人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

マットグロッソ。

マットグロッソ州。

草が肥ゆる大地と形容されるブラジル中西部の大きな州だ。

分水嶺を持ち、北のアマゾンへ流れる河。南のパラナへと流れる河。
あの広大なパンタナール。ありとあらゆる生物、怪魚を抱えている。

ミリオ・モトグロセンセ(マットグロッセンセ)
繁殖力旺盛で可憐なこの水草が私は昔から大好きでした。
誰に教えられたわけでもなく、本を読んだ記憶もないが
マットグロッセンセという名は草が肥ゆる肥沃な感じ
という印象を不思議と受けていて好きな響きでした。

マットグロッソ州は今、急速に

盛んな牧畜やサトウキビ畑などへと変えられていく。

人間は肉を食う。

人は自動車に乗る。

ブラジル仕様の車はサトウキビから得た
バイオアルコールで走ることもできる。



エコだと言うのは簡単だ。

大地の見えない人工物に囲まれた都市で
エコとおしゃれに言うのは簡単だ。

だから、どうしろとか私もえらそうに言えるわけではないし、
どうしたらよいかもわからない。


しかし、ここにもたくさんの虫や、爬虫類や、動物
がいたことに間違いはない。

私は見た。
現実にこの景色を見た。

目をそむけてはならない現実の一部なんだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おおはし
これではエコではなくエゴですね。
私もどうすればよいかもわかりませんが
この道が正しいとはどうにも思えませんです。

http://green.ap.teacup.com/ea0084/
投稿者:TERU
アキシマンさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

確かにこの景色を見た時、言いようのない虚無感を覚えましたが、
人間がいなくなってしまえばいいとは思うことはできませんでした。

私も人間ですし、人より欲望や自我の強い悪い人間です。

なんでも短絡的、否定的な考えに至るのは簡単なことですが、互いに生きれる道を考えることもできるのが人間に与えられた知性というものなのではないのでしょうか。

しかし、文中に書いたとうりわたしにもどうしたらよいか答えはわからないのです。

ただ、気付いてほしかったんです。
大豆、とうもろこしなど、粗末に扱われる飽食大国日本の食物はこういう所で生産されていると。

気付けば何か感じるものがあるんではないかと。
投稿者:アキシマン
この写真を見て涙が出そうになりました。
長い間ボンバダを見てきましたがコメントを書くのは初めてになります。
どんな怪物怪魚より衝撃に思えたからです
人間という愚かな生ものは腐ってなくなってしまえばいいのですね。
TERUさんこれからも頑張ってください。
体に気をつけてどうか長生きしてください。
投稿者:TERU
すみません。
私の説明不足でした。
 
抽象的な書き方なのであまり理解頂けなかったみたいですね。

その伝統の焼畑ならいいんですが、
そんなレベルの焼き払い方ではないんです。

凄い速度で密林は消滅しています。

肌身で感じれるほどの危機感があります。
投稿者:さすらいの賭博士
毎日何百ヘクタールもの森が焼かれている 
現状を知ると悲しい気持ちになりますが
焼畑農業は現地では生きていくうえで絶対
に不可欠な事であるんでしょうね。現地の
人達にとっては焼畑は当たり前の事で伝統
なんでしょうね。
 そうそう四月か五月に関西の怪魚釣りに行きましょう。
AutoPage最新お知らせ