人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

バガボンド。

私は苦しい。
人と違うことが苦しい。
世間とは違うところを求めていることが苦しい。

しかし、知らなければ良かった。
そう思うことはない。
この目で見、この体で感じて来た世界はあまりにも広大で美しい。
クリックすると元のサイズで表示します
その世界を私の汚らしいつたない文章で表現するのはその世界を汚すようで苦しい。

アンデスのあのまばゆいばかりの凛とした光。
すべてをさらっていくかのようなフォルクローレの風の音色。
熱帯雨林の稲妻のような水の炸裂。

人はあらゆる環境の世界に住んでいる。
大好きな魚もあらゆる環境にあらゆる魚が棲んでいる。
どんなことも地球というでっかい球の上ですべてが起こっている。

この目で見てきたことをストレートに表現できればどんなに素晴らしいだろう。


だが月日は過ぎていく。
うまく生きれているかどうかはわからないが、
私の一年は一瞬で過ぎるような気がする。
だから気分は今でも17歳の時のままだ。

私は根なし草。
海外に出れる状態になれば深く考えずふらふらと世界を漂う。

バガボンドとも呼ばれる。

「けっ、このバガボンドがっ!」
と、罵る場面もブラジルではたまに見かける。
怠け者という意味で使われ、決して人を褒める言葉ではない。
しかし、日本では放浪者と訳され、漫画の影響もあってか、
何か真実を見つける旅をする人のような少し格好の良い感じで
最近は使われるようになってきているように感じられる。

しかし、実際そういう人がいると弾き出そうとする意識が強い社会も日本の大きな特徴だ。



「テルはバガボンドだからなぁ。」
ブラジルのアミーゴには最近よく言われる。
数人のアミーゴに
「俺はバガボンドなのか?」
と、聞くと
「ああ、間違いないリアルバガボンドだ。」
と必ず言われてしまう始末。
しかし、そこには罵っているのではなく、
親愛の笑みが含まれているのが私には嬉しい。


どうゆう解釈でもいい。





これからも私はバガボンドのままでいたい。

投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おおはし
バガボンドと言うと井上さんの宮本武蔵
じゃなく、もっと古い劇画で南米でサボテン
食べて(儀式で)日本で記憶喪失になって、、、
というのを思い出しました。
日本は根なし草にはちょっと冷たいかも
しれませんが、寅さんが長続きするぐらい
だから元来の日本気質にはそえを許す
ものもあったのだとは思いますが…

ともあれ全てのものを伝えるってのは
どんな人間にも無理かと思うので、
TERUさんの表現でなんでも一部分でも
見聞きさせてもらえたら嬉しいです。


http://green.ap.teacup.com/ea0084/
投稿者:てらもっちゃん
超お久しぶりにコメントですみません。

先日大阪で「オガケン」とTERUさんの話になり、ニアミスしていたことを聞きました。

嗚呼、早く「オガケン」捕まえとけば・・・

オイラはブラジル表記のバガボンドです。

http://purple.ap.teacup.com/hinokuni/
投稿者:セッキー
ある通訳の人が言っていました。自分達の仕事はただ言葉を訳すのではなく、その人達が仲良くなる為の手伝いをしていると。
言葉には出さないけど、そこには「愛すべき」って思いが込められていると。
皆がそんな気持ちで生きられたらいいですね^^
AutoPage最新お知らせ