人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

うおーっ!!なんだこのピラーニャ!!

さわやかである。今こうしてここにいることが。
新たな気持ちでルアーフィシング再開だ。
もう俺はDr.spockを使いこなしている。すばらしいルアーだ。
あとJoao Pepino(ジョーペピーノ。スリムミノーボディのスポックみたいな感じ)もいい。
ホント、日本のルアーが進化するにはブラジル製ルアーをもっと研究したほうがいいんじゃないかな。
日本には全然入ってきてないおそるべし三大メーカーがあるのだ。
海外だと簡単にルアーの良し悪しが分かる。
そういう理由で僕の持っているルアー8割アメリカンルアーです。
また話がずれてしまった。(ルアーについては独自の視点から話したいことたくさんあるので南米編が終わってから魂のルアーで。なんせオタクですから。)
そしてボートを流しながらオーバーハングを軽快に撃っていった。
大きく出た木の下に撃ち、すばやいドックウォークをしていると、
「ガッシャーンッ!」
ヒット!うおっ!いい引きするぜ!いい突込みだ。手前にきてびっくり。
「うわっ、デカい!ピラーニャ・プレタ(ブラックピラニア)だ!」
今までのピラーニャとは歯のガシャガシャ音が全然違う!フックを噛んでる音が明らかにすごいパワーだ。
怖えー。しかも青い!ボガグリップでしっかりキャッチした。噛まれたら指なくなるもんね。

ビックブラックピラニア? ゲット!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
しかーし、ここで一つ疑問がある。これは本当にブラックピラニアなのか?
後で釣ったブラックピラニア(下の写真)はどうみてもブラックピラニアだ。
でもこの青いヤツは肉眼で見るともっと青く輝き、体型も違うし、目も赤くない。
よって、超ーっレア!!認定!!

ピラニアマニアの皆さん、こんなの見たことありますか?

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sakamaki
はじめまして。
一瞬、コロソーマの仲間かと思いましたがやっぱりどうみてもピラニア・・
投稿者:majin(toyozone)
TERUさんこんばんは
なにげなく撮られている青いブラックピラニアですが、学術的な意味でも貴重な種類ではないでしょうか、今回TERUさんには色んな意味で情報を教えていただき、感謝しています、
投稿者:sato
日本時間でこんばんは!ピラニア援助交遊のsatoです。今日は何度もサイトを見せていただいたのですが、どうしても書き込みたくてこの記事に書いてしまいました。

写真のブラックは本当に青く綺麗ですね。そしてサイズが50cmを超えているのではないでしょうか。
ちょうど最近、南米に何度も釣りに行かれていた方とメールをさせていただく機会があって、とても刺激を受けていたところです。ネグロの支流アラカ川でも、同様に深い青色の体色のブラックを紹介していただいていました。目も赤くないということは、全く別の種類かもしれませんね。
あまりに刺激的すぎて、パソコンの前で思わず叫んでしまいました!さらにたくさんの情報が書き込まれることを期待していますね。

http://piranha.dee.cc/
AutoPage最新お知らせ