人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

紅い炎伝説。完。

最終日、俺はもう完全に焦っていた。

苦虫を噛みつぶすような表情になっているのが自分にもわかった。

いつもは実際はけっこうのんびりタイプの釣り師と自覚しているのだがこの時はちがった。
この金額を二回分だすことはできない。

この宿の主人カルロスがピロテーロなのだが、
激流にはツクナレはいない。と言って止水域を俺に執拗に推める。


この河は水量の多いちょい大きめのヤマメや岩魚
のいそうな渓流を想像して頂ければよいのだが、かなりの激流がある河だ。

普通はトロ場になっている区間をボートでゆっくり流しながら打っていくのがセオリーだろう。

だが、その区間はいくら打ってもツクナレはおろか他の魚のバイトすらない。


いい加減シビレの切らせた俺は、

「なんでもいいから俺の言うとうりにしてくれ。」

と言い放ち、ボートを激流域に向かわせた。

こういう場合のピーコックはマス系のように流しんの脇ではなく、激流の両岸にある浅瀬のわずかな澱みにいると直感した。
そこを立っているのもやっとの状態でキャストし続けた。
すごいスピードで下っていくため、ほんのちょっとの手返しのミスで大事なポイントを通り過ぎていく。
集中力がなく、いいかげんで今までの人生を失敗し続けている俺もこの時は異常に集中した。
無数に滴り落ちる汗が目や口に入ろうとも気にならなかった。
一切の無駄な動きは排し、一度しか打てないそのポイントを10cmの誤差もなく打つことに全神経を集中させた。
スコーピオンXT。手にしっくりくる良いリールだ。
それに合わせカルロスも必死の櫂さばきでボートの態勢をささえてくれた。

しかし、浅瀬の澱みにはかなり大きなビックーダやタライロン、マトリンシャンが待機していて、ルアーを襲ってくる。
ピーコックでないのがわかると、ワザと竿をしゃくって外す。
もう俺には時間がない!

しかし、狙いは間違っていなかった。
ペンシルにアタックしてくる音にピーコックらしきアタックが!


キタッ! が...
思ったよりも嬉しくない。
これが永きにわたって恋い焦がれた魚なのか...

確かに見たことない種だ。
クリックすると元のサイズで表示します



終了間際4時30分。
帰る時間を含めこれがポサーダではぎりいっぱいの時間だ。
まだあきらめなかった。
ぜったい最後にドラマは俺を待っていると信じてやまなかった。
3kmは下ったろうか、1mは落差があろうかというごうごうと勢いのある激流に入った時、

荒瀬の終わりの澱みの脇に3mぐらいの白いプライヤ(砂浜)が見えた。

ネグロ河のアスーで何度も出会った瞬間。とんでもないビックサイズのピーコックは意外にもこのプライヤの水深1,5m程にある段差のラインに付く。
水面からは何の変化も見えないこの段差にスーパービックサイズはステイしているのだ!

来い!!

そこからはもうスローモーションであった。

プライヤ水際ぎりぎりにキャスト。
着水音はほとんどしなかった。
キラッ、チュポッとTDソルトペンシルをアクションさせた瞬間、

その赤い¨炎¨は飛び出した!!



バッカーン!!

赤い!ものすごい赤さだ!

銘竿プレステージのミディアムライトが根元からしなる。
TDソルトペンシルには最高の動きを出させるため強力な針を載せていなかった。
それはこの種は大型種ではなく小型種と認識していたためである。

デカい!!小型種の大きさではない!!

慎重にファイトする。もう手が少し震えているのが自分にもわかる。

ドラグはいつもぎちぎち派なのだが、この時は少しゆるんでいたのが功を奏した。

ドラグを引き出し、何度も深みにもぐろうとする。
赤いブラックウォーターの中でさらに赤い頭部が深い底に突っ込もうとする。

あせらず、パワー勝負にでることをしなかった。見える程に浮かび上がった時口元を見て青ざめた。
皮一枚だ...

神様!たのむ!!

慎重によせると、

「カーマ、カーマ、テルまかせろ!!」

そう言ったカルロスもかなり興奮している。

ガシッ!!口をボガで掴んだ瞬間、フックが伸びて外れた。

うおーっやった!やった!!

グランドン!!

超希少種!!
赤い炎のピーコック!!

ツクナレ.フォーゴ!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


魚でこれほど震えたのは久しぶりだ。

この魚で手足の奮えは魚種の大きさの問題ではなく、
夢の大きさなんだと今さらながらに気付きました。


15年来の見続けた夢がここにかないました。

心配してくれている母、友人、

応援してくれているボンバダファンのみなさん、それにカルロス。

すべてのみんなにありがとう!!


すぐに写真を撮ってリリース....



いや、最後に15年恋い焦がれ続けた姿を

1分間だけ、1分間だけ心に焼き付かさせてくれ、

他種ではありえない赤いアイシャドー、赤い唇、黄金と漆黒の力強い横縞..

