人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

情熱。

現在、首都ブラジリアに滞在。

同じブラジルとは思えないくらい発展し、便利なこの街はゴイアスと同様日本人には気候的にもかなりすごしやすい。
しかし、都市観光など今さらしてもてんで面白くない。
街では夜遊びぐらいしか興味をそそるものがなく、
次の釣りに向けての気力と体力の充填期間。
もしくは準備期間である。

俺にはしておかなければならない準備があった。

魂のルアー。の作成である。

今までの経験によりわりだされた最高のルアーを作るのはそんなに技術的には難しいものではない。
しかし、微妙なのだ。最高のアクションはこの腕が覚えている。


テスト完了したルアーのひとつを紹介しましょう。

ボンバダオリジナルルアー。

ソリポック。
(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

ご存じKVのドクタースポックのチューンである。しかし、中身は全くの別物。
ザラではなくスティックだ。

作成方法はまず、このルアーには巨大なラトルが3つ入っている。その内のひとつだけを残し、再後部にエポキシボンドで固定する。

そして、バーナー、またはライターでゆっくりあぶり、美しく反らせる。(これは結構熟練を要する。)慣れれば後部の容積を調節することだってできる。オリジナルより後部が微妙に細くなっていることが写真でも確認できるはずだ。

これだけでで完了。

おわかりのとおり無音のノンラトルルアーである。
アマゾンの巨大ピーコックでは思いっきりラトルが最高なんて思っている君はまだ甘い。
ナーバスでインテリジェンスなビックモンスターには意外に良くない。
超うるさいラトルは70cmぐらいの中型サイズが先に飛んでくるような感じを受けるし、メジャーな場所ではノーマルスポックはホント成績が良くない。

ノンラトルルアーは当然アピール力が落ちる。それをどうカバーするか?
それは簡単。
無茶苦茶早いジャークにも勝るような鋭いトゥイッチ?でアクションさせる。
するとどだろう、前後から素晴らしい激しくナチュラルな飛沫アンド音が飛び出す。

僕的な言葉で例えるとこんな感じ。

アゴチョップ! アゴチョップ! けつキック! オーリー!! けつキック!
(アゴチョップは水を切り裂く縦の動き。この表現でわかるかなぁ。)

考えてアクションさせるのではなく、あくまで感覚で、第六感で動かす。
横でこれを見ているとホントにベイトフィッシュがばしゃばしゃしているように見える。
単なる棒が生きている魚のように見える。
トップウォーターフィッシングの本質、醍醐味である。

ガンガンに巻きしゃくっても意外なほどに巨大魚には効く適度なねちねち系。
鋭い動きを出すためにハイスピードリールがロッド側の腕の負担をかなり軽減してくれる。
なにしろ1オンス近いルアーを激しくトゥイッチしている時間がハンパじゃない。
アマゾンでハイスピードリールが必要というのは激しいトゥイッチという意味が一番大きい。(現在のリールでも全く満足していない。ベイトリールはもっと進化できるはず。)

そこで二年前、ほんの思いつきで改造した結果素晴らしいルアーが出来た。
今まで隠していたが、もういいや。これも気まぐれ。



あ、そうそう。今回の本題。
これも秘中の秘をご披露しましょう。

自宅のガレージで車修理している家に行きました。
何故かと言うと魂のルアーに色を塗ってもらうためです。
クリックすると元のサイズで表示します

イヤとも言わずすぐに作業にとりかかってくれます。
このブラジルの臨機応変のフレシキブルさが大好きです。
アイの部分のマスキングも手伝ってくれました。
僕のバカさ加減、情熱にほだされたのでしょうか?

