人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

インペリ。

インペリアルゼブラは危ないゼ!


シングー河畔のアルタミラの漁師達はこの魚が網にかかっても

「危ないからすぐ捨てろ。」

と言う。

そう。現在捕獲、輸出禁止になっている幾多いるプレコの中でも
特別天然記念物のような存在の魚なのだ。


TERUさん。こいつは危ないよ。
クリックすると元のサイズで表示します

マジで・・。
クリックすると元のサイズで表示します

サヨナラ。
クリックすると元のサイズで表示します

色んな魚が現在ブラジルから輸出禁止になっているが
アジアのように乱獲されすぎて自然の魚が
ボンバダアグアしない国になるよりはずっといい。
モンスターのオーラが消えてしまう河になるよりはずっといい。


そんなアクアリウムマニアの私は自分に言い聞かせて昼飯の
オレンジフィンカイザーを獲りに行くのであった・・(笑)



ところで、私はIBAMA(ブラジル環境・再生可能天然資源院)
日本のアクアリストの代表として
なぜこんなにも輸出が規制されるのか疑問に思い、
問い合わせに行ったことがあった。

そして、返ってきた答えは一言。

なんと!

「ブラジル人の喰い物がなくなるから。」



ああ・・ブラジル・・。


投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:英ちゃん
ホンマのワイルドインぺっすね^o^

我々が喜んで飼っている魚が…食べ物をキープする為の規制とわ…

恐るべしブラジルアクマ!!

ピニマ順調ですよ(笑)

投稿者:balsa666
kamoshidaさん、こんにちは。アマゾンでもそんな計画がやはり進んでるのですね。便利な日本にいてそんなことを言う資格は無いのは分かっていますが、それでも「アマゾンは特別なんだ!!」って思ってしまいます。きっと、イタイプーダムなんかもできる前と後では生態系もずいぶんと変わったのでしょうね。

http://cat.ap.teacup.com/amazon/
投稿者:TERU
t2さん>今までの歴史を逆手にとっての発言だと思うのです。
昔、ゴムの輸出などで栄えたブラジルは現在おいしいところを全部東南アジアなどにとられてしまったことについての苦い経験があります。
その教訓をこんなところに適用しているのか、いや、逃げ口実だと思います。


くろたまナイトさん>本当にアジアは悲しくなることが自分の実体験にもたくさんあります。
黄河の実情、チャオプラヤ河の実情を知れば涙が出ますよ・・


kamoshidaさん>ごぶさたしております。こんなブログにコメント頂けるとは大変恐縮でびっくりです。

ダム計画>あぁ・・もうそんなことに・・
地球に残された太古が眠る河がそんなことになってよいのでしょうか・・。

胸が痛いです・・

いや、それよりも私なんかよりアマゾンに夢を見、生涯の大半をかけてきた大先輩達、私が一方的に知るkamoshidaさん,onodaさん,yamamotoさん,ogawaさん,matuzakaさん。

アマゾンに一生を懸けた熱い男たちのその胸中は色々な思い出と共に計り知れないものがあると思います。

yamamotoさんの最近のフィッシュマガジンの記事も大変考えさせられ、心に響くレポートでした。
尊敬する大先輩yamamotoさんにもよろしくお伝え下さい。

私には何ができるでしょう。
お力になれることがあれば力になりたいと思います。

こちらはもう朝ですが眠れそうにありません・・

投稿者:kamoshidaです
こんにちはTERUさん。
ゼブラの全面禁止はもう長いですよね。
いま、そのおもな採集地だったベロモンチにドでかいダムをぶったてる計画が進み、もう建設業者の入札がありました。ブラジリアでもかなり大きな反対集会があったのですが…。このまま建設されそうです。ゼブラを始めいろいろなプレコの生息地がなくなっていく…。ブラジルの今後もかなり心配です。
投稿者:くろたまナイト
確かに、生き物守るっていっても、自分の腹を満たす方が先ですもんね〜(笑)

私事ですが、最近東南アジアの魚が水槽に増えているので、「アジアのように乱獲されすぎて」←この言葉がかなり気になります。
投稿者:t2
>「ブラジル人の喰い物がなくなるから。」


あぁ・・・超本音(笑)
AutoPage最新お知らせ