どのピーコックにも似つかない独特で最高の美しさだ..
そして、実物のおまえはインターネットで見てきたどのフォーゴより大きく、美しい。


俺にとっておまえだけは特別だったんだ..

ありがとう、チャオ..


すべては成就した。





俺の最高の恋人は今も、あの神秘の河を悠然と泳いでいる。



リオ アズール編 完。





ps、二年ほど前に大きくピーコックバスは学名整理され、新たなる種の名前がつけられました。
しかし、この炎にはこんなに特徴的な種にもかかわらず、今だ学名がつけられていません。

一時は僕も他の種ミリアナエ(Cichla mirianae)のタイプなのか?と臆測が飛び交っていたため確信が持てませんでしたが、
実物に出会って確信しました。
完全に他のピーコックとは違います。

なんかこの種に慎重になっている学者の愛情すら感じます。


そして、熱帯魚マニアのみなさんに一言。
実際私の知る限りでは日本には一匹すら輸入、もしくは密輸入されていないはずですが、
かなり生息域の狭い固有種です。他のアイスポットの数万分の1ぐらいの生息数だと感じます。
あの広い南米の細い河2本にしかいないのですからレッドアロワナ以上です。
ほぼ絶滅のレッドアロワナのようにしてはならないと強く感じます。


くれぐれも欲しいなんて言わないように。w





協力 Pousada Rio Azul
熱帯魚マニアや、珍しい鳥のバードウォッチングの方には超オススメのポサーダです。
清潔で料理もおいしく、貴重な生物、固有種がいっぱいいて、最高なのが蚊がいない!
河でもゴミなんてひとつも見かけることはまずないでしょう。釣り人すらいません。

僕の紹介だと言うと多少安くなります。


時間があればまた、他の珍魚紹介します。



投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:watta
またまたすみません前回の書込み。
全く余裕のない状況で大急ぎで書いたからか、何か感じ悪いような。。。

出発前もそうでしたが、TERUさんの言葉には本当に勇気づけられますね。
見ず知らずの人間にこのような心づかい。。。
まるでブラジルの方々みたいですw。
本当に心から感謝しています。ありがとうございます。
投稿者:TERU
watta san> kochira koso sumimasen.
daijyoubu desu yo.
okini nasarazuni.
jyuubun amazon wo tanoshinde kudasai.

soshite ,doushitemo pinchi na tokiha boku ga tasuke masu node renraku shite kudasai.


manaus de oai dekireba ii desune!
投稿者:watta
すいません前回の書込み、久しぶりなんてえらそうに。
張り付けの時点で(お)が抜けましたw。

アルタフローレスタには行きましたが、やはり時期が悪すぎるとの事で
ポサーダには行きませんでした。
その際助言を頂いたのが、これまたTERUさんの友人Mさんでした。
Tさんに続き2度目の出会いです。しかもMさんは商売上の出会いではありません。

これはどうしても言つておきたい事なんですが、私はTERUさんの後をつけるような
事は一切やつてませんし、するつもりもありません。また、ボンバダに登場する(しない
人も)TERUさんの友人、知人を探し回り、自分も世話になろう的な考えもありません。
Tさんとの出会いは偶然でしたが、TERUさんの名前を聞いた時は正直微妙な気分でした。
だから、TERUさんの事はサイトを見て知つてはいるが、友人でも知り合いでもないと
強調して言いました(釣具は勝手に真似しているとも)。
Mさんの場合も同じです。TERUさんの友人ではあられますが、ご本人曰く、この街に来
た日本人が困つていると、私に連絡が入るとのこと。私の場合もまさにその通りでした。

Tさんの街はボンバダに登場しますが、私が十代の頃から行きたかつた街の1つ
でもあります。アルタフローレスタにしても、Tさんの情報以前に、優先順位は低かつたですが
訪問先リストに挙げていました(テレスピリスもです)。そんな場所はまだまだあります。
つまり、私がTERUさんの後をつけたり、友人知人を探し回るつもりがなくても、
訪問先がかぶり、偶然あるいは必然的にTERUさんの友人知人にお世話になる可能性が
ある事を理解頂きたいのです。

恐らく杞憂に終わる事だとは思いますが、2回も続くとさすがに気になりまして。
こんなとこまできて日本の釣り人同士の揉め事みたいなんはイヤなんでw。
改めていいますが、TERUさんのあとをつけたり、友人知人を探して俺も
世話になろうなんて事は、するつもりもありません。
何の保証もないただの書込みですが、約束しておきます。
長々と失礼しました。
投稿者:セッキー
遅ればせながら、お誕生日おめでとう御座います。
思えば自分がここに来る様になってから、まだ一年ちょっとしか経っていないのですね。その間色々ありましたが、アマゾンへの冒険釣り旅に対する思いは日々強くなり、まだこんなにも情熱が残っていたのかと自分でも驚きの毎日です。
仕事・健康等の状況が、以前と変わってきたので、少しでも早くアマゾン入り出来るように頑張っております。

