な
もので少なくなくまとまってしまうかも
しれませんが、日本の谷で以前は固定されていた
複数の岩魚のように種としては同種でも
完全に別の道を歩んでいる個体群は
まだあるのでしょうね。

http://green.ap.teacup.com/ea0084/
投稿者:TERU
あゆむさん>はじめまして。
マニアックすぎましたね。
今、全国のマニアさんを相手するバイトをしておりますが知っている人は全国でも数人?でしょう。
悲しいくらいにアイスポットマニア少ないです。

何のバイトをしているかはオフレコにしております。

私の中の全種は6種+9種ではなく少なくとも25種はいます。
私の中のこだわりです。

今年の予定は未定です。アフリカにも行きたいけど去年の約束もあるし迷います。

とにかく今は資金を貯めるのにがんばります。


くろたまナイトさん>私なんてなんにもたいしたことないですよ。
知らないま〜ちを〜あるいて〜み〜た〜い〜♪
なんてノリがほとんどです。

そんなにおだててプレッシャーかけないで〜。(笑)

投稿者:くろたまナイト
おぉ〜!
TERUさんから、アフリカの湖の名前が出るとは・・・!
アフリカってだけなら、色々魅力的な巨大魚が思い浮かぶんですが、果たしてマラウィでTERUさんが狙う獲物って、とても気になりますね〜♪
投稿者:あゆむ
はじめまして。
マラウィも行っちゃうんですか。
私もまだ思いつきの段階ですが、マラウィ湖にダイビングとシクリッドちょい釣りに来年あたり行こうかと思っています。ダイビングのブログなどを見ても「青や黄色の魚が」という程度の記述ばかりなので、TERUさんならではの視点を楽しみにしています。
トゥクナレはハワイでしか釣ったことないのですが、まずは移植ではない本物を今年1種類釣ってみたいです。全種というと6種+9種ですか。このブログを見ている人は魚に興味がないということはないと思いますが、たしかにマニアックな領域ですね(笑)。

http://blogs.yahoo.co.jp/aoyamasiamcafe
AutoPage最新お知らせ