選んだ色はフェラーリレッド 。
クリックすると元のサイズで表示します
車のバンパーに塗る強度な塗装です。

ブラジルはほんといい国だ。能書きたれじゃない。すぐ実行だ。
クリックすると元のサイズで表示します


熟練です。外皮のクリアーまで吹いてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
お金を受けとろうとしないので無理やり置いてきました。


おっと忘れてた。
赤という色について話しておきましょう。

これが秘中の秘。

日本ではナチュラルカラー、水に溶け込むカラーで人気があるルアーとはハードベイトでアユカラーやワカサギカラー。ソフトベイトではウォーターメロンやパンプキンなど地味な色。

しかし、地球の宝物ネグロ河などのブラックウォーターの中では赤がナチュラルカラーなのです。
これは実際超ブラックウォーターというものを見てみないと信じられないでしょう。
絶対超ビックピーコック がついていると思われるピンスポットを正確に打ち抜く時、この赤のナチュラルカラーが持つ力は絶大です。


さあ、明日僕は本番アマゾナス州に飛び立ちます。

今年はかなりの異常気象でアマゾンの水が引かないという色んなアミーゴの情報から時期を遅らしてうったらうったらしていたのだ。

機は熟した!!
クリックすると元のサイズで表示します


誰のためにやっている釣り旅ではない。

そう、俺は世界の誰よりもでっかいピーコックバスを釣りたいのだ!

そのためにはどんな努力も惜しまない。

情熱の赤は誰にも消せない。

待ってろ!アマゾン!!

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU@BRASILIA
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:マエクボR
まいど、お久しぶりです。
プラのルアーもこんなチューニングが出来るとは!
面白そうです、僕もザラで真似してみます。

ところで、前に相談にのっていただいたフィッシュグリップ
本格的に作り始めました。
"魂の"と胸を張って言えるのが完成するのか、、、
またアドバイスいただくかもしれませんがよろしくです。

http://blogs.yahoo.co.jp/artigiano31
投稿者:vivien
ネグロ・ピーコもいいけど、ジャグンダも頼む。メールso-netのほうに宜しく。
投稿者:おおはし
情熱の赤!
反りポック。凝ってますね(^^
3つ目のステッピンジャークっぽいのも
気になります。


http://green.ap.teacup.com/ea0084/
投稿者:セッキー
自分はそれを“これぞ本物のジャークベイト!”のでかいやつでやりたいですね〜。
思うにテルさんはもうやってると思いますが、やり方教えてくれなくていいですからね。楽しみが減っちゃうので(笑)あ、でも肝心のルアーはすみませんがよろしくお願いします。
投稿者:TERU@MANAUS
ぶちょうさん、おひさしぶりです!

どんどん、釣行紀がたまって行ってます。
ぶちょうさんとの記事を書くのがたのしみです。

僕は昨日ちょうどあの宿に着きました。

マナウスも一年で大分様変わりしていますね。すごい発展スピードです。
ぶちょうさんのおっしゃるとおりアウドフォ リスボア市場よりアマゾン河を見ましたが、やっぱり水の引きは悪いです。

もうすこし様子を見ようと思います。

ところで一番手前のドクターエリスはぶちょうさんに頂いたあのレッドヘッドのイスカです。

歯型がついているのを申し訳ありませんがペーパーがけさせて頂きました。

なせならこの個体が一番真がとらえられていて良かったもので。。


ペラもブラジリアでお世話になっている人の家で釣りに行っては削り、釣りに行っては削り、機械で納得いくまで調整しました。

誰にでも簡単に引けるエリスとなりました。これがミソだったのかもしれません。
驚くべきことは最終出来上がると、タイペラと呼ばれるタイのルアーデザイナーが多用している形とほぼ同じになったことです。

本職でもないのにこんなことばっかりやっててふと気付いた時、人生とほうにくれますが、もうここまでむちゃくちゃにやってきた人生、とことんいったる精神でがんばります。(笑)

帰国したらおみやげ話を持って新居に寄せてもらいますのでアドレスよろしくお願いしマース!
投稿者:ぶちょう
TERUさんお久しぶりです。元気そうで何よりです。
我々夫婦は今東京の某所に暮らしています。
帰国後2ヶ月経ち、日本の空気、満員電車、狭い空にもようやく慣れ、
落ち着いて来たところです。
ソリポックでの爆釣更新を、嫁さん共々楽しみにしています。
Boa viagem e boa pesca para voce.
AutoPage最新お知らせ