タライロンが釣りたい自分には、あのザラが飲まれている写真がとても参考になりました。そして自分の一番好きなルアー(何か分かりますよね?)で釣る為に、フックバランスを試行錯誤中です。ホントちょっとの差で見違えるように変わりますね!!こうしてより一層ルアーへの思い入れと理解が深まり、さらに特別なルアーへと変わってゆく。。。幸せ一杯です(笑)
投稿者:TERU
毎年 自分でも忘れてるのに本当にありがとう ございます。

ここ10年以上絶対欠かさないそのマメさが海外移住で成功する秘けつなのでしょうか

今日、黄金ケルベリー釣りに近くのラーゴに行きましたが、バラしまくりで痛恨のボウズ!
ビックスイッシャーに出てくるのが面白くて絶対これで釣ったるってやってたら日が暮れました。

こんなことしてる中年って。。誕生日微妙です

それより、前よりでかい家ってどんだけ-?(笑)


限りなく極道に近い一般市民おッパーさんもお体にはお気をつけください(笑)
投稿者:オッパー
本日10月23日お誕生日おめでとう!!
元気そうでなによりです・・・
ほんとこれで「報連相」が出来たら
世界最強のイケメンなのに・・・
裏裏ボンバダ美人編願う!!
気をつけてね!!
反対から帰り道こっちにお寄りなさい!!
豪邸に引越ししたんで・・・
皇ちゃんがテルちゃんにお逢いして
舎弟にしてもらいたいみたいです。
投稿者:TERU
ひぐまんさん>ありがとうございます。

おおはしさん>いや、ホントはタイマスー行きたかったですよ。リオ アズールも決して日本人初ではないと思いますし。別に初でもどうってことないですが。。別名サンベネジット2です。

またあ、かいかぶりすぎですよ。
まあ、まぐれです。でもほんと釣れて良かった-。

あきらくん>了解。おぶりがーど。


セッキーさん>?


wattaさん>どうぞ。ポうさあーだ是非利用して下さい。僕には一銭も入ってこないように断ったので気があれば帰国後にメシでもおごって下さいw
ただ時期的に僕がいった時でも連日雨で雨期が始まった感があり、ピーコはまったくダメな状態でした。もうかなりきついですよ。手遅れかも、、


それと、商売ならかまわないのですが、タライロンリバーの田舎の家族のように僕が大事にしている家族は同じ冒険釣り人として避けて頂きたい。探していくなんてのはもってのほかです。
いくらでも道はあるはずです。
最近あとをつけられまくっているのでなんか地名とかブログ書くの微妙です。
Tさんは全然問題ないですよ。いい人でしょ?

どうですか?うまく旅できてますか?

大物釣るのどんだけ難しいかわかりはじめたでしょ?


一個いっこ勉強していって下さいw
投稿者:watta
久しぶりです。
フォーゴ やはり希少種なんですね。なんで紅い魚つてあんなにカツコええんでしょう。
アロワナ、ウルスカ然り。紅いアイスポツドなんて夢のような存在です。いつまでもおつて欲しいですね。

パンタナールの最終地と決めていた街で、TERUさんの友人、Tさんに出会いました。
別の街で釣りのポサーダだと教えられ、行つてみた釣船屋のような店で、
受付の人が私を日本人だと知り、呼んでくれた方でした。
計2日お願いしたガイドの他にも、釣りに連れて行つて頂き、
道具を整備して頂き、基本的な手技を教えて頂いたり等々
(あまりの無知、下手さ加減にちょつと呆れ気味のご様子でしたが(泣))
本当にお世話になりつぱなしの1週間でした。ごはんもごちそうになりました。
本当にデカイ!そんな感じの方でした。

そのTさんからの情報で、私が1番遭いたい魚がアルタフローレスタ周辺に
沢山いるとの事。そして当初の予定ポルトベーリョ前に寄道しようかなと考えていた
矢先のこのポサーダ情報...何かの啓示としか思えませんw。
かなりヤバくなつてきた財布と相談しながらになりますが、行つてみよう
と思います。頼りまくりで申し訳ないですが、情報提供に感謝し、遠慮なく
活用させて頂きます。
投稿者:セッキー
もう・・・言葉にできないですよ・・・。
投稿者:あきら
おおっ!渋い、フォーゴですねぇ
タイマスのやつとはまた違うけど、いい
TERUさんもすごいが、こんな神秘を作り出してきた南米大陸もすごい!
回を重ねるたびに磨きがかかってくるTERUさんの旅から目が離せませんね。

1つお願いで、お土産にボーボレータのタンタン買って来てほしいですwww
よろしくお願いします〜

では ブエノ ビアヘ!
1|2
AutoPage最新お知らせ